金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

わくわくするようなことはたいてい寄り道の途中で起こる:出会った言葉(昨年~9年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(91)

(1)2年前の今日
① 面白いデータがある。RST(注:リーディングスキルテスト)のこれまでの調査結果から、中学生は学年が上がると全体的に正答率が上昇することが知られている。一方、正答率が上昇しても回答数はそれほど増えないのだ。読める生徒は決して速く読んでたくさん回答するとは限らないのである。
② 読解力を向上させる魔法のような処方箋はなく、普段の生活の中で、ゆっくりでも正確に意味を理解しようと心がけることがまず第一歩になると言うことだけは自信を持ってお勧めしたい。①②ともに、菅原真悟さん
(『AIに負けない子どもに育てる』①②ともにp314、新井紀子著、東洋経済新報社
*菅原真悟さんは新井紀子さんの弟子で、5年間マンツーマンで博士論文指導をして、共同論文を執筆しながらもまともに読み書きができるようにならなかったが、RSTの作成に関わってもらったら飛躍的に伸びた。そこで本人の了解を得て実名入りで手記をかいてもらったとのこと。

ここで言われていることは結局、意味を考えながらゆっくりと読む、ということの重要性だ。その手法として音読と手書き写しは有効な手段だろうと僕は確信した。
もう1点気がついたこと。新井先生は5年間に及ぶ菅原さんに対する自分の指導(しかもゼミ生は彼一人だったとのこと)を振り返ったとき、結局それは「(自分の指導方法に対する)自己満足に過ぎません」「25年を超える自分の指導スタイルはなんだったんだろうと反省」していることだ。RSTという成功例を踏まえているにせよ、この姿勢は素晴らしいと思った。

www.amazon.co.jp

(2)3年前の今日
古本の売買は「残す意思」の連鎖である  岡崎武志さん(書評家)
(「天声人語」2018年10月14日付朝日新聞

(3)4年前の今日
わくわくするようなことはたいてい寄り道の途中で起こるものだ。
(『古本の時間内堀弘 (晶文社)p32)

www.amazon.co.jp



プロは金をもらっている人間の事じゃない:出会った言葉(昨年~9年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(90)

(1)昨年の今日
「科学とは国の費用によって、科学者の好奇心を満たすことである」パトリック・ブラケット(英国の経済学者)
(「春秋」2020年10月13日付日本経済新聞
*為政者にはこれくらいの余裕を示してもらいたい。どんなに世論の批判を受けても。

www.nikkei.com

(2)2年前の今日
個人のアイデンティティを一つに特定することが一番悪い。 平野啓一郎さん
(「隣人―日韓 属性で分けず共感探そう」 2019年10月11日付朝日新聞
*僕たちはつい、相手がどういうグループに属しているかを考えしまう。それが相手に対する偏見につながるのだが、相手の属性を全く考えないことは難しい。けれども、たった一つのアイデンティティでその個人の全人格を判定してしまうのはよくない。頭で分かっているのについし抱いてしまう偏見を排除しようとするこの努力は、意識すればできると思う。

(3)3年前の今日
 (教育)勅語は、親孝行、夫婦の和など12の徳目を説く。が、学生は「ここにあるやつって、常識っしょ」「ひとつ足りねんじゃね」。最近の若者は、バイト先の飲食店などで外国人労働者と日常的に接する。閉じた共同体の外から来た他者とどうつきあうのか。それこそが明治の経典が語らぬ現代日本の道徳的問題だというのだ。
(「春秋」2018年10月15日付日本経済新聞

www.nikkei.com

(4)4年前の今日
古本屋という仕事は、つくづくその人の志のうちに立ち上がるものだ。だから、本好きが本屋をやる、そんな牧歌性がここにはまだ残っている。
(『古本の時間内堀弘 (晶文社)p28)

古本の時間 | 内堀弘 |本 | 通販 | Amazon

(5)9年前の今日
プロは金をもらっている人間の事じゃない。
金を払ってでもその仕事をやってもらいたい人間の事を言うんだ。

佐野聡さん。名もなき名言



今年何日休んだっけ?

