金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

「ビジネス書大賞 2019」経営者賞 授賞式で話したこと

昨日は「ビジネス賞大賞2019」の授賞式(『ティール組織』が経営者賞を受賞したため)。2分間のスピーチをと言われていた。慣れないので即興のスピーチは無理。2分だと「あ~、え~」で終わってしまう恐れがあると思い原稿をつくり、家で2,3回練習してから行きました。

以下はその時によませていただいた原稿です。

この機会に、是非3人の方にお礼を申し上げたいと思います。まず、実務教育出版編集部の岡本眞志さんです。ちょうど4年前の今頃、ほとんど自費出版に近い本書の原著を見つけ出し、僕に合うのではないかとお勧めいただいた本当の目利きです。これだ!!と思って3回読み、40時間かけて10枚のレポートを提出したのですが、同社の企画会議に落ちてしまいました。二人で残念会をやり、あまりに悔しいので企画書を他社に持って行きたいと申し上げたところ「僕も悔しいです。是非」とご同意いただきました。岡本さんが「ウチでなければ英治出版さん!」とお勧めいただいたものの、二人とも伝手がなく、やむを得ず同社ホームページの読者お問い合わせページから、「実は素晴らしい本の企画があります」とアクセスしたのです。

その無名の翻訳者の投稿に目を留め、「どういう企画ですか?」とお返事を頂いたのが、本書のご担当となる下田理さんでした。しかも私は金融翻訳が本業で、翻訳の大半が2016年、つまり中国では経済成長率が鈍化して世界経済への悪影響が本格的に懸念される中、イギリスではブレグジットが可決され、アメリカではトランプ大統領が当選という未曾有の年で、市場は1年中大荒れ、本業が忙しすぎで本書の翻訳が遅々として進まなかったにもかかわらず「どうぞ鈴木さんのペースで」と忍耐強く待っていただき、素晴らしい本にしたててくださいました。

そして、解説をお願いした嘉村賢州さん。本日もトークセッションでお話になりますが、ティール組織の翻訳をだれよりもお喜びいただき、各種のセミナーやご講演で考え方を多くの皆様に広めていただきました。訳者である私は訳しただけでぼーっとしているうちに、どんどん宣伝していただいたようなものでして、ここまで売れましたのは嘉村さんのお陰と言っても過言ではありません。岡本さん、下田さん、嘉村さん、そしてもちろん、読書会用のゲラ無償提供など、前代未聞の企画を次々と打ち出された英治出版の皆様、ここに改めて御礼申し上げます。本当にありがとうございました!

 (ここまで)

 

関係者の皆様に改めて感謝いたします。ありがとうございました。

 

https://twitter.com/eijipress/status/1146742672092041217

 

 

「ベストセラー書籍『ティール組織』はなぜ日本でヒットした?翻訳者が語る驚きの裏話」の裏話。

インタビューアーの板東さんと直接知り合いになったきっかけは、六本木にある「ティール組織の肉汁水餃子専門店 餃包」でした。

インタビューにもありますように、私が朝の日課で「ティール組織」をエゴサーチしていると、「ティール組織の・・・」で見つけたお店でした(ちなみに私がエゴサーチをしてお返事を書いているのは『ティール組織』だけではないのですが、他の本は2カ月に1度ぐらいでも十分でございまして(恥)。『ティール組織』は、ある時から毎日相当数に達したためきりがなくなってしまい、お返事する時間を15分まで、と決めた次第)。中華大好きなんで、行ってみたいなあと思っていたら、板東さんが「行ってきました!超美味かった!」という書き込みが。さっそく「先を越された・・・」とコメントしたところ、「飲みに行きません?」「行きましょう!」 

で初めてお会いしたのが、確か今年の1月。ガンガン飲み食いして「じゃまたお会いしましょうね!」とお別れしたのでした。それがまさか、インタビューにまでつながるとは・・・。ご縁とはわからないものです。

なお、このインタビューは、板東さんの発案で「公開」で行われました。4名の方にお集まりいただいて2時間。その後都合のつくメンバーで飲みに行きました。とっても楽しかった。

 板東さんには、あの支離滅裂な私の話をよくここまでスッキリまとめていただきました。ウチの妻なんか、このインタビュー記事を読みながら、「え、こんなことがあったの?あんなことがあったの?・・・え~、『ティール組織』ってこんな本だったの?難しい理屈がわからない私にもすご~いわかりやすい。なんか本を読んだきになった!」な~んて。俺、ここに書いてある話、全部話してたんだけどなあ、と喜んでいいのか、悲しむべきか(笑)。

 独立以来17年間、付き合う相手はほとんどが同業者だった僕にとって、比較的若い世代の経営者の皆様とお会いできる機会がこの1年で一気に広がったのは、『ティール組織』を訳したおかげです。その意味でも、僕はこの本に感謝しています。

 板東さん、心からお礼を申し上げます。本当にありがとうございました!!また飲みに行きましょう。

  

https://tebanasu-lab.com/pickup/5183/?fbclid=IwAR07MBnfLF8XwmjbakgWVW769qzB2N9V2amiQNXdMLgcrdbA6offku_2ukU#RPRAcb6.facebook_responsive

 

*なお、このインタビューは、昨年に私が書いた「本当の目利き ー 『ティール組織』(原著)を発見した人」と読み比べていただくと面白いかもしれません。

 http://tbest.hatenablog.com/entry/2018/02/17/101958

 

 

 

サイボウズ社の株主総会に行ってきたぞ――!

