金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

営業関連

パッチワーク翻訳の罪(2016年10月)

L社は担当者のP氏がヘッドハンティングでD社に移り、後任のS氏になってから、部分訳の割合が増えた。マンスリーレポートなので前月と同じ表現の箇所が3~4割。場合によっては8割の箇所もある。P氏の時にはそういう変更とは関係なく、「全部訳してください」…

「大企業病」に関する2題(2016年9月)

(大企業病:その1) 某上場企業との取引でのミニマムチャージを2万円(消費税別)としている。2年ぐらい前からそうしている。 2万1600円の先方の過払い(当社のもらいすぎ)の疑いを7月に見つけたのは相方。「お父さん、2万1600円多すぎのような気がする」…

「遠慮なく電話してください」(2016年9月)

ここ数カ月、お客様に「私にメールしてすぐに返事が来なかったら見逃している可能性があるので遠慮なく電話してくれ」とお願いしている(僕は基本的にすぐに返事できないものにも「メールを受け取りました」というメールを送ることにしているので)。今日も…

結果オーライ?(誠実だったがやや稚拙だったセールストークの事例)(2016年6月)

先方は当初、私にやる気がないと思ったのではないか。 「私、W社のMと申します。守秘義務契約本日届きました。ありがとうございます」 W社はリーマンショック後の上昇相場に乗り切れなかった不幸なヘッジファンドの閉鎖で3年ほど前に取引がなくなった金融機…

翻訳会社の追求はしばしお休み(2016年6月)

昨日は翻訳会社3社からの案件を断った。理由は「忙しいから」。 以前なら上のうち一つは受けていたはず。でも今後のことを考えて受けるのを止めた。もちろん、そこには計算もある。実は先週末に新しいソースクライアントから初の仕事を受注したのだ。この3月…

受領確認メール(2016年6月)

メールが来る。今は忙しくて答えられない。したがってとりあえず 「メールを受領いたしました。ありがとうございます。追って(あるいは○○日中に)あらためてお返事します」 と返事をする、という対応をどうしてできないのかな? 先日のL社(飜訳会社)の担…

締め切り日の誤解をめぐるこっけいな(?)やり取り(エッセイの分納)(2016年5月)

昨日は本来月曜日納品のエッセイ1本(約2500ワード)を夕方まで3分の2ぐらいざっと訳し、先方に電話。 「え~明日の分納ですが、3分の2ぐらいなら何とか・・・」「え、鈴木さん、今日ですけど?」 「まさか・・・」と思って先方のメールを見ると「土曜日に・…

新しいノート(2016年5月)

5月24日(火) おはようございます。 [昨日の自分] 起床:4時15分体重:76.4kg、体脂肪率24%、体脂肪量18.3kg前日比:-0.6kg、+2%、+1.4kgピーク:体重は79.0kg(3/6/16)脂肪量は19.9kg(12/7/14)間食: ショートケーキ半分運動: ウォーキング4.5キロ。9…

僕が和英翻訳をあきらめた理由②

Aさんのサークルに和英翻訳者の「募集広告」を出した。募集、と言っても今すぐ必要!ということではなく、将来機会があれば僕と一緒に和英(日本語→英語)をしてもよいかな?と思ってくれそうな人を探していますという募集の打診みたいなお知らせ。「英語の…

翻訳会社を逆側から見ると・・・(2016年4月)

昨日の件にもう1点補足。 10年ぶりに1円の値上げをしてくれた翻訳会社HB社。僕はこの会社に10年間、お中元とお歳暮を送り続けている(前は毎回5~6社に送っていたが、取引がなくなったり、コンプライアンス上受け取れなかったと言われたりして、今はこの会社…

フリーランスとしてのやりがいを感じるとき(2016年1月)

昨日は午後から突然忙しくなった。2件ともソースクライアントから。 (1)「鈴木さん、某国に関する投資レポート、今週中に出したいので明日の午後5時までになんとかお願いできないだろうか?」「量はどれくらいで・・・?」「いつものレポートで4ページ…

人事は他人事(自分の人事を決められる自営業者)(2015年12月)

昨日は元同僚で3つ先輩のSさんと食事。彼は某中堅証券会社のナンバー2なのだが、「俺たちは組織の中でどんなに偉くなっても自分の人事を自分で決められない」「社長じゃなきゃね」「いや、上場企業の場合、最近は社長もだ・・・その点お前はエラい。お前の…

営業マンの性(2015年12月)

そろそろパソコンを買い換えなければ行けないタイミングで、仕事にもやや余裕ができたのでそろそろケーズデンキに行こうかな、と思っていた3日ほど前に営業電話があった。 「H社の法人営業部です・・・」普通は断るところだが魔が差した(?)「僕個人事業な…

マッチング率はナンセンス

昨日の夕食時の会話 「おい、明日は日本は休日だな」「お父さん、それじゃ日本にいないみたいじゃない。それを言うなら『世間は』でしょ」 外国の翻訳会社との仕事が終わったところだからかな。 それは、ある会社の第3四半期(7ー9月期)決算発表用プレスリリ…

「これでよく受けたな!」と驚きあきれた翻訳者のレベルと姿勢(2015年10月)

比較的短めの品質管理の仕事。想定時間3.6時間で納期まで3日あったのだが、品質管理は「まさか?」の事態があり得るので昨日ちょっと(3本のレポートのうち1本)やってみたら、その「まさか」だった。 Peripherals 金融やっている人だったら常識で、「欧州周…

朝令暮改?~送金手数料をめぐるやり取り(2015年10月)

