金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

コロナ下の生活作法

「「役に立つ」ことが事前に容易に分かっていることにはたいした価値はない。」:出会った言葉(昨年~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(153)

(1)昨年の今日読書に限らず、大切なものほど事後性が高い。逆に言えば、「役に立つ」ことが事前に容易に分かっていることにはたいした価値はない。すぐに役立つものほどすぐに役立たなくなる。事後性の克服は人生の一大テーマといってよい。では、どうす…

ちょっとした親切(?)

つい15分ぐらい前の話。 日ごろの運動不足を解消すべく早歩きをしていると、マルエツの駐輪場でインド人の男の子(5,6歳かなあ)が婦人用自転車のお尻の部分をつかんでなにやらもぞもぞ動いている。 最初は遊んでいるのかな、と思って通り過ぎようとした…

調剤薬局で

先日、歯医者に行った後薬局に立ち寄った時の実話。 薬局の女主人「鈴木さーん」「はい」女主人「はい、ではこれが化膿止めと痛み止めのお薬です。570円ね」私お金を渡す。私の顔を見てニッコリ笑い「お久しぶりですね」「あ、はい、どうも」と私。「お元気…

NHK「五輪の厨(ちゅう)房密着800日」に感動する(2)

昨日、一昨日の晩と「「五輪の厨(ちゅう)房密着800日 選手村食堂の秘められたドラマ」を見ながらつくづく思ったのだが、選手村の食堂を準備していたスタッフから見ると、何を言われても「安全・安心の大会を実施する」と愚直に断言し続けた菅義偉首相がとて…

NHK「五輪の厨(ちゅう)房密着800日」に感動する。

2017年から取材班が追い続けた、オリンピック選手村の食堂運営を任された会社の記録。 僕は東京オリンピック/パラリンピックの開催には今でも反対だけど、それはこの人たちに対しては言えない。 彼らの必死の努力を前にすると称賛しかない。食材・人材の調…

今年何日休んだっけ?

2日ほど前にふと思うところがあって、 あれ?俺何カ月休んでないだろう?と一瞬思ったが、考えるのやめた。 とツイッターとフェイスブック(お友だち限り)に書き込んだところ、お友だちのお一人から、 「じっくり考えるべきじゃない?」 とのコメントをいた…

「産業翻訳イントロダクション」(上智大学文学部英文学科 2021年春の講義)を公開します。

本日より、上智大学で私の行った授業(Youtube)を次の要領で公開いたします。 科目名 上智大学文学部 英文学科Translation Theory 1 (輪講)(2~4年生が対象のオンデマンド授業) 開講学期 2021年度春学期 6月10日(木)講義分の授業動画(96分) 担当教…

記事のトーンが最近暗い朝日新聞(一読者の要望)

朝日新聞は弱者に視点を当てている。このスタンスは重要で僕は支持している。同時に安倍政権、管政権をはじめとする権力に対する同紙の批判的な姿勢も、正しいジャーナリズムのあり方だと考えている。だから購読している。ただし、最近は弱者にとって生きる…

「文明と孤独」

(以下引用)当節、テレビ・タレントに異常な人気が集まり、そのゴシップが細大もらさず売り物にされるのは、なぜか。おそらく人々はその孤独に耐えかねて、だれでもいい、だれかと知り合いたいと望んでいる。タレントとの疑似交友でさびしさを紛らわしてい…

東京パラリンピックのデイリーハイライトを毎日見て。

東京パラリンピックのデイリー・ハイライトを毎日見ています。自分の偏見もあったのかな、日々様々な発見がある。たとえばパラリンピックに知的障害の部(自閉症など)があるなんて知らなかった。「ボッチャ」の試合も初めて見たし、「ゴールボール」の存在…

数年ぶりに全部手書きの絵はがきを送る。

2年年下の元同僚から残暑見舞いの葉書とともに、「定年退職2年前に自主退職しました」との手書きのメッセージ。「時間ができました」とも。 某社の常勤監査役に就任したとのことで葉書にはメール・アドレスが書いてあったのですぐに返事のメールを打った。 …

我が家のワクチン接種率

今回のワクチン接種、自分の母親と妻の両親、妻の叔母のネット予約(この時は必死でしたぞ)と接種(2回)が無事完了し「よかったね~」と言ってボーッとしているうちに(とりわけ江戸川区は)7月から一気に供給不足になって自分たちの予約が非常に難しくな…

リフレーションとは何か

ビジネスマン向け英語教育で定評のあるQ-Leap様での「ビジネスに役立つ金融経済英語」の第3回が月曜日にリリースされました。今回のテーマは「リフレーション」です。 すでに皆様よ~くご存知の言葉だとは思いますが、一部には誤解や混乱もあるようです(「…

Sさんとの対話 ー 「上野さんのご意見に概ね賛成だが・・・」をめぐって

昨日、添付のような記事をこのブログに掲載し、フェイスブックでシェアしたところ、お友だちのSさんからコメントが寄せられた。Sさんはもと英語雑誌の編集者で、お付き合いして15年以上にはなると思う。何度もお会いしたこともあるし、お酒を飲んだことも何…

セルフ宅配

毎週土曜日は「夫婦で外食の日」と決めていろいろ出歩いていたのだが、コロナで昨年から電車に乗らなくなって地元のレストラン巡りに、そして非常事態宣言でテイクアウトに変わって数カ月になる。 最初の頃はイタリアンやらメキシカン、焼き鳥、焼き肉、中華…

