金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

心に響いた言葉(6月11日「『ティール組織』探求セミナー 自主経営(セルフ・マネジメント)って何だ?」から) 

以下は6月11日に行われた

『ティール組織』探究シリーズ「自主経営(セルフ・マネジメント)って何だ?」堀田聰子×柳澤大輔×嘉村賢州 | Peatix

 

でなされた面白法人カヤック代表取締役CEO柳澤 大輔さんのご発言のうち、私の心に刺さった言葉のメモである。同社は「ティール組織」だと思う。

今回のセミナー、『ティール組織』の内容紹介の意味合いもあって、嘉村賢州さん(本書の解説者)、堀田聡子さん(ビュートゾルフに以前から密着し深く研究されておられる研究者、慶応大学大学院教授)から実にわかりやすい内容説明と解説、ビビッドな実例紹介が行われたのだが、私は本書の翻訳者なので、つい「本書に書かれていないこと」に注意が向きがちのメモとなっている。それが柳澤さんのご発言ばかりが私の心に響き、ついメモしてしまった理由だと思う。

以下はすべてご自分の会社を20年経験してきた上での柳澤さんの実感であり、引用符で「ティール組織」とあるのを「カヤック」と読み替えていただいてよいのだと思う。つまり、もしカヤックがティール組織ならば、ティール組織は・・・というコメントである。一言一言が理論とか絵空事ではない。だからズシンと来る。

 

「『ティール組織』なんて知らなかった。嘉村さんから『この本の内容は御社に似ている」と言われて読んでみたら、組織の特徴として挙げられているポイントがいちいち当社にあまりに似ていたのでびっくりした」
「ティール組織の経営者は『自分が成し遂げたい』ことではなく『みんなで成し遂げたいこと』をみんなで成し遂げようとする人だと思います。だから向き不向きがある」

「基本的に、集団の中でいい恰好をしたい、目立ちたい、恥をかきたくない、どちらかといえば成果を独り占めしたいタイプは『ティール組織』には向いていないと思いますね」
「ティール組織(というか当社)で行われている意思決定の多くは言語化が難しい。『あ・うん』で決まる」
「当社は360度評価。給与も全員で決め、基本ガラス張りなので誰かの顔色をうかがう必要がありません」
「ティール組織の社員は分業よりも兼業の傾向が高い」
「ティール組織は社内ルールが少ない(信頼の上に成り立っているから)」
「採用基準はただ一つです。『この人と一緒に働きたいと思うかどうか』だけ。4人が面接しますが、面接スタイルは面接官の自由です」

「おそらくレッド組織は入社は簡単だが、役に立たないとすぐに辞めざるを得なくなる(辞めさせられる)。でもティール組織はいったん入社すると辞めてもらいたくないので、この会社に合っているかどうかの目が厳しくなる。その分だけ入社のハードルが高くなると思います」

なお、今月発売の『ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス・レビュー』2018年7月号の特集「アジャイル組織」に記事を載せておられる。

“面白さ”を追求したら生き物みたいな会社になった「つくる人を増やす」カヤックの組織戦略

1週間だけ(公開が6月11日だったので、17日までではないでしょうか?)全文読めるそうです。

(以下引用)創業時の思い「仲間と面白い会社をつくろう」と、経営理念「つくる人を増やす」を追求していくと、アジャイル組織になっていた面白法人カヤック。事業は徐々に、広告やPRの受託開発、ソーシャルゲーム、ブライダルなどと幅広く膨らんでいくが、組織構造はフラットで、意思決定は現場で下されている。存在目的を重視し、自主経営を徹底しながら、全体性を確保している同社は、いま注目されている生命体型の「ティール組織」に近い。アジャイルな組織構造や人事制度の特徴と形成の経緯を、創業者が詳述する。
『DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー』2018年7月号より、1週間の期間限定で全文をお届けする。(引用終わり)(注:17日までで公開は終わっています。ご覧になりたい方は本誌をお求めください)

