金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

のどかな時代?―『翻訳出版 編集後記』常盤新平 (幻戯書房)より

 

「1967年当時、十万部を超す翻訳ものは、1年に1冊出ればいいほうだった。ハヤカワ・ノヴェルズとハヤカワ・ノンフィクションの編集を担当していた私が、翻訳者に仕事を依頼するときは、おおむね初刷は五千部であると申し上げていた。アメリカでいかにベストセラーになろうと、評判がよかろうと、日本で売れるか売れないかは、手さぐりでもまだわからない時代だったのである。翻訳ものは片仮名が出てくるんでねえ、と取次店から敬遠されたころである」
(引用終わり)
『翻訳出版 編集後記』常盤新平 (幻戯書房)p8

「翻訳本がこんなに売れない時代があったのだ」という文脈の、1977年に10年前を振り返った文章。今はこの時より悪いのだろうと思いながら読んだ。買おう買おうと思っていたが値段で渋っていたのだが、ひょんなことから昨日購入した。寝る前に読みながら買って良かったと思いました。ご紹介くださったSさんと背中を押してくださったKさんに感謝。

先日のパーティーで、某翻訳雑誌編集部のMさんに「最近、翻訳競合2誌の特集、似てきてない?もっと新機軸出したほうがいいと思いますよ・・・」「いや、その通りで・・・」「そうだなあ、『翻訳は食えるのか?』とか『なってる場合か翻訳者?』なんて特集どう?」「そ、それは・・・」「それとさ、出ちゃった自分が言うのも何だけど、出演者も開拓しなきゃ」「どなたか、ご存じないですか?」「それを考えるのが君の仕事だろぉ。足使えよ、足!!」「は、はい・・・」。

常盤氏の書籍を読みながら、僕より20歳以上若いのをいいことに、こんな失礼な質問をぶつけて困らせていた自分を思い出した(ゴメンねM君。一生懸命やってるんだよね。)。