金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

『ティール組織』でできた意外な(?)ご縁

最近できたFBの二人の「お友だち」。

Aさん:私にお友だち申請してくれた理由が「『ティール組織にご興味がおありのようでしたので、親近感が湧いて・・・!』
僕「ティール組織の翻訳者です!よろしくお願いします」
Aさん:「あ、そうなんですね!失礼しました」

Bさん:「組織論について興味があります。・・・直接鈴木さんの経験などをお聞きするチャンスをいただけないでしょうか?」
僕「僕は経営者ではないし、組織論の専門家ではありません。ですから、もちろんお酒を飲みながらの雑談程度ならできますが、もしいわゆる「組織論」を僕から期待されていると、ご期待に添えないと思いますが・・・」

・・・と答えたところ・・・

Bさん「まだ、まだ、高校生なので僕も知識が未熟です・・・」

じぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇーーーーーー!!!

僕「あなた高校生か!!!じゃ、酒飲めないじゃん!!!・・・まさか、高校生の方とは思っていなかったので、夜にミーティングするのもどうかと思うし、かといって昼間に出る時間はないしで・・・。あなた、しかも学校あるでしょ?」

・・・てな感じで返事をいったん保留させてもらい、数日考えた末に次のように返事した。

「Bさん、「平日の昼間(正午~16時)に西葛西に来れるタイミングがあったら事前にお知らせ下さい。予定が合えば駅前のファミレスで1時間ぐらいならお会いできると思います。試験休み等の時にでも!」

ティール組織』の裾野が広がったというお話でした。感謝