金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

発売初日に1万4000歩(丸善丸の内本店に感激し、その勢いで書店3軒をはしごする)

昨日は『ベンチャーキャピタル全史』の発売日。

編集ご担当のKさんから、丸善の丸の内本店で書店での展開が始まったとうかがっていたので仕事を午前中に片付け、昨日午後に店頭を訪ねてみた。

お、写真で拝見した通りだ。大きく展開しているんだーと感激し、しばらく感慨に耽った後店内を散策して入り口に来ると何人もの人が動いている。元々あった写真を外して本を動かしている。「あれあれ、もう移動しちゃうの?」とちょっと不安になるがそれは僕の誤解。ちょうどこの特大ポスターと入れ替えるところだった。

書店スタッフの皆さんの様子を写真撮影している方がいらしたのでもしやと思い「・・・もしかして、新潮社さんですか?」とお声がけしたらビンゴ。「営業部のSです」と名刺を頂戴した。

店頭の一番目立つ箇所に大きく展開するには何カ月もかけた書店への働きかけが必要とKさんから伺っていた。「営業担当者が本当によく頑張ってくれたんですよ」との言葉を思い出し改めて心からお礼の言葉を申し上げた。書店スタッフの皆さんにも挨拶。そして記念撮影。Sさんと二人でも取りました。Kさんにもすぐに連絡。驚き、喜んでくださいました。

こういう場に居合わせられたのは実に幸運。「幸先いいぞ~!!」とマジで思った。

その勢いで、その後八重洲ブックセンター丸善日本橋店へと歩いて移動し平積みでの陳列を確認。ポスターも飾ってくれていました。それぞれの店舗を担当されている新潮社営業部の皆さんの熱意とそれに応えて場所をつくってくださった店舗スタッフの方々のご理解とご配慮に深く感激した。帰宅したら歩数計が1万4000歩を超えていました。自分の訳した本の発売初日に書店をはしごしたのは初めてです。

帰宅した後は家族全員で近所の寿司屋へ。私の独立20周年と『ベンチャーキャピタル全史』発売を祝ってもらいました。

忘れられない、よい1日となりました。

関係者の皆様に心から感謝します。ありがとうございました。