金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

グリーン組織に傾きかかった頃

今思うと、あれは私のいた会社が「多元型<グリーン>組織」になりかかった瞬間ではなかったか。

1997年、N證券が総会屋がらみの不祥事で社長が交代した折、各営業店の予算が廃止された時期があった。「あの」N證券でだ。

支店長の人事評定も人事部から切り離し、営業担当役員の合議で決めることにしたのだ。当時、僕は営業企画部の営業企画課長。部長のFさんや営業担当取締役の間の「廊下トンビ」としてその実現のための下働きをしていたのである。

米国の大学院を卒業し、まさに棚からぼた餅式に常務から3段飛びで昇進した当時のU社長は部店長会議の席で断言した。「お客さまのために努力した結果として収入はついてくるものであって、上から押し付けるものであってはならない」と。社員の人事評定システムも根本から変わった。やはり、今から振り返ると一歩グリーン組織に近づこうという意志が(動機はともかく)働いたのだった。

収支予算をなくす。

これは当時としては革命的な判断で、感覚的に言えば、当時の会社は一瞬静かになり、その後に若手を中心に称賛の嵐が起こり、部店長クラスは困惑し、半信半疑ながらも事態を前向きに飲み込んだと思う。しかしそれから3年ほどたって、現場(つまり支店長)から「収入予算を復活してくれ」との声が強くなり結局元の収支予算方式、人事評定方式に戻ったのだという(僕は不祥事が発生し、新方式になってから一年後に退職した)。上からの命令をひたすらやり遂げるという文化から抜け切れていなかった。一見理想型がてきたけれどもいったいどうすればよいのかがだれにもわからなかったのではないだろうか。だから根付けなかった。時代もあったのかもしれない。

(以上の記述は私の記憶の限り、事実だと思って書いているが思い違いはあるかもしれない。文章責任は私にある)。

特に日本の会社は世間体を気にするので、自分の会社がよほど大きな危機に瀕するか(当時の野村はまさにそうだったわけだが)、ティール組織が実際に業績を伸ばしているのを目の前にしないと、特に大きな会社がそちら方向に動きにくいのかもしれない。そして動いても定着までには相当の時間がかかり、根気もいる。僕がその動きを目の当たりにして思ったのは、トップの号令一下は必要だが、十分条件ではない、ということだ。

本当の目利き ー 『ティール組織』(原著)を見つけた人

今月初めにJ社Oさんをお食事にお誘いした。

 元々『ティール組織』の原書を発見し(著者は自分で作った出版社で原著を出しているので、ほぼ自費出版。したがって出版直後はほとんど注目されていなかった)、「鈴木さんどう?」と言ってくれた編集者だ。

Oさんは2011年に出版した訳書『マーケットのブラック・スワン その予測と意思決定の方法』の編集者で、時々連絡をくれていた。2014年の『世界でいちばん大切にしたい会社』(ジョン・マッキー著、翔泳社)をお読みになった上で、僕に合うと思ってくれたのだ。

ザッと読んで感動した僕はすぐにReading(査読)レポートを気合いをいれて書いたのだが、Oさんの熱意にもかかわらずJ社の企画会議を通らず、二人で残念会をやったのが2015年の春。

 その時、あまりに悔しいので

「他社に持っていってもいいですか?」

「どうぞどうぞ。僕も悔しいからこの本どこかで花を開かせてほしいです。ウチの社名さえ出さなければ」。

 となった。

「どこだろう?」

「この手の良書をじっくり育てる姿勢を持っているのは英治出版さんだと思います」とこれもOさん。

ところが私はもちろんOさんも英治出版に伝手もなく、突然の電話もどうかと思ったのでホームページの「読者お問い合わせ」ページから「・・・こういう企画がありますが」というメールを送って今に繋がったわけだ。最初に連絡をくれたSさんがすぐに対応してくれて、メールを送った二週間後ぐらいにはゴーサインがでた。もちろん、応募の段階から「これは他社(社名は明かせません)の企画会議で落とされた案件です」と伝えてある。英治出版さんはそれを承知で検討し、結論をだしてくれたわけだ。最初に応対してくれたSさんがそのまま本書の編集担当になった。

「さすが英治出版さん。大英断です!!」とOさんは我がことのように喜んでくれた。

 それから二年半。いよいよ本も出たのでお礼の会をしたいと僕からOさんに申し入れた。Oさんが現在、さる超有名人の著書を手がけている関係で食事会は会社の近くの、Oさんの行きつけの店ですることになり。昨日午後6時に同社を訪ねた。

