金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

気がつけば講師(2018年10月)

「鈴木さ~ン、勉強会とか講演会とか無理ですよね」
「無理でーす。でけまへーん」
「じゃ、飲み会は?飲み会だけでもどーかなー?」
「え~、どうしよーかなー(と思わせぶり)」
「費用こちらで持ちますから」
「え~そうなの?(デレデレ)・・・じゃあ、僕、すごく忙しいんだけど、そんなにおっしゃるなら無理して無理して行きますわ(態度豹変)」
「ありがとうございます・・・・!!!ところで、酔っ払う前に、ちょっと雑談の時間取っていいすか?」
「雑談ね、何分ぐらい?」
「30分から1時間ぐらいです」
「なにか怪しいなあ」
「まじ、雑談でけっこうです。準備要りません。ホントです!約束します!!!!」
「そうか~。そんなにおっしゃるなら、雑談ね」
「ええ、で、ちょっと質疑応答入るかも・・・」
「つまり、雑談と質疑応答だよねー、ホントだね?」
「大丈夫です!雑談雑談と質疑応答!!」
「了解です」

というやり取りがあって、翌日案内が来た。

「鈴木立哉先生ご講演『金融翻訳と私』」

おしまい。

*この話はフィクションであり、実在の人物や団体などとは一切関係ありません。