金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

「1語で落とす」(2013年11月)

どこの業界にでもある話だとは思うんですけど・・・・
どんな辞書にでも載っている簡単な単語
どの業界でも、一般的にも普通に使われる普通名

なのに
なぜか金融業界では「ある言い方」でしか使われない用語がある。
根拠はわからない。きっと誰かが、「そういう言い方」を始めちゃったんだろうとしか言いようがない。

でも、金融業界の人たちは100人が100人「そういうい言い方をする」
そういう用語があるんです。

で。

私がたまたま審査を請け負っているある翻訳会社の翻訳者のトライアルにその用語が出てきました。

私はその1語が「そう訳されていない」というだけの理由で「少なくともこの手の文章を訳す資格なし」と判定した。他を一切読まなくてもその手の文章を訳したことがない - この僕の判断は間違っていないと断言できます(キッパリ)。
で。

その判定シート(もちろん他の理由も書きましたが)とともに翻訳会社に電話して「1語」のポイントを説明し、「今後、この文章でこの部分がこう訳していなかったらそれだけで(この分野の翻訳者としては)落としていいですよ」と伝えた。だっていちいち僕に送っていたら金かかるじゃん。

私が説明すると、金融については完全に門外漢の彼女は・・・
「たしかに~そう言われてみればそうですね。金融はみんなそう・・・」
と言っていました。

tbest.hatenablog.com