2日ほど前にふと思うところがあって、

あれ?
俺何カ月休んでないだろう?
と一瞬思ったが、考えるのやめた。

ツイッターフェイスブック(お友だち限り)に書き込んだところ、お友だちのお一人から、

「じっくり考えるべきじゃない?」

とのコメントをいただいたので、夕食に妻と話した。以下はその会話内容である。

「俺、いつから休んでないかね?」
「1月からじゃない?」
「正月休み明けからずっと?」
「そう・・・あ、ちょっと待って・・・3月だと思うわ。『まともじゃないのは君もいっしょ』観に行ったじゃない。あの日は朝から出かけて、映画を見てお食事をして帰ったでしょ。で、おとうさん、あの日は仕事をしていないから」
「そうだったかな」
「朝早かったし、それにお父さんお昼ご飯の時ビール飲んでたじゃない」
「そうだったかー」
「そう。『平日の昼間に飲むビールは最高に美味い』ていうのお父さんの口癖だもんね」
「で、ビール飲んだ日は仕事しないからなー」
「そう。今年に入って2人で映画に行ったのはあの1回だけだから、全く仕事をしなかったのはあの日だけだと思うよ」
「でも、俺一人で何回か映画行ってるよね」
「ああ、あのヤクザ映画2本(『ヤクザと家族』(綾野剛舘ひろし)『すばらしき世界』(役所広司)よね。お父さんホントああいうの好きだよね-(「役者と監督で選んでるの!』)そうかしらねー。でもあの時は、映画に行く前か行った後に仕事してたんじゃない?」
「そうかも-」
「ああ、映画行く前よ。『仕事に一区切りついたから映画行ってくるわー』って出てったんだから」
「そうだったか」
「あとは・・・」
「ああそうだ、『ザ・ファブル2』!」
「・・・お父さん、ホント似たような映画好きよねー。あれも役者?岡田准一?・・・ま、いっかj。・・・それとワクチン接種の時?」
「1回目は何の反応もなくて・・・2回目は翌日稼働しない方がいいって言われてて仕事をしないつもりだったが・・・午後はちょっと熱出て昼寝したけど、午前中は仕事してたかも」
「ということはよ。『まともじゃない・・・』の時の1日と、ドンパチ映画3回。半日として1.5日。2回目のワクチン接種後の半日。それ以外にも『今日は午後休み!』とか宣言してゴロゴロしていた日が2、3日あったわよね。だから・・・お父さんは今年、合計5日ぐらいお休みになった訳です。今年は」
「そうかあー」
「コロナが始まるまでは毎年旅行に行ってたし、緊急事態宣言前は、1~2カ月に1回は映画見に行ってたから、今年は特にお休みが少なくなっちゃったのよね」「そうだな」

「・・・おとうさん、あたし最近ちょっと考え方変わったのよ」
「何でしょ?」
「昔はさ、『働き過ぎだから休みなさい』って何回も言ってたじゃない。でも、あたし悟ったの。やっぱりお父さんのお仕事、遊びでもあるのよ。趣味。だから無理してないの、お父さん。ぜーんぜん」
「そうかなあ」
「そうだと思うよ。誤解して欲しくないのは、別にお父さんに働いて欲しいってわけじゃないってこと、今仕事辞めてもらってもぜーんぜんウチは平気です」
「そうかー」
「だから、自分で好きなようにやってよ」
「はーい」

