金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

高校の同期会で『ベンチャーキャピタル全史』をセールス

昨日は高校の同期会。22日に『ベンチャーキャピタル全史』が出たので、近況報告の時に宣伝してもよいかと幹事にお願いしたらどうぞどうぞと。

今週号の『週刊新潮』に出た堀内勉さんの書評(A4で1ページ)を出席者全員分コピーして持っていくと参加者用資料に差し入れてくれ、会議(宴会の前に事務連絡等があります)の途中で「予定にはありませんが、37R(3年7組という意味です)の鈴木君がまた本を出したというので紹介してもらいましょう」と粋な計らいをしてくれた。

今日になって出席者の一人の友人から連絡が入った。
「4冊購入したい。鈴木君のサイン入りで」との嬉しい申し出。

40数名出席の会で一席ぶって4冊の売り上げはなかなかの成果と言えるかも。
クラスメートたちの友情に感謝(ちなみに昨日は北浦和の二次会会場から西葛西の自宅まで、電車に何度も乗ったり降りたり行きつ戻りつ乗り直したりしながら最終電車に何とか乗れて帰れたのだが、いったいどうやってたどり着いたかよく覚えていない)。