金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

その他

「他人が一生懸命になっていることを斜めに見てはいけない」:出会った言葉(2年前と3年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(70)

(1)2年前の今日笑い飛ばすには「どん底の経験を思いだせばいい」(松倉久幸さん:浅草演芸ホール・東洋館会長)。そして過去の情けない自分を、からかい、突き放すのだと。(「折々のことば」昨日付朝日新聞)*半月ほど前に、なんで「こんなミスをしたん…

「スポットライトは、舞台の厳しさをわきまえた者だけに当たる」:出会った言葉(2年前~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(69)

(1)2年前の今日「当社は、全員が敬語で会話しています。ええ、社長も新入社員の皆さんに敬語で話します」 若本功祐さん(株式会社フリープラス)(9月14日、Teal Journey Campus(の、多分打ち上げの席)で)*社員同士を「さん」付けで呼ぶ会社があるこ…

「大切なことは、強い断定口調では伝わりにくい」出会った言葉(1年前~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(68)

(1)昨年の今日 私たちが、理論上、競争では誰もが平等にすべきだとどれほど固く信じていたとしても、私たちは自分の子どもたちが隣人の子どもたちと平等にスタートすべきだとは決して願っていない。―つまり、私たちの大きな富や有力なコネクションがあれ…

ある英語メディアの定期購読解約にあれこれ手間暇がかかったお話

昨日、8年間購読していたFinancial Times(FT)を止めてWall Street Journal(WSJ)に乗り換えることにした。内容に不満があったわけではない。仕事用の資料としても十分に機能している。だた今ひとつ十分に読み切れていないなあ、年間3万円を超える費用対効果は…

人は「違和感」には気づきやすいが:出会った言葉(1年前~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(67)

(1)昨年の今日現在(で)は矛盾した要求と考えられるものを克服することが、技術の本当の目標でなければなるまい。1975年3月18日(『最後の深代淳郎の天声人語』「技術の目標とは」p77)*引用文は今から45年前。新幹線のもたらす騒音問題を敷衍した深代…

今この瞬間は『今』しかない:出会った言葉(1年前~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(66)

(1)昨年の今日(是枝)僕が入った頃はみんなが佐藤さん(佐藤利明カメラマン)のことを「師匠」と呼んでいました。現場でディレクターが「佐藤さん、きれいだからこの景色撮ってください」と言うと、「きれいだったら見とけばいいじゃないか」と撮ってく…

記事のトーンが最近暗い朝日新聞(一読者の要望)

朝日新聞は弱者に視点を当てている。このスタンスは重要で僕は支持している。同時に安倍政権、管政権をはじめとする権力に対する同紙の批判的な姿勢も、正しいジャーナリズムのあり方だと考えている。だから購読している。ただし、最近は弱者にとって生きる…

自分が居心地の悪いところにも可能性がある:出会った言葉から

「クセでデザインするな」。松岡さんのことばで印象的なのがこれですね。たとえばケイを入れると落ち着くとか、色もひとつ決めてしまえば落ち着いて完成度があるように見えるけれども、自分が居心地の悪いところにも可能性があるということだと思うんです。…

アメリカで見つけた「アンチョコ」:出会った言葉(1年前~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(65)

(1)昨年の今日(苅谷)「アーギュメント」には自己主張するという要素も含まれているけれども、ただ自分の意見を言うというのではなく、知識を分析的に自分で獲得した上で、「だから私はこう考える」と論じることができないといけません。アーギュメント…

「人と違うことって、何かの種だよ」(「ひこばえ」重松清作 本日付朝日新聞):出会った言葉(1年前~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(63)

(1)昨年の今日(サッカーの通訳では)日本の指導者の指示を外国人選手に伝えるとする。「横ズレしろ」。この「相手の動きに応じて立ち位置やマークをスライドする」という趣旨を瞬時に外国語に言い換えるのは、ある共通理解がなければ言葉が達者な人でさ…

「よく腐らずに頑張った」:出会った言葉(1年前~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(62)

(1)2年前の今日機能語を読みこなせないと、教科書を読んでもぼんやりとしか意味がわかりません。そうすると、暗記やドリルに頼るようになります。意味を理解しない暗記でも、小テストや中間テストなどはうまく切り抜けることができることがあります。……た…

「多数派が少数派の批判にたえられるかどうかがためされる過程にこそ、意味がある」:出会った言葉(1年前~7年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(61)

(1)2年前の今日さて、字が読め、十分な語彙量があれば、不自由なく文章を読むことができるでしょうか。いいえ。……もちろん、これまでの国語教育で重視されていた文脈や行間や、その文章が書かれた背景を知ることも、文章をより深く理解する上では必要で…

「経験は、短縮したり圧縮したりできない」:出会った言葉(1年前~7年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(60)

(1)1年前の今日心配事とか不安とかっていうのは身体の外に付くはずだと、だんだん強固に思えてきて、今に至ります。(ヨシタケシンスケ著『思わず考えちゃう』新潮社、p31) https://www.amazon.co.jp/dp/4103524510/ (2)2年前の今日短縮したり圧縮…

「人間は利口ではあるが、十分に聡明ではない」:出会った言葉(2年前~7年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(59)

(1)2年前の今日おそらく人間は利口ではあるが、十分に聡明ではないのだろう。 一つ一つやることはたいへん合理的であり、知恵を絞って技術を進歩させるが、結果として、また全体として、まことに不合理な社会を作り上げてしまった。そんなつもりではなか…

一番危ういのは「自分はこんなにやったのに」という感覚:出会った言葉(2年前~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(58)

