金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

ビジネスに役立つ経済金融英語 第12回 ”Softish” landing

ビジネス英語教育界をリードするQ-Leap様ホームページでの連載も第12回となりました。途中1回休んでいますが、まがりなりにもほぼ1年続きました。この連載のことを意識して情報に当たり、メモを取りながら過ごす毎日です。 書きながら勉強させてもらっていま…

「人は自分自身について語るとき、それはつねに自慢話である」:出会った言葉:3~5年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(230)

(1)3年前の今日変化のスピードや幅がここまで大きくなってしまうと、それに対して“大真面目に”反応し続けるのには無理がある。これからの時代に本当に必要なのは、むしろ変化にあまりとらわれず、これを「受け流す」力ではないかと思う。…… このあやふや…

「最近、空を見上げましたか?」:出会った言葉:3~5年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(229)

(1)3年前の今日「いいアイデアを思いついたら、まずはほめてくれる人、新しいもの好きな人、ノリのいい人に話せ」(佐宗 邦威 著『直観と論理をつなぐ思考法』p232)*25年ほど前に仕えていたかつての上司が部下を徹底的に「褒めて落とす」タイプ。「鈴木…

お手々つないで

昨日の夕方、散歩道を歩いていたら僕らの前を夫婦が並んでいた。後ろからなのではっきりは分からないが、年齢はどうだろう、僕とあまり変わらないんじゃないかな。 しかもこのご夫婦、しっかりと手をつないでいる。 老夫婦が腕を組んで歩くのは珍しくもない…

「大学は、何かを知っている人が知らない人に教える場ではない。」:出会った言葉:2~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(228)

(1)2年前の今日オンラインでは選びにくいので、書店の書棚は頼もしい。(「半歩遅れの読書術 雑食的に本を読み 思わぬ発見も 小長谷有紀(文化人類学者) フィールドワークに似た感動」2020年6月27日付日本経済新聞)*今週月曜日に丸の内で飲み会があっ…

「『負けました』と言って頭を下げられない子は、強くなれません」:出会った言葉:2~5年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(227)

(1)2年前の今日今までの日本の社会は、心の傷を隠すことを美徳にしてきた。……悲しみや苦しみを表現することははしたないこととされた。まして、傷ついた人に対する「心のケア」を考えることなど思いもよらないことであった。だが、阪神大震災や地下鉄サリ…

「スマホは出来ても、紙ほどの素晴らしい発明は出て来ないでしょう」:出会った言葉:3~5年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(226)

(1)3年前の今日携帯電話やスマートフォンは持たない。「生活に余裕がなくなる。ぼーっとしているのが一番ぜいたくな時間の過ごし方だと思うんですよ。情報に振り回されたくない」……「スマホは出来ても、紙ほどの素晴らしい発明は出て来ないでしょう。紙の…

「過酷な状況では普段にも増して技術が身を助ける」:出会った言葉:3~5年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(225)

(1)3年前の今日……と、他人事のように書いたが、僕だってアイデアを人からほめられればうれしいし、けなされれば落ち込む。それは当然のことだ。 それでも僕がプロトタイピングの道を選ぶのは、ギリギリまで頭ばかりを動かし、最終的にイマイチなアウトプ…

「『頭』よりも『手』を動かすことに時間をかけた方が、表現の質は高まりやすい」:出会った言葉:3年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(224)

(1)3年前の今日「時間をかければかけるほど、よいものができる」というのは、ある一面では真理かもしれない。しかし、できることなら、「頭」よりも「手」を動かすことに時間をかけた方が、表現の質は高まりやすいと言うことは、ぜひとも覚えておいてほし…

「フランスで出会った最高の人たちは、ふつうの人でした」:出会った言葉:2年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(223)

2年前の今日ぼくが見習いでまだ何もできずにいる頃、……「シェフになる人には、ぼくとは別ルートがあって、苦もなく何でもやってのける特別な人なんだろうなぁ」と感じていました。だけど、フランスで出会った最高の人たちは、ふつうの人でした。((斎須政雄…

