金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

翻訳者の本棚

「え~鈴木さん、今度『翻訳者の本棚』という企画で一度取材を・・・」

「え?本棚4本しかありませんよ。先日リフォームに伴って1000冊ぐらい減らしたんで」

「そこはご心配なく、先日取材させていただいた方も、『断捨離』直後だと固持されたのですが、そこはプロの写真家、綺麗にとっていただきました」

「・・・でも何でまた私が・・・?」

「ほら、鈴木さん、毎日たくさんの本をお読みになっているとツイッターで紹介されているじゃありませんか。すごいですよね~」(「翻訳ストレッチ」の事だな)

「いやいや、あれは毎日5分ぐらいずつ読んでいるだけでして」

「すごい!速読なんですね!!!黙読されているわけでしょ?」(ちょっとズレているような・・・)

「いや、音読ですから・・・」

「ちゃんと全部読んでおられるわけでしょ?」

「あ~はい。1年とか、2年半かかった本もありますけど、読み終わるのに」

「それは素晴らしい!・・・ついてはご自宅にお邪魔して、写真とか・・・」(ってどこをお褒めいただいているか・・・)

当然僕の一存では決められない訳で、相方のご意向を伺い、お受けすることになった。

「お父さん、リフォーム後でよかったわね~。リフォーム前だったらとても他人様にみせられなかったじゃない!」

てな次第で、業界関係者の方に相方がお会いするのはこの17年で初めてということになりそうです(もちろん写真は胡散臭いオッサン顔の私だけ)。

・・・・・という書き込みをFBにしたのが2年前の春。その後『通訳・翻訳ジャーナル』2019年夏号に記事が掲載され、このたびウェブページに転載になりました。

tsuhon.jp