時間ちょうどに会社に着くと、Oさん社屋の外でソワソワと僕を待っていた。

 「鈴木さん、何度かメールをお送りしたんですが・・・実は紹介したい人がいます。もう出ちゃうんでちょっと急いでもらっていいですか?」

「あれ?」

実は僕はスマホの電源が切れていたので気がつかなかったのだ(恥)。

会議室に通されて「ちょっと待っててください」と慌てて出て行くOさん、二,三分すると若手のバリバリ陽性営業マンみたいな方が、

「なになに、O、新しい企画?・・・ああ、どうも編集部長のMです」

と私に気がついて名刺をくれる。Oさんは手に『ティール組織』の原書をお持ちだ。

この瞬間に、僕はシチュエーションと自分の役割を理解した。

「実はMさん、先週ある話題の翻訳書が出まして」とOさん。

役割が分かっている僕はすかさず鞄から『ティール組織』を取り出し、「スミマセン、これOさんへのプレゼントで、まさか部長にお会いできるとは思っていなかったものですから」と怖ず怖ずと差し出す。

「あー、これ見たぞ!紀伊國屋にもガンガン積んであった本じゃないか。英治出版さんね。日経新聞にも広告出てましたよね」
「そうです」とOさん。「実は原書がこれでして・・・」
と言ってこれまでの経緯の説明を始める。M部長は赴任して2年。現状は翻訳書は消極的だ、と聞いていた。

「・・・そして、これがその時鈴木さんが当社に提出された企画書(査読)です」

「う~ん・・・」と『ティール組織』と私のレポートを代わる代わる眺める部長。

「・・・まあ、そういうわけで鈴木さんに今日、これをお持ちいただいた次第です」
「前回Oさんと食事をさせていただいたのが、その企画会議を落ちたときでして、今日がそのお礼の会なんです」と合いの手を入れる僕。
「あ~、そうだったのかーーーー!」と部長。
「いや、何しろ当時の企画会議では『今は組織物は受けない。ましてや翻訳なんてもってのほか』と言うスタンスで・・・」と当時の社内事情を説明するOさん。
「そうだったんですか、O、お前も悔しかったろ」
「そりゃ、悔しかったです。そして、今はもちろん嬉しいですが、悔しい気持ちもあります・・・でも良かった」
「鈴木さん、私はいろいろな分野に目を広げ、広角打法のつもりなんですが、うまく絞り切れていないという悩みもありましてね・・・でもこういう本、さすが英治出版さんは長期に物を考えてるよなあ」
「実は私は本業が金融翻訳なので、出版翻訳にはなかなか時間を割けず、出版社の方とお会いしても、『本業があるので1冊訳すのに半年~1年ぐらいかかります』と言うと名刺交換した瞬間にどん引きされる編集者の方も多いのです」と僕。

こっちもせっかく編集部長に会えたのでチャンスだと思いつつ、できないことはできない(専業の出版翻訳者の方のように「3カ月に1冊なんて絶対無理」)という点ははっきり言っておかないと、という思惑も働く。

「それも分かります・・・しかし、本当にいい本、価値のある本を見きわめられれば時間がかかったって構わないわけです、なあO」うなずくOさん。
「僕は貴社の企画会議を落ちて英治出版さんに拾っていただいた話をいろいろな所で書いたり話したりしています。Oさんが『社名は出してくれるな』と仰ったので、約束は守っていますが、自費出版に近い形の本を見つけ出して『これしかない!』と三年前に気づいた話、企画会議を落ちた後に英治出版さんのご英断で出版が決まった経緯は、既に美談だだと思います。その中で『いったいその目利きは誰なんだ?』『それは言えません』てな会話もあるぐらいで」

そしたらMさん。
「え~、お前そんなこと言ったの、O?」(「いや、当時は色々関係者もいまして」)・・・鈴木さん、名前出しちゃっていいですよ。どーんどん言っちゃって!こいつを売り出してやってください」

という思わぬ展開に。

その後お店まで行く道すがら、Oさんからは

「鈴木さん、鈴木さんを利用したみたいになっちゃってスミマセン。あの経緯僕一人で話すよりも、鈴木さんが証人になっていただいたので、おかげさまで部長の僕に対する評価もバッチリアップしたと思います。翻訳書の道も開けるかも。本当ありがとうございました!」

で、食事会は、僕が奢るはずが、超上機嫌のOさんが「鈴木さん、大丈夫大丈夫!」と結局僕は一銭も出さなかった。

おそらく日本でこの本を最初に見つけたのはOさんだ。なのに何の見返りも受けておられない。

何のお礼もできず、せめて食事でご恩返しをしたいと思っていたのだが、僕が行き、部長と会い、当時の話をしたことでこれほど喜んでいただけるとは思わなかったし、そう言ってもらえて嬉しかった。Oさんとの付き合いもかれこれ10年。7年前に一冊翻訳書をださせていただいて、次がこの『ティール組織』だった。これがきっかけでまた「一緒に仕事ができるといいですね」と言って別れました。

ではOさんとは誰か?もう公開オーケーなのでお教えします。

編集をご担当された『接続詞の技術』石黒圭著の「あとがき」にこうある。

(以下引用)

「・・・接続詞がうまくなる実践編を書いてくれないかというオファーをいくつかいただきました。その中で実務教育出版第一編集部の岡本眞志さんの下で書かせていただくことにしたのは、『最初に依頼されたから』というだけの理由でした」

(引用ここまで)

やっぱり!