もう1点、嘉村さんからの「関連発言」で心に残った一言を引用させていただく。

「ティール組織を目指そうと思った経営者がまずすべきことは、半年くらいかけて自分と自分の会社の存在目的は何かについて内省することです」
(11日の『ティール組織』探求セミナーで嘉村賢州さん。著者フレデリック・ラルー氏の発言として紹介されていました)

余談ながら、私は翌日の12日に面白法人カヤックと、前回のセミナー講師だった小竹貴子さんが役員をされ、今回のセミナーの会場を提供してくださったクックパットの株式を購入しました(単位株です)。

**以上、皆さんのご発言に引用符をつけましたがあくまで鈴木の理解です。私にはこう聞こえた、ということであり、文章責任は私にあります。
https://teal180611.peatix.com/?lang=ja

二つの気づき:小竹貴子×阿部裕志「みんなで語ろう、私の組織論」に参加して

7日に英治出版で行われた小竹貴子さんと阿部裕志の対談「みんなで語ろう、私の組織論」ーー英治出版オンライン連載「『ティール組織』私はこう読んだ。」に参加した。

素晴らしいセミナーでした。

とても暖かい雰囲気の中で、普段経営にあたって楽しみや苦しみを経験しているお二人が、まったく飾ることなく今の楽しみと苦しみ、それらを『ティール組織』の内容で整理しながら前に進もうとしている姿勢を示してくださいました。

11日のセミナー(『ティール組織』探究シリーズ「自主経営(セルフ・マネジメント)って何だ?」)にも(仕事さえ詰まらなければ)参加する予定ですが、お二人のセミナーで得た二つの「気づき」を持って出かけたいと思っています。

まず、セミナーでは社員を「育てる」「育成する」という言葉がキーフレーズの一つだったように思います。おそらくこれは『ティール組織』では明示的に語られていないのですが(CEOの交代にあたって、学習期間を設けたという事例は紹介されています・・・ただ、私の勘違いはあるかも)、書いてあってもなくても、実際に経営をしていると、とりわけ今の日本企業においては、どうしてもこの問題を避けて通れないのだろう、と思いました。組織としての全体性(ホールネス)を実現していく上で育成とはどういう位置づけになっていく(る)のか。

もう一つは、ティール組織を目指す際に当然予想される社員間の「コンフリクト(紛争)」をどう解消/解決していく(いる)のか(こちらは本書で事例が紹介されています)。小竹さんのお話のなかでぐっと来たことの一つは、復帰後しばらくして肩ひじ張りすぎて社員が離れていく時期があって、どうしても耐えられなくなって「大泣きしてしまった」と。つまり自分をさらけ出してしまったわけ。その時部下の方から「もっと早く泣いていただければよかったのに」と言われ、その後うまく回っていくようになったそうです。

僕は職業の中では組織から完全に離れてしまって16年になるので、実体験に基づく組織論を語る資格はありません。したがって私の感想なり意見は頭の中のものにすぎませんが、11日のセミナーには上のような問題意識で臨みたい。

最後に僕が属している唯一の「組織」は自分の家族です。その意味ではあるべき家族は何かについて、存在目的、全体性(ホールネス)、自主経営の観点から考える意義は大きいのではないかと思った次第。

 

「一家に一冊『ティール組織』」なんちゃって。

 

(余談)
*50人ほどの観客の中に津田大介さんがいらしたのにはビックリした。講師の阿部裕志さんのお知り合いのようでした。セミナーの中で紹介することもなかったので気づかなかった人もいるかも(いや、あの風貌は気がつくかー。「朝まで生テレビ」で見るよりもずっと大きく見えました、物理的に)。でも全員が敬遠するでもなく、まとわりつくでもなく、節度をもって接していたと思う。それがまた自然な、暖かい雰囲気を醸し出していました。