訳者あとがき

「あ、それから」と打ち合わせの席で僕は言った。 「僕は『訳者あとがき』は書きません」「え」 「僕が仮に英文学の専門家で、専門に研究している分野あるいは作家の翻訳をしたのなら、『訳者あとがき』はありだと思います。いやむしろ入れるべきだと思いま…

「乱世ほど地道なやり方しか通用しなくなる」:出会った/もらった言葉:3年前~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(222)

(1)3年前の今日乱世ほど地道なやり方しか通用しなくなる 新井紀子さん(国立情報学研究所教授)(「AI時代の生き残り術――自ら考える努力 継続を/意味捉える力を磨け」本日付日経新聞)*今日の言葉。記事、地道なやり方とはどういうことか。新井さんのア…

「トイレ毎日ピカピカだよ。あなた真似できる?」:出会った/もらった言葉:4年前~5年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(241)

(1)4年前の今日よく、「取材とは何か」と尋ねられます。「材料を取ること」と言う人がいますが、僕は違和感がありますね。 材料を取るために人に会うのではないのです。人に会うことによって、その触れ合いの中で自分にはないものが形成されたり新しい視…

「20円」(翻訳単価の話ではありません、念のため)

昨晩母から電話あり。 「あんたね、〇〇信金は今夏のキャンペーンやってて、定期の金利が15倍とか20倍になってるわよ。あたし昨日気がついて預け替えたのよ」「あ~そうですか」「5年ぐらい前に、あんたにあそこを紹介してキャンペーン預金したわよね」「あ…

「広辞苑による『日本』の定義が『わが国』?!」:出会った言葉:昨年~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(240)

(1)昨年の今日「広辞苑(第四版)で……すぐ次のページに「日本」という単語が出ていて「わが国の国号」と説明してある。わたしは、あれっと思った」(多和田葉子著『言葉と歩く日記』(岩波文庫)pp64-65))*他の辞書を見てみると、「にっぽん ―わが国の呼…

「乗り遅れてしまったら、次のバスが来るまで待てばいいじゃないか」:出会った言葉:2~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(239)

(1)2年前の今日乗り遅れてしまったら、次のバスが来るまで待てばいいじゃないか(斎須政雄著『調理場という戦場 斎須政雄』(朝日出版社)p127)*著者は、若い頃には他人に遅れたら大変だと必死になって努力していたが、「他人とちがうところが自分のよ…

「オンナは『上書き保存』/オトコは『名前を付けて保存』」:出会った言葉:3~8年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(238)

(1)3年前の今日 De-Sign=概念を壊してつくり直すこと…そもそも「デザイン(design)」という言葉は、ラテン語のdesignare<デーングナーレ>を語源としているが、これは「分離すること、はっきりさせること」を意味する接頭語(de-)と「印・記号」(sign…

「からだはこの世での借り物。 いつか返す日まで、 大切にする」:出会った言葉:2~3年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(237)

(1)3年前の今日「お子さんが味噌汁をかき回したり池に石を投げたりして波を立てていても、黙って見守ってください。自然の不思議さに夢中になっている時間を大切にしてあげてください」小松栄一郎さん(マックスプランク宇宙物理学研究所所長)(「My Sto…

「やり直しを嫌ったら、よい仕事はできない」:出会った言葉:2~3年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(236)

(1)2年前の今日やり直しを嫌ったら、よい仕事はできない。(三浦綾子「北国日記」『〆切本』(左右社)p248) sayusha.com (2)3年前の今日「……私たちは賢いから数学を使うのではなく、十分に賢くないから使うのである。とはいえ、十分に賢くないと気づ…

「ファシズムは、誰もが同じ事を同じように語る事態を『さりげなく成立』させる制度」:出会った言葉:3~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(235)

(1)2年前の今日仲間と同じようにコーヒーを飲んで、仲間と同じように「あぁ、苦いなぁ」と感じている。でも、その苦いと感じたことに対して、必ず別なことを考えているのです。コーヒーを媒体にして、別のことを考えている。そういう人がクリエイターなの…

