金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

才能は有限、努力は無限

出会った言葉: 毎日毎日、蓄積していく。毎日つまらない同じことをずっと繰り返していたところに、ゴルファーとしてではなく、すごく、こう、一人の人間としてですね、ああ、一流っていう人はこういう人なんだなって思ってきました。 ゴルフダイジェスト・…

日経電子版の検索機能

金融/経済翻訳の場合 ①日経電子版の検索機能を使うと訳語の「適切さ」とともに「新しさ」(世の中でのなじみ方)を確認できる。 ②テレ東の「モーニングサテライト」でも同じ事が言える。書き言葉と話し言葉の違いはあるけれども、ある言葉がどの程度一般サ…

飛田 茂雄著『翻訳の技法―英文翻訳を志すあなたに』(研究社出版 1997年)

本書は、中嶋彩佳「カズオ・イシグロの小説における翻訳の名残り」『ユリイカ』2017年12月号特集「カズオ・イシグロの世界」所収(P77)の論文の参考文献に載っていた。 図書館で借りて最初の20ページぐらいを読み、買おうと決意した。これから本格的に読み…

紙の本の価値

昨日駅前で『文藝春秋』を買って寝室に置いておいたら居間のテーブルに移っていた。妻が読んだのだろう。深夜に居間を除くと帰宅した次男が手に取って読んでいた・・・こういう展開は電子書籍では「ない」なと思った。

「コロン(:)」と「セミコロン(;)」(翻訳ストレッチの教材から)

コロン(:)について、いくつかの著者の説明をまとめてみた。 (1)佐々木高政さん(a)叙述が読者に「してまたそれは?」と思わせ、その解明を求めて心の首を前に伸ばさせる類いのものであれば、続く(b)との仕切りにcolon(:)を使う。……したがって次の分のto …

子どもの才能

渡辺明名人の息子さんも、羽生善治九段のお嬢さんも将棋指しになっていない。 お二人とも息子/娘と将棋を一、二番指して「他の仕事を探したら・・・」となったらしい。 よく「若い頃から始めないと才能が開かない分野もあるから」ということを口実に自分の…

手書き写しの効用②

出会った言葉:……白川静(1910~2006)は、古代の甲冑文字や金文をひたすら書き写すことで、文字の成り立ちのみならず、底に隠された古代中国の人々の文化や思想まで解明していったという。写経もそうだが、書き写すという作業は、文字と文章、意味と思想を理…

1920年に書かれた「百年後」

以下は、8年前の今日、FBにお友だち限りで書いた、というより書き写した文章です。 (以下引用) 今朝の翻訳ストレッチ音読用教材から (以下引用) 百年後 二十一世紀は、どんな世の中になるのか。米国の専門家たちの予測によれば、人間はプラスチックの自…

翻訳者の本棚

「え~鈴木さん、今度『翻訳者の本棚』という企画で一度取材を・・・」 「え?本棚4本しかありませんよ。先日リフォームに伴って1000冊ぐらい減らしたんで」 「そこはご心配なく、先日取材させていただいた方も、『断捨離』直後だと固持されたのですが、そこ…

『翻訳力錬成テキストブック』と『例解 和文英訳教本』(have to とmustを人称別にどう捉えるか)

have to とmustを人称別にどう捉えるかという問題。 『翻訳力錬成テキストブック』(柴田耕太郎著、日外アソシエーツ)のp397では、have to を客観的事情、mustを主観的感情と大まかな説明をした後、P400「研究」で「大まかには本文の通りだが、人称により…

中学校入試親子面接

10数年前の某中学校入試親子面接で。先生「それでは最後に〇〇子さんにお伺いします。お母様に対して最も感謝していることは何ですか?」娘(目を輝かせて、元気よく)「はい、夏休みの自由研究です!」試験委員の先生方「……」 母親は教室を出てから娘を怒鳴…

試行錯誤の頃(今もですけど)

8年前の今日(2013年3月24日)にフェイスブックに以下の書き込みをしました。 (以下引用) 今、ふと思いついたんだけど、例えば僕の場合で言えば、英語の勉強(読解力の養成)金融の勉強(金融知識の蓄積や金融理論の理解)、そして日本語の勉強(文章力…

近所の子どもたちを叱った話

先日、実に久しぶりに(多分10年以上ぶりに)見知らぬ子どもたちを叱りました。 近所の公園を散歩していたら、年中か年長、いずれにしても幼稚園生とおぼしき男の子二人が、滑り台の周りを囲っている高さ50センチぐらいの木の柵を引っこ抜こうとしていたんだ…

『英文標準問題精講』を8カ月で終了

『英文標準問題精講』の学習を本日終了した。 勉強開始は昨年5月15日からほぼ10カ月、おそらく1日も欠かさず演習問題を含む全220問に取り組んできた。学習内容は、 ①全文手書きで訳す。辞書は随時使いました。試験ではないので。②同書の[研究][語句][訳文]を…

今シーズン(2021年1~3月)の我が家のテレビドラマ・ランキング

ほぼ毎日午後7時頃夕食1時間、その後私が皿洗い(夕食後の皿洗いは3年ぐらい続いている)、妻が洗濯物片付けをし、それが終わると(午後8時40分頃)私が風呂に入り、午後9時頃から夫婦でテレビ体操をし、続けて録画した番組を1時間視聴するのがここ数年の我…

