金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

幻のコマーシャル(2016年1月)

ちょっとした与太話。

今から25年前、1996年に某社ではコマーシャルにSM〇Pを使うことになった(僕は当時営業企画部門でこの件に間接的に関与していた)。当時の相場は確か、タクヤ君が年間1億円、つよし君が4000~5000万だったはず(出演料とは別の年間契約料)。
「あ~こんなに違うんだ」とは思ったが、ハッキリ言って当時ツヨシ君はまださほど売れていなかった。もっと言っちゃえばS〇APのお荷物的な存在で(ファンの方ごめんなさい。僕の抱いていた印象です)、それくらいの差は当然、いや、もっと大きくてもおかしくないと、少なくとも僕は思っていました。つよし君を使った理由は彼のキャラクターや魅力度ではなかった。人気グループSMA〇の中で一番お値段が安かったからです。

撮影は96年の年末、オンエアされたのは97年の初めだったはず(とハッキリ覚えているのは訳がある(後述))。

コマーシャルは宮〇信子さんとの共演で、居酒屋で二人が飲みながら証券について語るというなかなか洒落たコマーシャル。オンエアを見ると、ツヨシくんの優しい面の出た、とってもほんわかしたコマーシャルで、宮本さんとの雰囲気もよく出ていた。当時証券会社に対するイメージはまだ相当悪かったから、これはいいぞ~、「当社は大スターになる前のつよし君をつかんだ!安い買い物だ」と正直心の底から感動したのを覚えている(そうそう、当時のマネージャーが「いい子だから是非使ってくれ」という話もあったと思う。今考えればそれが5年前の〇MAP解散の時に話題にになったIさんだったんだね)。

ただしこのコマーシャルがオンエアされたのはわずか1カ月だった。

本格的にオンエアされ始め、新聞雑誌広告が派手に出始めて、いよいよだ~!と思った矢先に、いわゆる総会屋スキャンダルが勃発、当時の社長が逮捕される事態にまで発展することになる。

事件が表沙汰になったのは1997年3月。そこから先は全てパー。コマーシャルも、他にも何パターンか撮っていたのも、ポスターも、関連グッズもすべてパー。

今、ウィキペディア見たらつよし君主演の連ドラ「いい人」が始まったのが97年の4月。「全放送回の平均視聴率20%超え、初回の視聴率24.6%を記録」と書いてある。

そう、僕たちは本当に、ベストのタイミングで彼をゲットしていたんだ。そして自ら転んでつかみそこなった(もっとも転んでいたのは経営トップだったんだけどね)。