金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

「変装してるんですよ、みんな  阿久悠」:出会った言葉:3~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(231)

(1)3年前の今日
寛容というものは非常に複雑な性質を備えており、三つの要素に動機づけられる。本性に由来する内因的な動機(私たちはごく自然に相手を思いやる)、外因的な動機(相手のことを考えろと要求する外部からの誘因に従う)、そして自分にも他人にも自分をよく見せたいという動機である。
……
……とりわけ有名なのは、心理学者のダン・アリエリーのチームが行ったもの(鈴木注:実験)で、他人から見られているとき、人は一段と善行をしやすくなることを示した(さまざまな実験を通じて、人は自らの自己像に強く動機づけられるとの仮説が確かめられた)。また金銭的インセンティブは、誰からも見られていないときには極めて効果的だが、見られているときにはほとんど効果がないこともわかった。報酬を受け取ることによって、自分が望んでいないシグナルが発せられるのを恐れるからだと考えられる。
(『良き社会のための経済学』前半がp152、後半がp168)   
*自分が自然の気持ちから出た思考や行動だと思っていたものがこのように分析されるのは、自分を客観的に見るきっかけになって、ある意味心地よい。

www.amazon.co.jp

(2)4年前の今日
 変装してるんですよ、みんな  阿久悠  
(2018年7月2日付朝日新聞「折々のことば」より)