去年の今日(3月18日)に世の中を見ていて思っていたこと、予測できたこと、できなかったこと

Facebookの「思い出」機能で出てきた昨年の今日に投稿した短い投稿4つ。 ①普段はマンスリーの仕事が中心なので「モーサテ」はランチタイムに録画で見るし、スマホは原則として毎日19時~翌朝7時ぐらいまで見ないのだが、ここ1カ月ほどは朝起きるとまずスマホ…

クラス全員を「小さな企業家」に育てる教育。……正気ですか?(吉川浩満氏 文筆家)

出会った言葉:クラス全員を「小さな企業家」に育てる教育。……正気ですか?(吉川浩満氏 文筆家)(神代健彦著『「生存競争」教育への反抗』(集英社新書)の帯) 我が家の居間で見つけた妻が買った本の帯。 10年ぐらい前に読んだ「『未来のリーダーを育てま…

字を大きく書く

「お父さん、字が上手になる方法知ってる?」今朝私が居間で某原書と訳書を大学ノートにせっせと書き写していると、珍しく早起きした妻が私の手元を覗き込んでこう私に尋ねた。ちなみに我が相方はどこの誰からも何も教わっていないのに「なぜだかわからない…

「同化翻訳」と「異化翻訳」

この2週間で同じ方の翻訳論を紹介した文章を二つ目にしたので引用します。 ①『浮き世の画家』のオノや『日の名残り』のスティーブンス、『わたしを話さないで』のキャシーは皆、「あなた(たち)」という聞き手に語りかけている。しかし、……邦訳では削除され…

バブル世代の悪い癖

以下は実に下らない話ですので時間のない方は無視してください。今朝の会話。「お母さん、このまま朝飯抜くわ」「たいへんねーご苦労様」「ホント大変だったよ~。とりあえずお昼過ぎれば少しは楽になる」「お父さん、ありがとうね」「ホントにサー、疲れた…

千里の道も一歩から(「金融翻訳者とは?」:2013年の記事原稿)

以下は、2013年の年末に某翻訳者向け雑誌に書いた金融翻訳者を紹介する記事。ただしこれは僕が出版社に提出した原稿で、その後編集されたはずです(残念だが手元に雑誌が残っていない)。8年経っているという点を割り引いてお読みいただければ、まだ参考にな…

本を処分する

フェイスブックの「思い出」機能は、毎日1年前、2年前、・・・・6年前、8年前の「今日」書いたものを振り返ることができる。 以下に紹介するのは8年前の今日、2013年3月10日(日)に書いた内容。その2年前の東日本大震災を受けて我が家も耐震対策を着々と実…

「二十年一昔」(9年前に書いた「新人翻訳者の心得」)

以下はほぼ9年前に、日本翻訳者協会(JAT)が年に1回刊行している『翻訳者の目線』の第1回に寄稿したエッセイ(そのまま)である(JAT会員は全員寄稿する資格がある)。あれから10年。無我夢中でした。 「十年一昔」 今日(2012年8月31日)で、独立してから…

フリーランスになるってことはさ・・・②

宴会の時に存じ上げない顔を見かけたら、同業者同士の懇親会でも名刺を渡して挨拶をする。こういう癖をつけておくと、本番(見知らぬ人たちの集まるパーティーでの営業活動)でも抵抗感が減る。 こういう方針にしているので、昨年初めまでは、同業者の飲み会…

フリーランスになるってことはさ・・・

「今度の懇親会には、知り合いがほとんどいないのでどうしましょう。私は人見知りなんです」 2年ほど前、ある業界関係者が主催するパーティへの出席を尻込みするAさんに僕はこう答えたね。 「『やったー!営業のチャーンス!!!名刺をたくさん用意して全部…

書き換え問題の落とし穴

She swims well. ⇔ She is a good swimmer. という類いの「書き換え問題」を中高生時代にはさんざんやらされるのだが、この時に、 「一般的に英語では、動詞的、叙述的表現よりも名詞化表現を好む傾向があるため、『彼女は水泳が上手い』に対応する英語とし…

マスクの効用(?)

コロナ禍に遭って外出するときには常にマスクをするようになって10カ月近く。 「お父さん、マスクをしなきゃいけなくなっていいこともあるよ」「なんですか?」「お化粧しなくてよくなったことよ~。おかげでお肌ツルッツル!」と喜んでいた妻が、昨日の午後…

ユーザー(読み手)目線をつい忘れてしまう日英翻訳の実例

以下は一昨日から昨日にかけて、私とあるお客様との間になされたやりとりを若干修正したものである。とりわけ、成果物を受け取ったお客様がその英文を評価できにくい和文英訳の実務翻訳上、極めて重要なポイントを含んでいると思うので読者の皆様にご紹介し…

『英文「超」精読』はかなり良さそう(買って3日目の感想)

一昨日、映画を観た後にたまたま立ち寄った本屋で見つけて、パラパラめくって5分で購入を決意。この手の本を衝動買いしたのは初めてだと思う。相当良いいぞ~思ってアマゾン見たら、元々かなり評判よい本だったことが判明した。 本書の特徴は「この本の概要…

「誤訳」と「悪訳」

「『誤訳』とは、原文についての(語句・構文・文法・内容などの面における)解釈が間違っていて、それが原因で生まれる訳文。『悪訳』とは、解釈そのものは正しく行われていても、訳文を通して原文の内容の正しい理解に到達することが困難なもの、としてお…