「でもね、ちょっと気に掛けておいてほしいことが二つあるんだ、あたし」
「何でしょう?」
「まず、お父さんはもう若くないってこと」
「え?俺は今でも気持ちは35歳だぜ」
「それがよくないの。あなた、今でも自分が若いつもりでしょ。でもお父さんは今年61歳になるのよ。もう若くないの。昔は効いた無理も体力的に効かなくなるわ。」「そうか~」
「老け込めって意味じゃないのよ。老いを自然に受け入れた方がいいと思うわ」
「わかったー」
「それともう一つ。これはあたしの思いというか感想なんだけど、あたし、お父さんが昼間にお布団敷いて、本を何冊か置いたままでイビキかいて寝ているじゃない。あれ見るとホッとするのよ」
「え、そうなの?」
「そう、やすらぐの。お父さんがだらしなく休んでくれると私も癒やされるの」
「そうか~」
「だから、これからもどんどん、意識的に休んでほしいな」

(後記)後になってから1月に「わたしをくいとめて」も二人で観に行っていたことを思い出しました。だからこの時もお休みしています。

「高校の国語 文学を軽視?」(新聞記事に覚えた違和感)(2019年10月)

今日(2019年10月14日)の朝日新聞の21面「高校の国語 文学を軽視?」は、朝日新聞の問題の立て方も、回答者のお答えも完全にピントを外していると思った。先日も書いたけど、今回の国語教育の、『走れメロス』を鑑賞する以前に、『走れメロス』をそもそも読めてないんじゃないの?という問題意識に基づいている(と僕は理解している)。

日本語をきちんと読み書き(漢字や語彙力はもちろんだが、ここではむしろ助詞を中心とした機能語を運用)できる能力を養うべきだ、と言っているだけであって、文学鑑賞を誰も否定していない。それは音楽や美術の鑑賞と同じ「芸術」なのだ、という新井紀子さんの指摘は正しい。

しかもその鑑賞だって、小学校から大学入試まで、あるシーンを示して「この時の筆者の気持ちは何?」といった類いの問題ばかりやって「国語の運用能力なんてつかんでしょ」ということ。英米のEnglish(僕らでいう「国語」)にはそんな「忖度」問題はない(小田嶋隆さんの指摘)と僕も思う。

新井紀子さんにメディア時評をお願いしているんだから、そうした視点をなぜ入れて考えないんだろう?と読みながら呆れた。

tbest.hatenablog.com

努力とは息をするように続けられること……息をすること:出会った言葉(2年間~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(89)

(1)2年前の今日
努力とは息をするように続けられること、無理をしないこと、息をすることです。
将棋棋士永瀬拓矢
鷲田清一「折々のことば」2019年10月14日付朝日新聞
*僕はこういう生き方が好きなのでついメモってしまうのですが、この永瀬さん、27歳だそうですわ。ウチの長男よりも若い。この若さでこの境地。そっちに驚いた。

(折々のことば)1610 努力とは息をするように続…:朝日新聞デジタル

(2)3年前の今日
 「何のために仕事をするか深く考えずに、とりあえずやってみる。ダメだと思ったら、いったん別の仕事に変えたりやすんだりすればいい……つぶしはいくらでもきくのに、今の若い人は失敗を避けようとする。水たまりだらけの場所があれば避けずに歩いてぬれてみてほしい」
(「仕事にしばられない生き方」 ヤマザキマリ氏 失敗を恐れずにやってみる 2018年10月13日付日経新聞

(3)4年前の今日
「選挙なんて、次もまた次もある」と思って甘く見ていたら、前回の選挙が実質的に最後の「民主的選挙」で、それ以後は特定の権力集団による独裁的支配で人々が自由を失った、という事例も、紛争史を調べればたくさん見つかります。リアルな脅威です。
(引用終わり)
山崎 雅弘‏ @mas__yamazaki さんのツイートより

(4)4年前の今日
有名な冒頭の一句「始めに言(ことば)があった」は、ギュツラフ訳では、こんなふうに訳されている。「ハジマリニ カシコイモノゴザル」
((福岡伸一動的平衡)聖書の最古の日本語訳 2017年10月12日付朝日新聞

(福岡伸一の動的平衡)聖書の最古の日本語訳:朝日新聞デジタル

「納品先の先を見よ」:出会った言葉(2年間~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(88)

