金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

生活

今昔物語(2020年6月)

(僕の頃)「じゃ~ん、け~ん、ぽん!」→(今)「グーリコ、グリコ」 「あいこでしょ」→「グーリーコ」 グーで勝った場合に前に進むときのかけ声と歩数 「グリコ」(3歩)→「グリコのおまけ」(7歩) チョキで買った場合「ちよこれーと」(5歩)で変わらず …

「その人のことを愛している」ということ(2021年4月)

昨日の晩に息子が突然歯痛に襲われ、悶絶した(理由は不明)。すぐに妻が頓服を飲ませて30分後に落ち着く。早朝に再び悶絶。今度は僕が頓服を飲ませた。本人は午前中休みを取り、今歯医者に行っているところ。 ……という様子を見、対応しながら二つのことを実…

悪気のないイジメ(2021年2月)

最もたちの悪いイジメあるいはイジワルは、「悪意、あるいは悪気のないイジメ」。 「悪意のある方がずっとマシ。だって本人に『イジメテいる』という自覚があるから。でもね、言ったりしたりした本人に悪意がないと、ずっとずっと続くの。それをした人に『あ…

在宅勤務「あるある」

(部屋をドンドンとノックしながら) 「お~い、トイレの蓋はちゃんと閉めろといったじゃないかー(返事がないので、ドアを開けて大声で)。コらぁ、聞こえてんのか、トイレだよ、トイレ!!!」 と言ったら、ヘッドフォンをつけたままの息子がこっちを向いて…

ネチケット(?)は守ろう(2021年1月)

①いきなりメッセージもなしにお友だち申請くる。 ②「金融翻訳者の鈴木立哉と申します。〇〇様は私あてにお友だち申請をされましたでしょうか?(時たまついうっかりボタンを押して、という方がいらっしゃいます)。もしそうであれば自己紹介をお願いしてもよ…

日本語メディアへの不信感(2020年3月)とDeepL(今日)

出会った言葉:Long story short: the best thing you can do to keep yourself from catching the virus is to wash your hands regularly and aovid touching your face. (要するに、新型コロナウイルスに感染しない最善の方法は、頻繁に手洗いをし、顔に…

プロの本音(2020年2月)

以下は、某零細企業の経理担当取締役が、私にだけこっそり教えてくれた「プロの本音」である。くれぐれも他言無用に願いたい。 「あたしもアベさん個人的に大嫌いだけど、経理担当としたら何となく頼りになるなあ」 「どうしてよ」 「お目こぼししてくれそう…

「昨日の夕飯どこで食べたの?」(2019年8月)

「昨日の夕飯どこで食べたの?」 昨日は私以外の家族が全員ツレの実家に行き、私は一人で仕事をしていた。 「あ~『末っ子』」 この店は地元では有名な、餃子とラーメンの美味い店である。本当は、どこか居酒屋か焼き肉屋でも行ってのんびり呑もうかなあと思…

皿洗いをしている時(2019年1月)

「お父さんがこれまで私にしてくれたことの中で、最もうれしいことってなんだかわかる?」 昨日の夕食後に唐突に言われた。 「今してくれていること・・・夕食後の皿洗いよ」 きっかけは何だったろう。半年ほど前に妻が体調を崩したことではなかったか。喜ん…

致命的なミス(2018年5月)

*以下は、ある「事件」が起きる前、直後、2時間後の出来事である。あまりにもくだらないので、お忙しい方はスルーを願いたい。 その1.本日は「嫁のいぬ間の」なんとやら、西葛西駅前にある「からし屋」で「背脂たっぶりラーメン」を食べ、ついでに30分以…

自慢せいや!(2018年2月)

(以下は、忙しさから逃れたい一心で書いたくだらない書き込みです。お忙しい方はスルーを・・・) 「できた~!!」 夕食後に何やらスマホをいじっていた息子(大学2年生)が叫んだ。大手予備校K塾(息子が浪人時代に1年すごした予備校)の「模擬試験採点バ…

「あら、ばれちゃった?」(2018年1月)

以下は実にくだらないお話しなので、忙しい方は読んではいけない。このオレ様が必死に仕事をしていると部屋の後ろのドアが開いた。 「お父さん、大変なことに気がついちゃったの・・・」 いかにも不機嫌そうな声で振り返らずに答える私である。 「な、なんだ…

時差ボケ(?)(2017年12月)

今朝気分がいいから髭剃りを当てながら「時をかける少女」の主題歌を鼻歌で歌ってたら、「ウルサい!今何時だと思ってんの!!まだ4時半よ!!!」と怒鳴られ我に返った自分(恥) (後記)今は起きるのが1時間ぐらい遅くなりました。(2021年12月27日)

「どうせバレな(い)」ければいいのか(2017年6月)

「最近 盛んに報道されているので、加計孝太郎氏と安倍首相の関係は承知している」(萩生田官房副長官) 昔の政治家にも国民をバカにした奴はいたはず。そしてそういう奴は淘汰されていた(と信じたい)。 ただ、昔はそれ(国民をバカにしているの)が国民か…

歯医者で聞いた話(2016年9月)

先週の金曜日に行き着けの歯医者さんから聞いた話。 「鈴木さん、歯を磨くとき、何回も何回もゆすいじゃ駄目ですよ」「は?」「せっかく残っている歯磨き粉のフッ素が落ちちゃうでしょ」「え、じゃ、先生、歯磨きの時はちょろちょろっとゆすいで終わり?」「…

