金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

化粧の効用(2020年5月)

「お父さん、いつから電車に乗ってない?」
「そうだなぁ~3月中旬に飲み会に行って以来だから・・・もう2カ月以上か」
「あたしは・・・3月下旬に〇〇先生のお葬式に行って以来だから、そろそろ2カ月・・・そうそう、あたしあれ以来まったくお化粧してないのよ!」
「・・・まったくか?」
「そう、ぜーんぜん。だって他人と会わないじゃない。それに外に出るときはマスクするでしょ。お化粧する必要ないのよ」
「なるほどー」
「だから、お肌がすっべすべ!!すっごく調子いいの!!!」
「ということはつまりだな、化粧ってのは、お肌っていうか、自分の身体を犠牲にして見栄えをよくする術ってことだなんだね?」
「そうよ」
「じゃ、聞くけど、見栄えをよくする以外で化粧に何かメリットはあるのか?」
「あるわけないじゃん。なーんにもいいことないの」

今朝の学びでした。