金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

翻訳会社の「ピンハネ率」

前から思っていたんだが、なぜ翻訳会社は自分の売り値を翻訳者に教えないのだろう

僕の知っている限りでは、以前ある翻訳会社が翻訳料を公開していた(翻訳料支払い通知書にソースクライアントへの請求単価を乗せていた)が、6,7年前に止めた例が1つあるだけです。

僕自身は2年ぐらい前まで某ソースクライアント向けのレポートの翻訳で、お客様に断った上で(私と顧客と同程度の守秘義務契約を締結していることを保証して)一人にいわゆる下訳を頼んでいたことがある(そのファンドの解消とともになくなった)。その時は私は一語一語全部見て直し、納品ファイルは返し、気がついた点はコメントしていた。

また日英(日本語→英語)は原則として同じネイティブ・スピーカーの方にお願いしている。いずれも翻訳料金は折半。特急だったりして上がることも、お客様によって下がることもあるが担当者は大元(つまり僕がソースクライアントに請求している額)を知っているので、「す、スマン今回は○○円になったので△円でお願い」という会話になる。

唯一の例外は先日(つい10日ぐらいまえ)。
欧州に出張したお客様向けにスピーチの英訳を請け負った。当然翻訳料金は折半だが出張直前に電話が入り「音声で覚えたいのでスピーチを吹き込んだファイルを送ってもらいたい」との依頼があった。7分のスピーチ。僕の独断で吹き込み料7000円(税別)を交渉。成功しました。これは作業をするのもファイルを作るのもネイティブ翻訳者のAさん。私がしたのは料金交渉と相手とのコミュニケ-ションのみ。
この時は折半にしなかった。以下その会話

「Aさん、吹き込み料の報酬ゲットしたぜ、7000円!」
「ホントですか?すごーい」(吹き込みを無料サービスと思っていたらしい)
「で、僕は2000円ピンハネしますんで、Aさん5000円ね」
「え、半分じゃないんですか?」
「いいよいいよ、だって俺交渉しかしてねえじゃん」

このことを意気に感じてくれたのだろうか、Aさん、こっちが頼みもしないのに「ナチュラルスピード」と「ゆっくりめスピード」を吹き込んで送ってくれました。

以上ご参考まで。

(後記)英和翻訳(英語→日本語)については、どなたかに翻訳をお願いすることはこの記事以降もありません。和英翻訳(日本語→英語)はすべてネイティブ・スピーカーに一次翻訳をお願いし、僕はPMに徹していますが、僕の受注金額を翻訳者の方に伝え、原則折半(ネイティブの方の取り分を少し多くすることはある)という方針は今も変わりません(2021年3月14日記)。