金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

普段できないことは、非常時にはなおのことできない。:出会った言葉(一昨年~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(36)

(1)2年前の今日

自分たちがすごく苦労としたと思っていないのに、妙に評価してもらえるときというのは、放っておいても、どんどんいい結果が出て、いい循環になって、どんどん力が出ていく状態。それが自分たちに向いている得意なこと。そうじゃないことは向いていないことだ、というふうに、わたくしはだいたい判断していますね。
(『岩田さん―岩田聡はこんなことを話していた』p45、日刊ほぼいとい新聞編、株式会社ほぼ日)
*岩田さんは、会社は、得意なことをする集団であることを目指すべきなのだが、集団であるが故に、最低限、だれでも、苦手でもやらなければならないことがあるので、それを決めるルールが必要だとおっしゃっている。その「最低限のこと」をなるべく小さくすることが、経営者として正しいのではないか、と。我田引水だけど『ティール組織』における経営者のあり方を語っておられるような気がしました。

岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。 | ほぼ日刊イトイ新聞, ほぼ日刊イトイ新聞, 100%ORANGE |本 | 通販 | Amazon

(2)3年前の今日
人生、七味唐がらし:うらみ、つらみ、ねたみ、そねみ、いやみ、ひがみ、やっかみ。人を翻弄するこれら七つの性は、いずれも自他の比較に由来する。 
(折々のことば 2018年8月16日付朝日新聞

折々のことば:1199 鷲田清一:朝日新聞デジタル

(4)4年前の今日
普段できないことは、災害のような非常時にはなおのことできない。
(遠藤恵子さん。2017年8月16日付朝日新聞 「折々のことば」より)

(折々のことば)845 普段できないことは、災害の…:朝日新聞デジタル