本日は『翻訳事典2018-2019』発売日です。

え~皆さん、
本日は『翻訳事典2018-2019』の発売日です。
ハッキリ言っておきますが、今年の号は、土屋政雄先生(2017年のノーベル文学賞をお取りになったカズオ・イシグロ氏の主な翻訳者)の講演会の記事だけでも1冊分の価値があります。
・・・・ついでに、
私関連の記事もあります。 
①「長続きする翻訳ストレッチー毎朝、仕事前に、手広く、コツコツと」(寄稿記事)pp41-43
②「朝から晩まで翻訳三昧 好きなことをしているからフリーランス生活は楽しい」(インタビュー)pp88-89
③『ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現』読者プレゼント企画
お買い上げのほど、ひとつよろしくお願いします。
(情報開示)私はアルク社から報酬を得て上記の記事を執筆し、インタビューを受けています。読者プレゼントは英治出版さんのご厚意です。

これまで翻訳ストレッチセミナーに参加された皆様へ

これまで翻訳ストレッチ(旧翻訳筋トレ)セミナー(都合4回やりましたっけ)に参加された皆様へ。

皆様、いかがお過ごしですか?続いてます?(え?・・・今なんて・・・?)

実は、29日に発売される『翻訳事典2018-2019』の41ページ~43ページに

「長続きする翻訳ストレッチー毎朝、仕事前に、手広く、コツコツと」

という記事を寄稿させていただきました。私自身のこれまでの試行錯誤や自己啓発に対する基本的な考え方を書きましたので参考にしていただき、もう一度鉢巻を締め直してみてください!

なお、十人十色in 大阪以降、フェイスブック(やや詳細版)とTwitter(簡易版)で、「今朝の翻訳ストレッチ」として、私がその日の朝に何時から何時まで、何の教材で翻訳ストレッチをしたか、を終了直後に公開しています。

以前も書きましたが、日々の努力はじみ~(地味)です。ですから、翻訳ストレッチが生活習慣化していないと、「簡単なことの組み合わせ」(1日だけならだれでもできるはずのこと)が、単調な、退屈なことの繰り返しに感じてしまう瞬間や、「こんなこと続けても効果あるのかなあ」「もっと手っ取り早く(魔法のように)翻訳力のつく方法があるんじゃないの?」と思ってしまう時期が来るかもしれません。

でもでも、僕は続けていますよ。もう10年以上ですから。

「いいね!」がつこうかつくまいが、と言いますか、SNSを知る前から試行錯誤しながら続けてきたし、今後も続けていますので、「アタシ毎日続けているわよ」という貴女も、「ちょっと最近さぼってるなあ、俺」という貴男も、時たま私のタイムラインかTwitterを見ていただければ、「あ~あいつまだ飽きずにやってるわ」という姿が見られますぜ(Twitterでは「翻訳ストレッチ」で検索していただければ私および私と同じように取り組んでおられる皆さんの書き込みを見ることができます)。

(あ、そうそう、フェイスブックは「お友だち限り」なので、私と「お友だち」ではなくて翻訳ストレッチの詳細版をご覧になりたい方は、どうぞ私宛にお友だち申請してください。でも、その時には必ずメッセージを添えてくださいね。「黙ってお友だち申請」を僕はコミュニケーションだと思っていないので)。

大丈夫。僕は止めない。

1日だけなら簡単にできることを、340日は続けてます。

その姿(記録)をご覧になって、再びやる気になってくれれば「言い出しっぺ」としては本望です。

ではまた、おたがいに頑張ろう!!

(余談)実はこの号では、あと2つ関連記事があります。

① 88ページに「朝から晩まで翻訳三昧 好きなことをしているからフリーランス生活は楽しい」というインタビューも掲載されています(関西の皆さんには少しお話ししたかも)。

② 184ページには、現在発売中で人気赤丸急上昇中の(?!)『ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現』3冊プレゼント企画もあります。

そいじゃあ、また、どこかで。

あるべき翻訳教室とは?