 

eijionline-teal01.peatix.com

出版翻訳幻想その2 ー 出版翻訳の怖さ 

 出版翻訳についてあと2点(経験者の方はよくご存知の話だと思います)。
 1.今やっている仕事が金になるのは(訳し始めてから、僕の場合早くて)1年後。
1 月に出た『ティール組織』の初版分の印税が支払われたのが3 月。
ここだけ見ると「支払いサイトが2カ月って実務翻訳並みじゃん」って印象持ちます?んなはずないじゃん。これ、2015年の11月からやってます。所要時間は約1000時間でした。
 僕は出版翻訳専業ではないので、それでなくても普通の(=ここでは出版専業の、という意味)翻訳者の方の2倍以上かかっているし、本も分厚かったし、英語も内容も難しかったしね。
訳し始めてからチャリンと金が落ちるまで2年4カ月です。
 2.本は訳し終わるまではかなり「孤独」。
『ティール組織』は訳し始めて数カ月は、「いつ金になるか分からない状態」ですが、そもそも金目当てでやってないのでこっちは大した話ではない。
 訳者としてそれ以上に、精神的にキツいのは「いつ翻訳が終わるかわからない状態」になることです、僕の場合は。
 基本的に編集者の方からは「どうぞご自由に」状態で何ヶ月も放っておかれるので、これは精神的にかなりキツいです。これが長くてもせいぜい1カ月で終わる実務翻訳との大きな違い。この孤独感から逃れるためと、ペースを維持する観点から僕は1カ月に一度編集者に「経過報告」をしています。
  僕は書籍の翻訳中に夜中に不安で目が覚めることが1,2回はあります。『ティール組織』は3~4回はあったと思う。名前が出ることの怖さ。これも実務翻訳との違いかな。
 
・・・それでもやるんだけどね。
 では!

出版翻訳幻想その1 ー 出版翻訳の入り口 

 
「書籍の翻訳って5万ワードから10万ワード(ちなみに『ティール組織』は約13万5000ワード)をお一人に任せるので、どうしても経験者を優先せざるを得ないんです」と先日飲んだOさんは仰っていた。
 だから現実問題として、出版翻訳経験ゼロの人がいきなり1冊をまかせられることはなく、最初は、(僕がそうだったように)「翻訳協力」(自分の担当部分を訳して他の人の部分も修正して1冊の本に仕上げる)だったり、「共訳」になったり「下訳」から入っていく形にならざるを得ないのだろう。
 あるいは翻訳コンテストをやって優勝者に1冊訳させる某社の様に(これはその出版社の方から聞いた話ですが)、編集者が家庭教師のようにぴたっと寄り添って1週間~2週間のペースで原稿提出を義務づけられ、添削されながら進んでいく方法しかないのかもしれない。ちなみにこの会社は印税方式ではなく、買取方式。「(印税方式は)コスト的に難しいです」と仰っていた。
 そこでちょっと気になるのは「下訳」の報酬ってどうか?ということ。
 特に、下訳者が参加していた本が重版になったとき、もっと言えばベストセラーになったときって、下訳者も恩恵をフェアーに得られるのだろうか?ということだ。
 僕はやったことがないのでわからない。ただ東江一紀さんのエッセイに、昔師匠の下訳をやってほとんど金をもらえなかったような話があったので、「修行という名のタダ働き」はかつてはあったのかもしれない。
 それで思い出すのは某誌の編集長さんからうかがった、亡くなった山岡洋一さんについての思い出話だ。山岡さんは下訳であろうが、共訳であろうが、印税はきっちりページ数比例にされていたとのこと。「本当にフェアーな方でした」と。
 実務翻訳者である僕からすれば、それは極めて当たり前のことだ(もちろん、実力や経験によって印税率に差はあっても、また全体をまとめるための印税率の取り決めはあってもおかしくない)。
 もっとも出版関係者のが山岡さんはフェアーだったと感動された、ということはつまり出版には「フェアーではない世界」がまかり通っていた時代があったということなのだろう。
 今は知らない。

『ティール組織』の翻訳について語る会

昨日は、昨年来『ティール組織』関連の勉強会やパーティーでお会いした 半田 志野 さん(NPOの組織基盤や会計のサポート フリーランス)と 榎吉郁夫さん(株式会社ライフスタイルイノベイション 代表取締役)の御発案による「『ティール組織』翻訳者鈴木立哉さんの話を聞く会」で2時間、ざっくばらんなお話しをさせていただいた。

