金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

飜訳会社への応募条件②―TOEIC900点、そんなに大変か?

一昨日の書き込み(このブログに書いたものとほぼ同じ内容)の後、私は次のやや刺激的な投稿をお友だち限りで書いた。

①「私は英検1級持っていますが、トライアルに全然受からないんです」という話は聞いたことがない(ちなみに僕は英検1級を取って独立した1年目の合格率は5割ぐらいだった)。

②「何回トライアルを受けてもちっとも受からないんです」という人がいたら尋ねたい。「あなた英検1級?TOEICなら900点取ってる?取ってない?ならまず英語の勉強だろ」「トライアル何回受けた?『ちっとも』なんて副詞は少なくとも10回や20回落ちてから言っておくれ」

わざと刺激的に書いたものではあるが、本音です。すると予想通りいくつか質問というか疑問点が出された。私も「翻訳 英語力」で検索していくつかHPを見た。そこで理解した僕の意見に否定的な意見のポイントを整理すると、

(a) TOEIC900点や英検1級に通ってもプロの翻訳者として全く役に立たない。TOEICや英検では翻訳に必要な能力が測れない。

(b)TOEIC900点や英検1級を取得する努力は、仕事が取れる翻訳者を目指すという点からは「無駄な遠回り」である。

ということではないかと思う。以上の(a)(b)に対する私の見解は以下の通り。

(a)はまさにTOEIC900点や英検1級はプロの翻訳者になるための必要条件に過ぎないと言っている。つまり僕が元々書いた(飜訳会社の応募条件)主張そのものである。
僕自身、金融英和翻訳の翻訳をしたいという方の履歴書を読み、トライアルの文章を読んである仕事に適切かどうかを判定する仕事をしたことがある。また最近は超有名大学を卒業して外国暮らしも長いという触れ込みの方のある経済論文の翻訳を拝見した。
全然ダメでした。使えない。
でも僕は、だからといって金融翻訳者に英語力は不要だとは言わない。金融翻訳という仕事を覚え始めるにあたって900点程度は必要だと思う。前回の書き込みの趣旨はそういうことだ。

(b)の主張を読むと、TOEIC900点や英検1級を取ることがとてつもなく大変な労力であることが前提となっている。果たしてそうなのか?僕は英検1級を取ったのが20年近く前(独立直後:2カ月ほど準備勉強しました)なので、ここではTOEIC(3年半前に950点―ただし問題文に書き込みをした=これはルール違反だと言うことを試験後に知った―のでやや割り引く必要あり。下の参照先をご覧ください。その数カ月後にルール通りに受けたら890点でした)に絞って話をしておく。

TOEIC900の英語レベルなんてぜーんぜんたいしたことはない、だからTOEIC900点を取るための勉強なんてさほど大変ではない。

というのが結論だ。

自分の実感に基づくTOEIC900点のレベルは、読解力は
・新聞を普通に読めるレベル(読解力は分野によっては日本語よりかなり落ちる場合がある)。
・TIME誌は辞書を持っていればまあ、読める(内容によっては厳しい)。
・自分の専門分野であれば、業務に関する資料や伝達事項はもちろん、かなり高度な論文も、ほぼすらすら読み理解できる。

読解力以外の一般的な英語力としては
英米の見知らぬ土地に行ってそこに書かれてある看板や雑誌や電車/バスの時刻表をきちんと読めて、よほどのことがない限り普通に生活できる。
・仕事も相手と1対1ならば普通に話しながら進めることができる。電話もこちらが日本人であることを分かっているネイティブ相手なら普通に意思疎通できる。
・自分の専門分野に関してはネイティブ相手に交渉もできる。
・会議も、日本人が参加していることを分かっているネイティブに少し気を遣ってもらえればわかるが、ネイティブ同士のフランクの会話にはシンドイ。
・講演会等も資料があればまず大丈夫。

要するに、「英語圏で普通に生活し、仕事をできるレベル」「普通の英語を普通に読み書き聴き話せる」というレベルだ。なおここで普通に「書ける」「話せる」とは、稚拙でもとにかく通じることを意味する。「普通に聴ける」とは、ネイティブ人同士の会話に入っていくのは厳しいレベルである。これがいかに「低いか」はTOEIC900前後の皆さんはよ~くお分かりではないかな。