(1)昨年の今日
自己添削というのは、単に模範解答をみて自分の訳文を訂正するだけにとどまらず、訳文を作る上で行った自分の思考過程を再現し追求し、敗因を鋭く摘出し、どうしたら、あるいはどの思考時点で正解へと近づく可能性があったのかということを問い直す作業である。このようにして自分の読解作業そのものを追体験しながら解説を読み進み研究することによってのみ本当の思考力が養成されていくものであって……与えられた模範解答または訳例のアラが見えてくるほどまでにその問題について反芻思考してみること、―これが私の[自己採点の勧め]である。
多田正行著『思考訓練の場としての英文解釈(1)』育文社 p37)
*大学受験生向けの英文解釈参考書の中の文章。元々通信添削の講評だったものを本にした内容。英語は受験生には難しすぎるのだが、翻訳者にはちょうどよいかも。ただし、まず書いて訳すことが大事だと著者も何度も書いており、私もそうしている。それをしないと「訳文を作る上で行った自分の思考過程を再現し追求し、敗因を鋭く摘出し」という思考訓練ができないからだ。

思考訓練の場としての英文解釈(1) | 多田 正行 |本 | 通販 | Amazon

(2)2年前の今日
自分の仕事の目的は、人々に何を届けることなのか。
田中修治さん(オンディーズ代表取締役社長)
(「仕事力」 2019年10月13日付朝日新聞
*「納品先の先を見よ」と言っている、いわば当たり前だが忘れがちのこと。今、上場企業のホームページの英訳をチームで請け負っているのですが、「納品先の先を見る」ことで、納品先にできるアドバイスが多いことを明確に実感しています。

info.asahi.com

(3)3年前の今日
困っている人、声を上げづらい人の悩みをくみ取り、技術と工夫で解消していく。先日、87年の生涯を閉じた高原さん(高原慶一郎、ユニチャーム創業者)の歩みは、起業家の一つのあり方を示す。
(春秋 2018年10月12日付日本経済新聞

(4)4年前の今日
人間、思いがあれば何とかなる。今は米国でもヨーロッパでも仕事していますけど、全部日本語です。
安藤忠雄さん「人生の贈り物」2017年10月12日付朝日新聞

会うということが贅沢な世の中になってみて気づくこと:出会った言葉(2年間~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(87)

(1)昨年の今日
会うということが贅沢な世の中になってみて、改めて「瞬間」の貴さに気づく
(「一期一会 作家 桜木紫乃」2020年10月11日付日本経済新聞

引用文が引っかかって「なるほど」と思いつつ、僕はまだ「直接会うことが贅沢な世の中」になって、かえってオンラインで会う機会の便利さに感動している段階かもしれないなと思った。それは、僕が直接会う必要のない仕事に長く就いていることと、家族という、直接会って話せる相手がすぐ身近にいるからかもしれない。 www.nikkei.com

(2)2年前の今日
人が何事かを学び、学ぶことを問うて、己の身に入ることを学問と言うんだ
伊集院静「ミチクサ先生」(31)2019年10月11日付日経新聞
夏目漱石の伝記小説です。伊集院静は初めて真剣に読む。芥川賞選考委員でもあるし、音読には適しているかも。今日の言葉は実の兄が金之助(漱石の幼名)に語って聞かせた言葉。批判的に学べってことなんだね。小学生にわかるかどうかは別にして。

(3)3年前の今日
 偶然とは、偶々(たまたま)「あった」が「ない」こともありえたということ。この<私>も両親の偶々の結ばれから生まれた。そのかぎりで<私>が今ここにこうしてあることに最終的な根拠はない。が、この偶然は人生を最後まで制約する。そう、偶然は必然へと裏返る。<私>の存在が意味をもつのは、この裏返りに孕まれた可能性を生き抜く時だけだと哲学者(九鬼周造)は言う。
(折々のことば 2018年10月11日付朝日新聞

www.asahi.com