金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

「「ほどほど」は限界を知っていないとわからない」:出会った言葉(2年前~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(127)

(1)2年前の今日
「ほどほど」は限界を知っていないとわからない。鷲田清一さん
(折々のことば 2019年11月28日付朝日新聞
*引用句の後に、「『ぎりぎり』を知らない『ほどほど』はただの萎縮」と続く。自分への戒めとして心にとどめておきたいが、決して他人に押しつけてはいけない価値観。自分の限界がどこにあるかは他人には分からないものだから。特に親子間は注意、と遅ればせながら反省してもみたり。

(2)3年前の今日
思い出はあまりムキになって確かめないほうがいい。
(「昔カレー」『父の詫び状』向田邦子著、p247)

(3)4年前の今日
結局、法はその時代の良識の上に立つほかはない。
(1975年2月24日 『深代淳郎の天声人語』p52「法の奴隷」)

www.amazon.co.jp