家電にはテプラ(2016年9月)

「お父さん、居間のエアコンが壊れた」「なぬ!」 夕方に突然止まったのだという。「クリーン」が着いているが切れない。あれこれボタンを動かして総ての点滅が消えたところでコンセントを抜いた。 「今年は多いよね~」「確かに」 今年に入ってからエアコン…

「大学に入って気がついたこと」(スポーツ強豪校に子どもが入るということ⑨)(2016年6月)

昨日、息子(大学1年)は母校のインターハイ予選(団体戦)決勝の応援に行っていた。金曜日にベスト4に残っていた段階で、「明日は一人でも応援に行く」と言っていた。私が帰宅してもう寝ようかなと思った頃に帰宅。「T高校、12年ぶりにインターハイ出場決定…

振り込め詐欺にまつわるお話(2016年1月)

その1:「おばあちゃん、おばあちゃん、助けて・・・・◯◯でお金が100万円どうしても必要になったんだ。・・・このことはお父さんとお母さんには絶対内緒だよ」 という振り込め詐欺が流行るのではないか。 昨日の母を囲んだ親族の新年会で出たお話です。 相…

日記を公開している理由と意味(2015年12月31日)

私のこの日記は自分のために書いています。朝起き抜けに昨日(からこのパソコンを開くまでの直前)に起きた事の中から何かを「切り取って書く」練習。一人でノートにつけるよりは誰かご覧になっている人がいると思うと励みになる、というか他人の目を意識し…

翻訳者は顔がたるむのか?

先日さる方の大変に美しいプロフィール写真を拝見しながら、先日焼肉店で後輩のYと3年ぶりに会ったときに、「鈴木さん、年取りましたね~」と言われたことを思いだした。 「いきなり会って、なんだよその言いぐさは・・・」と幾分ムッとして(思い出したら…

視線の優しさ(2015年10月)

昨日も1日中仕事で一歩も家を出ず。天気も覚えていない。僕の場合周期的にこういう事態に陥るので意識して外に出ないとまずいかも。せめてジョギングぐらいはしないと。 「お父さん、騙されたと思って見てみな」と言われて「マツコの知らない世界 食欲の止ま…

バランスボール

(以下は私から「師匠」へのメールからの引用) 師匠、おはようございます。 お陰様でキーボードは快調、アームレストも手になじんできて相当気持ち良く仕事が 出来ています。 さて。椅子を買いたいんですが、何かお薦めはございますでしょうか? お時間のあ…

自分を変えていく

先週の木曜日。夫婦で散歩中に妻から新たな提案があり。 「色々考えたけど、お父さんの性格考えたら、明日のプチ休み、お父さんは『仕事』と思った方がよいような気がする・・・『休み』だと思うと『仕事しなきゃ』と思うわけでしょ。アタシと出かけて食事し…

枯れてきた(?)身体

毎度ばかばかしいお話なので、お時間のない方は無視してね・・・ 「ねえねえ、昨日おばあちゃん(私の母)家からもらってきた野菜の掻き揚げ、暖めようか?」(解説:昨日は亡き父の月命日だった) 「やめときなさい。昨日外食で今日も朝から油っぽいものな…

ツイッター/フェイスブックの誕生日登録

今朝ツイッターを立ち上げたら「誕生日を追加しましょう:たくさんの人にお祝いしてもらえるかもしれません」とあった。 NHKのニュースでは、自分の娘に公道で自動車の運転をさせてそれをYoububeに投稿した親馬鹿(←これは本当の馬鹿)の話(中国です)が紹…

生協の運び人Bさん(2015年8月)

今日は生協の配達日。妻が出かけているので私が応対する。ウチは4階でエレベーターがない。つまり生協のお兄さん(Bさん)は毎週注文した品の詰まった発砲スチロールの箱を5~6箱4階まで持ってきてくれるんです。普段は玄関先に置いてピンポーン。「ご苦労…

「不意の訪問者」(スポーツ強豪校に子どもが入るということ③)(2015年3月)

昨日も1日仕事のあとジョギング、ひと風呂浴びてまた仕事、夕食を採ってさてテレビでも・・・と思ったら(午後8時ぐらいかな)「ピンポーン」次男が帰ってきた。9カ月ぶりに(要するに引退以来初めて)卓球部の3年生と地元のスポーツセンターで卓球をして帰宅…

「PTAも応援団もなかった」(スポーツ強豪校に子どもが入るということ②)(2015年3月)

息子の卒業した高校、明らかに良かったなあと思ったことがあった。それは在学中に保護者間の人間関係に悩まされることが一切なかったという点である。 (1)まず学校のシステム。そもそも学校にPTAがない。保護者会もない。親が集団で教室に入ったのは、入…

スポーツ強豪校に子どもが入るということ①

あまりこういう話は知られていないと思うので、興味本位的なお話を一つ(すべて事実です)。お時間のある方はどうぞ。 某県の卓球名門校私立A学園では、入学前に卓球部入部予定者および保護者向けの説明会がある。「本学の卓球部は、1に卓球2に勉強、3,4…

今朝の恐怖体験(2015年2月)

(以下あまりにも下らないのでお忙しい皆様はスルーしてくださいまし) 先月から我が家は毎朝ゴミを捨てるようになった。朝妻が家中のゴミ箱からメインのゴミ袋にゴミを移して玄関に置き、私が仕事前にマンションのゴミ収集所に持っていくのである。 ここ数…