「誰でも急に大人になったのではなく、子どもの時間からつながって今日があります」:出会った言葉:4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(234)

4年前の今日誰でも急に大人になったのではなく、子どもの時間からつながって今日があります。子どもと大人の両方の目線を手に入れたからこそ、大人が絶対に正しいなんてことはないとわかったし、子ども時代の自分が抱えていた大人への不満も肯定したい。(「…

「カネのことをあれこれ思案するのは、いつだってひとつの作品を書き終えたあとのことなのだ」:出会った言葉:昨年~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(233)

(1)昨年の今日「たとえば避難所に100人の人がいて、ある方法で99人がポジティブになったけど、一人はうまくいかないとする。そのとき、その一人を無理矢理99人に引っ張ってくるのではなくて、その一人に寄り添う」(ドラマ「心の傷を癒やすと言うこと」脚…

ビジネスに役立つ経済金融英語 第11回 ーPandemicからEndemicへ |

皆さんもそろそろ宴会もコロナ前の水準に戻りつつあるでしょうか。今回は、意外と誤解されているEndemicについての記事を書きました(実はアメリカ人も誤解しているので要注意、という話です)。 Epidemic、Pandemicの違いとともに整理しておくよい機会かも…

「『単純化しないと理解できない』なんて誰が決めたの?」:出会った言葉:昨年~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(232)

(1)昨年の今日職場でも学校でも政治の話題を持ち出す人間は敬遠されることになっている。そのくせ投票には行けという。バカにすんな。(小田嶋隆著、武田砂鉄撰『災間の唄』(株式会社サイゾー)p169) https://www.amazon.co.jp/dp/4866251301 (2)3年…

「私についてこないで、という人ほど、指導者に向いている」:出会った言葉:3年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(232)

(1)3年前の今日教えることはない、私についてこないで、という人ほど、指導者に向いている気がする。(「逆風順風 私についてこないで」2019年5月30日付日本経済新聞スポーツ面)*今日の言葉は、引退を発表した巨人の上原浩治さんと大阪なおみさんに関す…

落ちたマスク

昨日の午後、妻と近所の公園を散歩していたときのことだ。 前を3歳ぐらいの男の子とそのお父さんが手をつないで歩いていた。お母さんはその前を歩いていたのではないかな。 父親の回りでキャッキャッと走り回っていた男のこのポケットから何かが落ちた。たぶ…

「自由は置物のようにそこにあるのではなく、現実の行使によってだけ守られる」:出会った言葉:3~5年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(231)

(1)3年前の今日自由は置物のようにそこにあるのではなく、現実の行使によってだけ守られる――丸山真男(「春秋」2019年5月29日付日本経済新聞) www.nikkei.com (2)5年前の今日日本の親は「人に迷惑をかけてはいけない」と教える。インドの親は「お前は…

「幸福とは心が平静なことである」:出会った言葉:3~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(230)

(1)昨年の今日スミスにとって幸福とは心が平静なことである。……心の平静を得るためには、最低水準の収入を得て、健康で、負債がなく、良心にやましいところがない生活を送らなければならない。しかし、それ以上の財産の追加は幸福を大きく増進するもので…

「複数形」とは「複数」でなく「総称」(翻訳ストレッチの教材から)

興味深い視点を見つけたのでメモとして。 (以下引用)……a countryの複数は何であろうか。ここでcountriesと答えてはいけない。それ(鈴木注:単なる複数形)では「国というもの」(鈴木注:総称)という意味になってしまう。some countriesと答えてほしい。…

「違和感を持つことを私はネガティブには捉えていない」:出会った言葉:3~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(229)

(1)3年前の今日……違和感を持つことを私はネガティブには捉えていない。違和感があるというのは、眠っている自分の意志があるということだから。作家・村田沙耶香氏(「令和の知をひらく(6)違和感から目覚める自分」2019年5月27日付日本経済新聞) www.n…