そのレベルになるための勉強がそんなに大変なわけないじゃん。

確かに学生時代から英語嫌いで、あるいは英語が得意でない人にとっては非常に高いバーだろう。でもね、「翻訳者になろう!!」って思っているということは英語がすでにそこそこ、というかかなり得意なはずだ。その気になって半年も真剣に勉強すれば(プロになろうと思っているぐらいの人であれば)「だ~れでも」取れるというレベルというのが僕の見立てです。

え、たかがそのレベルに達するための数カ月の努力が「大変」でプロになるための道からすると「遠回り」に感じる?

僕から言わせれば、そう思った方は、その時点で「語学で飯を食っていく資格なし」でござる。

 

飜訳会社への応募条件 - 金融翻訳者の日記

初めてのTOEIC(950点)の結果が紙で来た。 - 金融翻訳者の日記

TOEICの性格(模試を1回受けての感想) - 金融翻訳者の日記

【第7回】チャーリーの金融英語「ブラック・スワン」(2)Unknown unknownsをめぐる余話

日本会議通訳者協会様に寄稿した原稿がアップされました。7回目となります。

前回の第6回「ブラックスワン」の時に、ここまで書くつもりだったのですが長くなり過ぎそうになったので分けることにした次第。

だったら1月に出せよ・・・すぐに書こうと思ったのだがなかなか時間が取れなくて、マイク関根さんにご迷惑をおかけしました(ご温情に感謝)。

もちろん今回の記事だけを独立して読んでもわかる内容になっておりますが、第6回も合わせてお読みいただけるともっとよく全体像を把握いただけるかもしれません。

 

www.japan-interpreters.org

【第6回】チャーリーの金融英語「ブラック・スワン」 – 日本会議通訳者協会

飜訳会社への応募条件

以前から思っていた素朴な疑問がある。

翻訳会社はなぜ、応募書類の一つとして公的な英語の試験(英検や国連英検TOEICTOEFL)の合格証やスコアの提出を求めないのだろう?語学関連の仕事でしょ?必要条件じゃないの?

上の疑問を昨日自分のフェイスブックで「お友だち限り」で書いたところ、最近はそれを求める会社もあるとのコメントが。しかし私がトライアルを受けまくっていた20年ほど前は全然なかったし、反応の感じでも今でもあまり多くないみたい。「結局、トライアルがすべてでは?」とのご指摘もあった。

でも思うのですよ。大学でも大学院でもTOEICTOEFLの公式スコアを要求する時代。それでなくても「トライアルの教え合い」みたいな不正の声もちらほら聞くこの業界、必要条件として第三者の証明した語学力の証明(たとえば受験後2年以内とかの)を求めるのは当然だと僕は思います。もーちろん十分条件ではないっすよ!

たとえば応募の最低要件をTOEIC900点とし、2年以内の公式スコアの添付を義務づけるとか。先月出た『産業翻訳パーフェクトガイド』(イカロス出版)で僕は次のように書いた。

「金融に限らず、どの分野でも産業翻訳者をめざすのであれば、まずはしっかりとした英語力をつけることが大切だと思います。英検1級、TOEICなら900点を目標に勉強しましょう。期間は最長で1年。1年後にこのレベルに達しなかったら「英語で飯を食う」のは諦めた方がよいと思います」(「専門知識の効率的な学び方―金融翻訳編」同書P60)。

で、その基準を満たした人たちだけにトライアルをすれば飜訳会社も余計な労力を拙訳、いや節約できるでしょう。JTFに翻訳検定ってあるんですけど、あれだってそもそもの受験資格にたとえば「英検1級合格者のみ」とするだけで違うでしょう。英語力の上、文字通りの「翻訳力」を測る試験ということでステータスも上がるのでは?え、それをしたら受験生が来ない?それは別次元の問題でしょう。

英語力を軽くみるためかどうか「英語がいくらできたって翻訳力とは別です」という主張を見ることがあります。その通りです。でもね、その前提条件として「英語がある程度できなかったらそもそも翻訳できないじゃん」と僕は思います。