(1)2年前の今日ところが教授は、デザインは生活環境の中に入っていくものだと言う。例えばテーブルなら机を人間はどう使うのか、その徹底的な観察から学問が始まります。……マーケティングが数万人のデータで判断するのとは異なり、デザインはただ一人を追…

「文明と孤独」

(以下引用)当節、テレビ・タレントに異常な人気が集まり、そのゴシップが細大もらさず売り物にされるのは、なぜか。おそらく人々はその孤独に耐えかねて、だれでもいい、だれかと知り合いたいと望んでいる。タレントとの疑似交友でさびしさを紛らわしてい…

「こんなところにシミがあったらやだろうな」が技術の向上につながる:出会った言葉(昨年88年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(57)

(1)昨年の今日「どんな映画が良い映画ですか?」とよく聞かれる。……「劇場を出たときに始まる物語を持つ映画」或いは「答えではなく問いをくれる映画」と答えた。(「生きて映画を見られることが“幸せ”と教えてくれた作品」ヤン・シオン(釜山国際映画祭 …

損得勘定

出会った言葉: 自分のなかのよきものを育てたいと思えば、ソントクのある関係からは離れていたほうがよいのです。 上野千鶴子(鷲田清一 「折々のことば」本日付朝日新聞) この言葉の後に、鷲田さんの解説で「人を損得で値踏みしていると、視線はブーメラ…

「 人間の本性は「処罰されない」ことが保証されている環境でどうふるまうかによって可視化される」:出会った言葉(2年~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(56)

人間の本性は「処罰されない」ことが保証されている環境でどうふるまうかによって可視化されるということである。(2019年9月5日付『週刊ポスト』問題について] 内田樹氏のブログから)*今の世の中の動きへのこの方の見方にズシンと共感する。もう一人、僕…

フリーランスを続けてきたことの「負担」

妻は次男の給料日(いわゆる「ゴトー日ではありません」)をしっかり覚えていて「給料日まであと3日だね」「明日給料日だね」とか言ってはうるさがられている。 元々きちんとした人で、結婚後35年間の家計簿は全部保存してあり、1986年5月(結婚の翌月)か…

「値札の向こうに一人一人の頑張りがある」:出会った言葉(2年~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(55)

(1)2年前の今日かつてあったものがなくなってしまったときに、寂しさが生まれる。だから、人は寂しさを「埋める」ことを考える(重松清作「ひこばえ」2019年9月4日付朝日新聞小説から) ひこばえ (上) | 重松 清 |本 | 通販 | Amazon (2)3年前の今日正…

主役は30代

今、ある本を訳していてそろそろゴールが見えてきたので、編集の方と売ることを視野に入れた相談に入りかかっている(もちろん基本は出版社に任せている)。 ただし、テーマが僕が以前にいた業界に関連する話なので、鈴木の人脈も使えないかと言うことで元同…

「非常口こそ普段から使え」:出会った言葉(2年前と3年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(54)

(1)2年前の今日難があってこそ育つ 樹木希林(今朝、居間のテーブルに貼ってあった妻のメモ。出典分からず) (2)3年前の今日「非常口こそ普段から使え」というのが持論だ。(安斎隆「私の履歴書」2018年8月18日付日本経済新聞) www.nikkei.com

「愚かな質問などありません。あるのは……」出会った言葉(2~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(53)

(1)昨年の今日「心のケアをしたいという人はたくさんいるけれども、心のケアを受けたいという人はいない」(小西聖子さん。日本の心理学者、武蔵野大学教授)……むしろ、精神とかメンタルとかを表に出さない。その人の生活に沿って、その人が困っているこ…

東京パラリンピックのデイリーハイライトを毎日見て。

東京パラリンピックのデイリー・ハイライトを毎日見ています。自分の偏見もあったのかな、日々様々な発見がある。たとえばパラリンピックに知的障害の部(自閉症など)があるなんて知らなかった。「ボッチャ」の試合も初めて見たし、「ゴールボール」の存在…

「いいこと日記」:出会った言葉(2~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(52)

(1)2年前の今日誰も行き着けない高見があると知る者だけが心から謙虚になれる(「折々のことば」 2019年8月24日付朝日新聞)*「そんなことはないだろう」と少し思った。謙虚になるためには資格がいるのか?と。でもそれは違う(我ながら浅はか)。人知…

引退後?

昨日の「新報道2001」の特集は「引退後の人材活用」の話だった。60歳以上の高齢者を活用している企業にとっての利点/問題点、高齢者にとっての利点/問題点。高齢者が再雇用先で引き起こす問題点の原因は、その多くが高齢者の「プライド」なんです、という…

宝物みたいだったんだ:出会った言葉(2年前と3年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(51)

(1)2年前の今日(『こども六法』には)いじめが特に、犯罪に該当することが平易に説かれている。14歳未満でも少年法により審判に付され、保護処分を受ける。加害者の親は損害賠償責任を負う……。きみが発するSOSは、法と正義にかなう。学校教育が見過ごし…

私たちにとって大切なのは、自分を証明する名刺ではなく:出会った言葉(2年前と3年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(50)

(1)2年前の今日私たちにとって大切なのは、自分を証明する名刺ではなく、誰かに証明する必要のない自分自身になること(「辛い状況見据える格言満載」キム・スヒョン著『私は私のままでいきることとした』書評 2019年8月30日付朝日新聞) 「私は私のまま…

「専門家とは……」出会った言葉(1年前~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(48)

(1)1年前の今日専門家とは、難解な術語で素人の疑いをはぐらかし、改めるに最も憚る人たちのことなのか。(1974年8月22日)(『最後の深代淳郎の天声人語』(朝日文庫)p69)*46年前のこの言葉は、ある食品添加物の動物実験で発がん症状が出て、それまで「…