上野さんのご意見に概ね賛成だが・・・

上野さんのご意見に概ね賛成。ただし、 (以下引用)「アスリートに罪はない」「選手がかわいそう」という言葉が五輪の免罪符のように使われましたが、最近の感染状況を見るとこれにも賛同できません。国民全員が我慢を強いられています。「みんなでこの難局…

東京オリンピックの開催に反対します。ただし参加した選手たちには喝采を送りたい

僕は、平野さんのご意見(下のリンク先を参照してください)に概ね賛成です。東京オリンピックの開催に今でも反対しています。 ただし、五輪に参加している選手にまで一市民として、我々一般人と同じだけの良識を求め、自ら五輪を辞退するよう要請する(彼は…

2つの「責任」(くたばれクソ忖度②)

責任に2種類ある。①自分のなすべき職務を逃げずに最後までやり遂げること。②起きてしまった失敗の原因を究明して周囲にきちんと説明し、報いを受けること。前者がresponsibility、後者がacccountabilityに近いのではないか。西村さん(および他の閣僚)に必…

くたばれクソ忖度

普通に考えて「おかしい」理不尽なことがまかり通っているのは、この社会を(悪い意味での)「忖度」(上:この場合はおそらく教育委員会、その上の文部科学省の意向に逆らえないか、保身のために自ら進んで従おうとする貧乏根性)が支配している証拠だと思…

「老い」を受け入れる

今朝のこと。 「お父さん、もう冷房入れなさいよ」「え~、まだ大丈夫だよ」「いいから、入れなさい。熱中症になったら大変じゃない」「別に無理してないぜ」といったら一拍置いてこう言われた。「お父さん、『老い』に抵抗していちゃだめ。無理をしてはだめ…

在宅勤務手当

息子の会社で、ようやく在宅勤務手当が出ることになった。10月から月額2万円だそうです。高いんだか安いんだか・・・。何しろ入社以来ほとんど会社に出たことがないため定期代は元々支給されておらず、交通費は実費精算ということになっている。だがいちいち…

「ビジネスに役立つ経済金融英語」第2回

ビジネスマン向け英語教育で定評のあるQ-Leap様のホームページ「ビジネスに役立つ経済金融英語」の2回目の連載が掲載された(毎月1度)。こちらの経営者、ビジネスマンの皆さん向けに、「ちょっと聞いたことのある経済用語」についてのやや軽め、というか「…

どちらも「悪夢」なれど・・・

東日本大震災時の民主党政権と、今の(安倍ー菅)自民党政権の比較はこんな感じ。 共通点:①集団としては無能で政府として機能できていない。②官僚を使いこなし切れていない。 相違点:③民主党は、起きた事柄にみっともない対応をしながらも、少なくとも誠実…

息子の歯痛

昨日の晩に息子(社会人)が突然歯痛に襲われ、悶絶した(昨晩の段階では理由は不明だった)。すぐに妻が頓服を飲ませて30分後に落ち着く。早朝に再び悶絶。今度は僕が頓服を飲ませた。本人は午前中休みを取り、歯医者に行った。 レントゲンを撮って診断が下…

公園の散歩中

今朝の散歩中に、公園掃除のおじいさんたちに挨拶をして歩いていたら、お一人から「おはようございます。いつもありがとうございます」と返された。お礼を言っているのはこっちでそんなことを期待していたわけではないが何となく嬉しかった。 初めて挨拶を返…

近所の子どもたちを叱った話

先日、実に久しぶりに(多分10年以上ぶりに)見知らぬ子どもたちを叱りました。 近所の公園を散歩していたら、年中か年長、いずれにしても幼稚園生とおぼしき男の子二人が、滑り台の周りを囲っている高さ50センチぐらいの木の柵を引っこ抜こうとしていたんだ…

去年の今日(3月18日)に世の中を見ていて思っていたこと、予測できたこと、できなかったこと

Facebookの「思い出」機能で出てきた昨年の今日に投稿した短い投稿4つ。 ①普段はマンスリーの仕事が中心なので「モーサテ」はランチタイムに録画で見るし、スマホは原則として毎日19時~翌朝7時ぐらいまで見ないのだが、ここ1カ月ほどは朝起きるとまずスマホ…

マスクの効用(?)

コロナ禍に遭って外出するときには常にマスクをするようになって10カ月近く。 「お父さん、マスクをしなきゃいけなくなっていいこともあるよ」「なんですか?」「お化粧しなくてよくなったことよ~。おかげでお肌ツルッツル!」と喜んでいた妻が、昨日の午後…

病院の待合室で

昨日の朝、ある総合病院の待合室でのこと。本を読んでいたら、「今日は13日だったかな」という声が聞こえた。しばらく返事がない。誰か付き添いの人でもいないかと周りを見たがよくわからない。するとまた「おい、今日は13日だったかな」。通路を隔てて右隣…

最初の(でも最後ではない)親子共演

全く売れないお笑い芸人が司会を務める、極めてマイナーなFM放送の番組に「お父さんは翻訳者」として招かれたの図。相方の渡辺しおくり君からのインタビューに私が答えたやり取りが中心です。 翻訳者とはどういう職業か?実務(産業)翻訳者とは?フリーラン…