飜訳会社への応募条件②―TOEIC900点、そんなに大変か? - 金融翻訳者の日記

翻訳テクニックを学ぶ前にやるべきことがある―『新版 産業翻訳パーフェクトガイド』 - 金融翻訳者の日記

翻訳ストレッチ内訳(2021年4月末時点)

1.英文解釈(毎日):毎日30~40分 
前回までは『英文標準問題精講』を毎日、その他を1冊ずつ入れ替えていたが、現在は毎日2冊(1冊は20分、1冊を10分が基本)。全て紙に訳文を書いて模範解答を見て添削。5~10回音読

『英文標準問題精講』(原仙作、中原道喜、旺文社):現在1回終了し、2回目の例題11。本書は2回目なので、毎回10分
『英文解釈教室―改訂版』(伊藤和夫 研究社):第7章「It...that…」p129
『英文解釈考』(佐々木高政、金子書房):「II文章の織りなし 2「代名詞」」P56
『思考訓練の場としての英文解釈(1)』(多田正行育文社):第1章「名詞化表現の解析」p73
『翻訳力錬成テキストブック』(柴田耕太郎、日外アソシエーツ)「第四部 学術的な文章を読む」「課題4-11」P422

2. 翻訳関連書籍(次の中から一冊ずつ):毎日5分(ただし、時間のない時は飛ばしているので、平均すると2日に一度ぐらいになっている)
『誤訳の構造』(6周目)『誤訳の常識』(2周目)『誤訳の典型』(3周目)(中原道喜、聖文新社)
『英語原典で読む経済学史』(p146)『英語原典で読む現代経済学』(p39)(根井雅弘、白水社)』*いずれも非常に難解で、5分では数行しか進まない。
『翻訳教室』(柴田元幸新書館)(P216)
『翻訳の技法』(飛田茂雄、研究者出版)(P24):4月から追加
*『英文翻訳術』(安西徹雄、筑摩学芸文庫)(P140)
*『さらば学校英語 実践翻訳の技術』(別宮貞徳、筑摩学芸文庫)(P258)
・・・基本は線を引きながら読むだけ。*の2冊は訳文を書いて添削している。時間で切る。

3. 原文と訳書の手書き写し:毎日10分
『絶望を希望に返る経済学』バナジー&デュフロー著、村井章子訳、日本経済新聞出版
・・・原文と訳文を一文ずつ手書きで写して読む。時間で切る。現在p55。

4. 原文と訳書の音読(次の中から1冊ずつ):ほぼ毎日5分(ただし、時間のない時は飛ばしているので、平均すると2~3日に一度ぐらいになっているのであまり進まない)
21世紀の資本』(トマ・ピケティ著、山形浩生訳、みすず書房)P128
『世紀の空売り』(マイケル・ルイス著、東江一紀訳、文藝春秋)P366
『浮き世の画家』(カズオ・イシグロ著、飛田茂雄訳、ハヤカワ文庫)2周目。P215
『特急二十世紀の夜と、いくつかの小さなブレークスルー』(カズオ・イシグロ著、土屋雅雄訳、早川書房)4周目。P24
サミング・アップ』(サマセット・モーム著、行方昭夫訳、岩波文庫)4月に追加。
・・・原文と訳文を段落ベースで音読。

5. 英文法と英作文:英作文を毎日10分。英文法を2日に一度ぐらい5分に変更(←2日に一度ぐらい。英文法、英作文を1冊ずつ。計10分)
英文法:『表現のための実践ロイヤル英文法』(綿貫陽、マーク・ピーターセン、旺文社)『ヘミングウェイで学ぶ英文法 2』(倉林秀男、今村楯夫著、アスク出版)『英語正誤マニュアル』『TOEIC, L&R 990点突破ガイド』(アスカ)
*『英検1級長文読解問題120』と『英検1級語彙・イディオム問題500』(いずれも旺文社)を3月に追加。
英作文:『表現のための実践ロイヤル英作文法問題演習-解答と解説』『表現のための実践ロイヤル作文のための暗記用例文300』(綿貫陽、マーク・ピーターセン、旺文社)・・・いずれも英文の丸暗記です。
『英文表現力を豊かにする例解 和文英訳教本』)(小倉弘著 プレイス)。考えながら訳して添削、暗記。

