金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

本の進捗(『ティール組織』の翻訳②、ほか)

某出版社へ「予定より4カ月遅れの目処」とのメールを打つ。毎月経過報告をしており、先方も僕がそこそこ忙しいことを理解しており特に驚きはないとは思う。きちんと報告しているのでご心配なくとも言われているが、そうはいっても心苦しい。仕事に手を抜いたつもりはないが遅れているのは事実。コツコツ誠実に進めるしかない。

6月に出る方の編集担当者の方から「鈴木さん、これは面白いです。仕掛けを色々考えます」とのメール。こちらは先方の都合で1年遅れたが、取り上げている企業等が最近日本でも知られてきた会社なので「けがの功名」でうまくいけばいいのだけれど。 

 

産みの苦しみ(『ティール組織』の翻訳) - 金融翻訳者の日記

 

(後記)1段落目が翻訳の遅れていた『ティール組織』について。二段落目が『Q思考』です。(2021年4月28日記)