ふと思ったんだが、翻訳を教えるって、自分の生活をある程度さらけ出すことではないか。そうしないと説得力を持たないのではないか、と昨晩から今日にかけて感じた。合理的な根拠はない。

先日の柴田元幸先生も、土屋政雄先生も、一昨年聞いた村井章子先生も、お三方の「実生活」が透けて見えていたような気がする。ちなみに研究社の編集をされながら青山ブックセンターで文芸翻訳を手弁当でなさっている金子靖先生なんか、補習(懇親会)も含めれば「その壮絶な、いや修行僧のような、激烈な文芸編集者生活」そのものだかんね(最高に褒めているんです、一応誤解のなきようお願いします)。

だから聞いてて納得感がある。思わず唸っちゃう。自分も付いていきたい。そう思うんじゃないかな、いや僕はそう思ってる。

それに対して、今目の前にいる講師の話している内容と、彼または彼女の実生活が乖離しているように感じた瞬間、つまり今目の前に展開されている「舞台」が、単なるその場限りの「お飾り」である、と聴衆(または生徒が)が感じ取った刹那に、その教室の魅力は失せてしまうのではないか?

なぜなら翻訳は地道な努力賜物、つまり時間がかかる仕事なので、どうしてもそのノウハウや技術には「実生活」が反映されるはずだからだ。

幸い僕がこの2年ほどに参加したセミナーの中に、「講師によるその場限りの、お高くとまったお飾り」「講師の自慢話のための舞台」「口当たりのよいだけの、反論はできないが薄っぺらい『あるべき論』」はなかったけれども。

いわゆる「チェッカー」をやって気がついたこと。

A、B、C, Dさんの翻訳を僕が校閲し、Eさんの翻訳をBさんが、そしてFさんの翻訳をCさんが校閲し、最後にA~Fの校閲済み翻訳の最終チェックを僕がやる、というちょっとあまりない経験をした(僕は翻訳をしていない)。

分野は金融。A~Fさんともかなりの経験を持った実力者揃いである。

複数の翻訳を見比べ、最終的に日本語をまとめて行く上で感じたことを5つ書いておく。

1.結局(金融)翻訳者の実力の違いは、①事実とロジックをどこまで理解しているか。その上で②(原文の)書き手の不備(事実誤認やロジックの甘さ)をどこまでとがめられるか、③そこを補って日本の読者向けにどこまで筋の通った読みやすい日本語にできるか、に尽きる(ここが文芸翻訳との決定的な違いだと思う)。

2. 校閲者は翻訳者と同じぐらいの経験と知見のある人が当たった方が良い。少なくとも新人の仕事ではない。

3.きちんと調べる、ミスをしないようにするというのはいわば翻訳者にとって当たり前のことだ。その翻訳者に対し「ミスをするな」「きちんと調べ物をせよ」という追加的なプレッシャーをかけることは余計な負荷をかけていることにならないか?人間はミスをする動物だ。しかしミスを防ぐために翻訳者が3回チェックするよりも、翻訳者が1回、校閲者が1回見直した方がはるかに仕上がりは良くなると思う。

4.翻訳者は、自分の翻訳文に愛着とこだわりがある。一方校閲者は元々の翻訳文を自分がつくっていない分だけ、新しい視点や思い切った表現を思いつくことがある。あくまでも翻訳者の元の翻訳を尊重するという方針の下で事実を確認し、日本語を補正していくことは付加価値を生む。

そうだ、もう一つ大切なことがあった。

5.翻訳者と校閲者は適当に入れ替わった方がよい。翻訳者は校閲者の、そして校閲者は翻訳者の陥りやすい問題点を理解しやすいし、何といっても相手の立場や気持ちが分かる。これは大きいと思う。

 

原文を聞いて訳文をチェックする

先日ある翻訳者の方とメールでやりとりしていて、僕が音声を使って翻訳チェックをしているのを勘違いされて「私も鈴木さんにならって日本語を聞いてチェックしている」と書かれていたので誤解に気がついた。

僕は、英語(つまり原文)の音声を聞いて日本語のチェックをしています。

日本語を読みながら英語の理解とズレていると感じる、あるいは英語がスッと頭に入ってこないことがある。僕の場合、理由は二つです。

(1)訳文がどこか原文とズレている。
(2)英文と日本語の構造の違いから、訳すときにわざと大きく日本語の組み立てを変えている。

(1)の原因は、「目では見落としていた」訳抜けや、特に助動詞と副詞を中心とするニュアンスのズレです。それと、文章で強調したい点が音で聞くと(目で追うよりも)はっきりわかります。例えば、理由を強調したいのか、結果を強調したいのか、といった点です。

(2)の時は音声を止めて入念に英語と日本語を読み直し、「これは音で終えなくても大丈夫」ということを確認します。

お勧めします。

日本語音声のチェック?

以前はやっていたのですがソフトが動かなくなったのでサボり(恥)、自分で音読して補っています。