金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

「あの子は魚と絵が好きだからそれでいいんです」:出会った言葉:2年前~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(174)

(1)2年前の今日
本屋という仕事は、ただそこにあるだけで、まわりの社会に影響を与えることができるものなのだ
(『私は本屋が好きでした』永江朗著、太郎次郎社エディタス、p16)

本日の言葉:アマゾンに慣れきっている自分を反省した文章。僕の友人には、1カ月に1度は神田神保町東京堂書店に行って棚を一通り眺めることを習慣にしている人や、「本は原則書店で買う」と決めている人がいる。「これから僕はこうする!」とは決めないけれども、せめてたまの外出時に書店を見かけたら店に入り、棚を眺め、できれば何かを買うという気持ちは持ち続けようと思った。

www.tarojiro.co.jp

(2)3年前の今日
部分部分はそれぞれうまく組み合わさっているのだが、それが全体としてどのような絵柄になるのか想像する者がいなくなった。 猪木武徳
(「折々のことば」2019年1月23日付朝日新聞

sfnd.blog.suntory.co.jp

(3)4年前の今日
 あの子は魚と絵が好きだからそれでいいんです
 さかなクンのお母さん
石田ひかり「ハッとする言葉に救われる ― 『折々のことば』1000回に寄せて」2018年1月23日付朝日新聞

www.asahi.com