金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

「人生の本当の知恵は『どのようにうまく負けるか』というところにある」:出会った言葉:3~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(234)

(1)3年前の今日
人生の本当の知恵は「どのようにうまく負けるか」というところにある  村上春樹
(「春秋」 7月7日付日経新聞
*『文學界』8月号掲載の村上春樹「ヤクルト・スワローズ詩集」からだそうです。

(2)4年前の今日
 個の確立、個人の自立は現代社会の存立の最も基本的な条件である。我々の社会は個人の自由と個人間の平等を基本原理とし、そのような個人が様々な関係を結びつつ形成する民主主義社会であるが、個の確立がなければそのような社会は容易に崩壊する。個の確立とは、まず、自らを肯定し、自尊心を持ち、自ら考え、自ら判断し、人の言いなりにならないということだ。そのためには、科学的、合理的、実証主義的な精神、健全な懐疑主義が必要だ。自立した個人は、自らの意思で行動し、その結果を自らの責任として引き受ける。他者を独立した個人として尊重し、他社と共感し、協力することができる。
 自立できない個人は自由を与えられてもその自由を正しく使うことができず、自由から逃走する。1933年、ヒトラーはどのようにして政権を取ったか?民主的な選挙によって権力を獲得したのである。そのとき多くのドイツ国民(特に下層中産階級)は、ワイマール憲法によって与えられた自由から逃走し、ナチズムのイデオロギーを熱烈に歓迎したのである。
(『面従腹背前川喜平著、pp43-44より)
*上の文章は前川さんが現役官僚の時に大学講師として担当した(1997年-2005年)教育行政学の講義向けに自ら執筆したテキストからの引用。参考文献として『自由からの逃走』(エーリッヒ・フロム著)が掲げられています。

 

面従腹背 | 前川 喜平 |本 | 通販 | Amazon