金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

「一に給料、二に配偶者、三、四がなくて五に資産」>翻訳ストレッチの教材から

おはようございます。

出会った言葉: 翻訳というのはとても根気のいる仕事だ。時間も手間もかかる。集中力も必要だ。そして特殊な場合を除いて、それほど多くの収入が見込めるわけでもない。あくまで裏方の手仕事なので、脚光を浴びるような機会も希だ。言い換えれば、翻訳という作業自体がもともと好きでなければ、長く続けられる仕事ではない。
(『本当の翻訳の話をしよう』p283 村上春樹柴田元幸著 スイッチ・パブリッシング

https://www.amazon.co.jp/dp/4101001766/

*今日の言葉:村上春樹さんの「あとがき」から。
翻訳がそもそも生活を支える仕事たり得るのか?というのはこの17年間常に考え続けていたことで、このテーマになると思い出すエピソードが3つある。

「翻訳通信100号記念講演会」で故山岡洋一さんが「もし皆さんが今、他の仕事に就いているならば、それを辞めてまで出版翻訳者になることはお勧めしません」という趣旨の話をされたこと。

二つ目は、この本の著者のひとりである柴田元幸さんがJTFの講演会で「翻訳は『趣味』です。私は東大教授の給与をもらえたからこの趣味をずっと楽しむことができた」とおっしゃったこと。

もう一つは、私が独立した後、酒井邦秀先生(私が大学時代に圧倒的な影響を受けた多読による英語教育の提唱者。山岡洋一さんの終生のライバルのお一人)に再会した際に、「今、金融翻訳をしています」とご報告したところ、最初の一言が「食べていける?」と言われたことだろうか。

僕はたまたま好きなことを仕事にして17年間食えてしまったが、これは運のよさを含めた色々な要素が絡んだ結果にすぎないくらいの自覚はある。

自分が食えたからといってこの職業が経済的に恵まれる職業だというつもりはないし他人にも勧めない。だから、自営業者として独立したいというご相談を(ほんの時たま)受ける時には、「慎重の上にも慎重に」と答えてきたし、機会があればそう書いてきたし、今後もそうすると思う。以前ある勉強会で、出版翻訳者になるには「一に(自分の)給料、二に配偶者(の給料)、三、四がなくて五に資産」(が必要)と申し上げたのは、実はフリーランス翻訳者全般に当てはまるのではないかな、と思っています。

だから僕は「あなたも翻訳者になれる!」「あなたもこれだけ稼げる!!」といった類の、一見歯の浮いた翻訳学校の宣伝文句を見ると、「あなたもお花の先生になれる」「あなたも俳句(書道)の名人になれる」と同じ事を言っているにすぎないとしらけてしまう。

結論めいた話ではないが、昨日『本当の翻訳の話をしよう』を読み終わる直前に村上さんの「あとがき」を読んで思った感想を書いた次第。

よい1日を!