6. 日本語文章の音読:毎日。1冊当たり5分×2~3冊。計10~15分(3~4冊、15~20分より1冊分ぐらい短くなっている)
毎日、日本経済新聞の「春秋」と朝日新聞の「天声人語」を音読している。現在20冊ほどが本棚に並んでおり、それを順番に読んでいるが、日本語をきちんと読みたいと思い、『大学入試システム現代文 ベーシック編』(出口 汪著 水王舎)は1回終了。現在2回目。

なお前回「(現在の課題)実は現在、翻訳ストレッチ前に日経新聞朝日新聞を30~50分毎日読んでいる。この一部をTIME等英語メディアに切り替えられないかを検討中」と書きましたが、3月からは日経/朝日30分+Time誌15分が軌道に乗ってきました。

勉強中の皆さんの参考になれば。

翻訳ストレッチ内訳(2021年1月末時点) - 金融翻訳者の日記

JTF 機械翻訳セミナー参加報告を読んで

非常に面白かった。勝田さよさんのまとめはいつも大変うまく、セミナーの雰囲気も何となく味わえます(僕はセミナーは拝見していません)。

2点気になった。

①AIは、僕らの想像力をはるかに超えるスピードで進化してきた。

MTはどうか?

「可能性は無限大だが、個人的には2014年頃と比較して成長スピードが鈍ってきているように感じる」とは中澤さんの実感だろうが、それは一時的な感想かもしれない。この30年、いや10年で実現してきた信じられないほどのAIの発達スピードを考えると、そんなに悠長に構えていられるのだろうか?

1996年初め、当時私の勤めていた某社某部の会議室で外部講師を招いて開かれた勉強会のテーマは「電子メールは時空を超える」。

当時、携帯電話は6名の課に1台。外出する人間が「携帯持っていきまーす」と言って出かけたものである。インターネットの黎明期で、電話回線で当社のホームページの1ページ目、社長がにっこり笑ってこちらを向いている牧歌的なページが映るのに確か2分ぐらいかかっていたような気がする。

今からわずか25年前の事実だ。

機械翻訳について考える時には、せめてこういうタイムスパン(スピード感)を考えた方がよいような気がする。

②MTを人間がPEした翻訳の責任は誰がとるのか?
今は、例えば僕が翻訳し、Aさんが校閲をしたとして、できあがった翻訳の責任は僕になる。では機械が翻訳し、人間がPEをした翻訳に大きな問題があった場合、その責任は誰が負うのか?

僕が飜訳会社なら、機械翻訳したもののPEを依頼するのではなくて、翻訳を依頼し、相応の対価を支払った上で「この機械翻訳ソフトを使っても使わなくても構いません。あなたの責任で翻訳し納品して下さい」と言うな。

直接僕には関係ない(僕はPEには何の関心もないし、やる気も無い)が、頭の体操的にそう思った。

 

JTFセミナー「機械翻訳とは何か? どこから来て、どこへいくのか?」―淘汰と変化は起こるのか | 屋根裏通信

息子の歯痛

昨日の晩に息子(社会人)が突然歯痛に襲われ、悶絶した(昨晩の段階では理由は不明だった)。すぐに妻が頓服を飲ませて30分後に落ち着く。早朝に再び悶絶。今度は僕が頓服を飲ませた。本人は午前中休みを取り、歯医者に行った。

レントゲンを撮って診断が下り(虫歯の悪化らしい)、抗生剤と頓服を飲んで、結局本日は病欠の届けを出し、今寝ている。完治までには時間がかかるらしいが、GWの前でよかった、在宅勤務だったことも幸いしたねとホッとしたところ。

……という様子を見、対応しながら二つのことを実感した。
①自分のことよりもその人のことの方が心配、できることならその痛みを自分が代わってやりたいと思う気持ちが、「その人のことを愛している」というのだろうなということ。
②どんなにオッサンになっても、我が子は「子ども」なのだな、ということです。