榎吉さんから最初「鈴木さんのお話しを・・・」とのお申し出があったときは「考えさせてください」と保留させていただいた。「ティール組織」については嘉村賢州さんをはじめ学界、ビジネス界の専門家の皆さんがさまざまなセミナーや講演会、勉強会をひらいておられるわけで(そのうちの一つにも僕は聴衆として参加した)、翻訳者として「ティール組織」について語るのは分が違うと考えていたし今もそう思っている。英語英文学の専門家である柴田元幸先生が「ハックルベリー」について語るのとは訳がちがうのだ。

「いやいや、いいんです。翻訳を通じて見えた『ティール組織』で構わないんですよ」と半田さんと榎吉さんさんから背中を押され、「では、茶話会の延長のような形でなら・・・」というのが昨日の会でした。

翻訳に至った経緯(すでにブログで公開済みだが、もう少し生々しいやりとりや展開)に始まり、いくつかのキーフレーズをどのように決めていったのか?ルビが多いのはなぜか?なぜあれだけの時間がかかったのか(もっぱら僕の能力不足なのだけれど)?、あくまでも訳者としてティール組織をどう捉えて訳していたのか、そして(昨日ご参加の皆さんは、翻訳とは無縁の生活を送っておられるので)書籍を訳すのに実際どれくらい時間がかかるものなのか?、普段どういう生活を送っているのか?・・・等々、スタッフも含め20名ほどの皆さんを前に2時間、その後懇親会と、皆さんの視線が温かかったのが何よりも嬉しかったです。半田さん、榎吉さん、受付していただいたエリックさん、ご苦労様でした。そしてご参加の皆様、ありがとうございました。

書籍広告のイノベーション

私がABDに参加した時、嘉村さん(『ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現』の解説者でABDの伝道者)は「ABDで唯一問題があるとすれば、本を裁断しなければならないことです(そうしないと参加者全員が本を買わなければならなくなり、読書会の目的と乖離してしまう)。それが本に可哀相で・・・」とおっしゃっていた。

無料でゲラ(原稿の刷り出し)を提供すればその問題は解決する。しかし、

「皆さん、読書会のためにわざわざ本を買う必要はありませんよ!」とアマゾン上で宣言しちゃう。

これってやっぱ前代未聞だと思う。一種のイノベーションだろう。英治出版さんの発想力スゲー。

【読書会ガイドを無料公開! 】
本書の出版以降、各地で多くの読書会が開かれています。
そこで、解説者の嘉村賢州さんのご協力を得て、主催者・ファシリテーターのための「読書会ガイド」を作成しました。
さまざまな状況を想定した場づくりのヒントをまとめていますので、お役立ていただければ幸いです。

また、多人数で同時に読書・対話を行う「Active Book Dialogue」を行われる方には、無料でゲラ(原稿の刷り出し)を提供いたします!

本を断裁・分割することなく、読書会を開催していただけます。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4862762263/

出版社はどこまで本気で出版翻訳者を育てる気があるのか?

3月10日付け日経新聞読書欄「活字の海で」27面は「非英語圏の翻訳者どう確保 コンクールで新人発掘も」は、視点は面白かったが新味がなかった。

タイトルから想像される内容だが、最後の段落だけ引用する。

 

(以下引用)

こうした中、新たな動きも出てきた。「新しい韓国の文学シリーズ」を刊行するクオンが、新人翻訳家の発掘を目的とした翻訳コンクールを初めて実施したのだ。受賞作はシリーズ19作目として出版され、翻訳家デビューが約束されている。応募者は200人超。同社の金承福代表は「想定を大きく上回る盛況に驚いている。応募者の中から才能を見いだし、第一線の翻訳者に育てたい」と意気込む。(引用終わり)

 

「見いだす」(発掘する)まではよくわかる。引っかかったのは、「第一線の翻訳者に育てたい」という一言。この出版不況の中、英語圏の書籍でも厳しいのに、どうやって育てるの?週刊少年ジャンプみたいに一定生活を保証できるの?「第一線の翻訳者」ってどういう意味?そうなったら彼ら彼女らの生活はどうなるの?と思ってしまう。