某グローバル翻訳会社からちょっと大きな案件(1週間で1万ワードの翻訳と、その後2万ワードの品質管理)の打診が先週あった。「半分ぐらいなら何とかなると思うがスケジュール確認したいので週明けまで待ってくれ」「来週休暇なので引き継いでおく」でメール…

前代未聞の和英翻訳(正式な翻訳文の後に直訳も別料金で受けて納品した話)(2015年9月)

昨日の朝、某ソースクライアントから連絡。 「CSRについてコンセプトをとりまとめたので、その宣言文だけ(70文字)を英訳してほしい。今日中に」 が依頼内容。1万円(プラス消費税)を伝え、その文章だけでなく全体も送ってほしいと先方に依頼。2時間後にブ…

和英(日本語→英語)翻訳に対する基本スタンス

某社から連絡があり、今後のプレスリリース等をまとめてやってくれないかと打診を受ける。この会社と付き合い初めて5年。ネイティブ担当者一人とタッグマッチで(何度も担当者と喧嘩しながらも)コツコツ良い仕事を心がけてきた成果かもと思うと嬉しいです。…

4年ぶりの連絡に心が温まった話(2015年5月)

ゴールデンウィークは少し余裕を持って仕事ができるかなと思っていたら2件新たに仕事が入った。1件はソースクライアント「納品はもちろんゴールデンウィーク明けで」。もう1件は全く知らない名前の外国人からだった。文面を読んでいくとI got your contact e…

伝えたいことは何か?-英訳案件をめぐっての小さな事件

先週金曜日に上場企業某社広報部からメールがあり、「当社のポスターに掲載するメッセージを作ったので英訳してほしい」との依頼を受ける。用途は英語のポスターに使うとのこと。締め切りは昨日。文字数90字。 昨日朝納品したところ、昼頃に「社内からこうい…

お客様は入れ替わる(2015年2月)

怒濤の2週間が終焉を迎え昨日の午前中は「昼が来れば休める。『神様はバリにいる』でも見に行こうかなあ」と思っていたら翻訳会社Aから仕事が入って午後はそれに時間を取られる。午後7時頃に目処もつき「さあ今からビールを飲もうかなあ」と思っていたら翻…

安請け負いは禁物(2015年1月)

一昨日某翻訳会社から「4万5000ワードを3週間」という打診が入る。「文章を見る前にこの期間でこの量は多すぎる。他の翻訳者と分割にできないか?」とメールを送っておいたら昨日午前に「他の翻訳者に決まった。QAできないか?」と。 「原文を見ないと何とも…

「平均で400字詰め原稿用紙1枚あたり1200円ですが・・・」(2014年11月)

先日翻訳ディレクトリーを見てアクセスしてきた翻訳会社があって、緊急案件と言われたが断った。ただせっかくの機会なので登録しようと思ったわけです。 登録フォームに「『弊社規定に従う』と『希望レート』のどちらかを選ぶようになっていたので、「スミマ…

ポストエディットのオファー(2014年10月)

先日某翻訳会社からメールが来た。 「今度機械翻訳のポストエディットをやることになった。ついてはこの業務に関心のある人はその意思を示して欲しい」 そこで次のような返信メールを書いた。「サンプルを見せてほしい。現段階での御社の英日の機械翻訳の水…

間が悪い(いつも断ってしまう先)(2014年10月16日)

昨日夜に翻訳会社(上海事務所)P社のDさんから電話。「スズキさーん。お忙しいですかぁ?」 彼女はいつも日本語である。少なくとも彼女のヒアリング力は完璧で俺の英語の方ができると見栄をはるほどの勇気もないので日本語で応対している。ここは3日ほど前…

出版社に電話をして赤っ恥をかいた話(2014年10月)

「え~もしもし、翻訳者の鈴木です。今産休のSさんの代わりのUさんお願いします」「はい、Uです」「こんにちは。あの~、7月に増刷になった分の印税はいつお支払いいただけるのでしょうか?」「は?」(ちょっとこちらムッとして)「ですから、7月に増刷にな…

営業日誌46冊目 (2014年10月)

今日から営業日誌46冊目。2002年9月1日に、「今日からサラリーマンでなくなったので、せめて何時に起きたか、何をしたかの記録だけ残しておこう」と思って始めた。紆余曲折あったが今はノートの見開きの真ん中に横線を引いて4分割し(半ページ分)、1日分を…

「反社会的勢力に対する基本方針」をそのまま英訳できるか(2014年9月)

以下、あくまでも一例です(実例ではありません)。 「反社会的勢力に対する基本方針」が原文だった場合 BASIC POLICY REGARDING ANTI-SOCIAL ELEMENTSは正しい英文か? (1)英作文なら正しい(かも)(2)CSRの文章なら? 1.Basicとは例外を認めるこ…

「顧客教育」(ネイティブチェック済み英訳原稿のチェックを依頼されたケース)(2014年9月)

以下は本日午前に某上場会社宛に納品した際の私からお客様宛メールの一部(文章は追加していないが一部削除した)である。 業務内容は、英文のプルーフリーディング。A社は某翻訳会社に同社のCSRに関する日本語文書のネイティブ・チェック付きの英訳を依頼…

「組織名の英訳」②(日本企業の英語ホームページの特徴)(2014年9月)

僕は6~7年前から対ソースクライアントでは英訳を受けるとネイティブ担当者に一次訳を任せ、私は①英和翻訳者としていわゆる品質管理、と②必ずしも成果物を評価できないお客様に対し「なぜこういう英文になったのか?」「なぜこの表現を削ったのか?」の説明…