土曜日(30日)の午後、13時~19時ぐらいまで、サイボウズ株式会社の株主総会関連イベント3つに出席した。以下、いくつか印象に残ったシーンを思いつくままに。

(お断り)以下はあくまでも私の感想であって、報告・要約ではありません。「」で括った引用文もあくまで私(鈴木立哉)にはこう聞こえた、私はこう解釈したという意味であって、聞き間違いや誤解があるかもしれません。つまり、ここに書かれている文章の責任の一切は私にあります。 

ティール組織がきっかけで知り合った方々からこの会社を知り、青野社長と嘉村賢州さん(『ティール組織』解説者)との対談等を読んだ上で、この会社はいい!と1月に株式を購入(単位株ですけど・・・)。株主総会とこのイベントを知ったのが2月。12月決算で1月に購入しているので、僕の名前は株主名簿に載っていないのだけれど、何と株主でなくても申し込みをすれば誰でも参加できるということで申し込みをする。「定員を超えたら抽選」とあったので、申込書の備考欄に「『ティール組織』の翻訳者です」と書いたことが効いたのかどうか無事当選した。

まずは青野社長。「利益よりも株価よりも理念を大切にします」なんて、大勢の株主を前にすると、よほど勇気があるか、自信がないとまず言えない。それを青野社長は、パネルを使って堂々と説明しておられた。その姿勢に素直に感動した。

嘉村賢州さん。「600ページの本の中身を15分で要約します」、といつもの通りわかりやすいお話。その後のパネルディスカッションでも組織論/著者のラルー氏の考え方をかみ砕いてご説明いただきました。ありがとうございます!

「私は会社の利益を『うんち』にたとえています。健康な身体で、健全な運動をしないとうんちは出ない。うんちが出ないのも困る。会社経営も同じだと」。これは、パネル・ディスカッション「チームワーク経営とティール組織」で伊那食品工業株式会社の塚越寛会長のご発言。「会社は(人間における食べ物と同じで)利益を出さないとつぶれるが利益を出すことが目的ではない」と断言したホールフーズ・マーケットのジョン・マッキー創業社長(拙訳書『世界でいちばん大切にしたい会社』)に通じると思った。

「ウチはレッドや~!」。同じくパネルディスカッションの岡田元全日本監督のご発言、というか叫び。この自嘲的なご発言は、そうでない姿を真剣に目指している真摯で謙虚な姿勢が垣間見えてとてもほほえましかった。ぐっとお近づき、というか改めてファンになりました。

「社長の周りにおつきがぞろぞろいる会社はダメな企業の印」。経済学者崔真淑さんのご指摘。青野社長は「たしかに~気をつけます」と頷いておられた。

株主総会も極めてオープン。事前申し込み制とは言え、株主でない人も参加できる(ただし株主総会で発言できるのは株主のみ。非株主はネットを通じて質問できる)。写真撮影、SNSでの報告オーケー(ただし動画はNG)。

僕の知っている「株主総会」のイメージは警備に囲まれ、前3列は社員株主が席を占める物々しい雰囲気の「儀式」だ。あらかじめ分厚い想定問答集を作り、不慮の発言に備えて議事進行を進める練習までする(リハーサルまである)という20年前のイメージだったのだが(実は私は社員株主として1回、想定問答集作りで1回、某証券会社の株主総会に関わっている)、サイボウズ社の株主総会のあまりの明るさと開放感に、「やはり時代が変わったからか~」と思っていた。ところが株主質問の中に、「私は某社で株主総会を担当していますが、今日は唖然としました」とおっしゃっていたので、あ~なるほどサイボウズが進んでいるんだと確信した。

株主総会の後は別室に移り、軽食を取りながら「株主のから騒ぎ」。大阪弁丸出しのM副社長が司会になって、あらかじめ選ばれた6人の株主さんたちと丁々発止のやり取り。「社長、株価については絶対ツイートしないでください!」「スミマセン!!」なーんて会話が飛び交っていた。

40分ほどでこのイベントが終わって解散。せっかく来たので社長に挨拶して帰ろうと思ったが、さすがに敷居は高いだろうと、念のため自分の名刺に挨拶文を書き、すべてのイベント終了後に後片付けをしているスタッフの方に名刺を見せて「青野社長にご挨拶できませんか?」と恐る恐る申し出ると、「あ~その辺にいらっしゃると思います・・・ほらそこ!」とあっさり教えてくれ、すぐに近づけたのでメモ付き名刺は要りませんでした。こういう社員の皆さんの仕草や参加者への発言に会社の”雰囲気”が出ていると思った。

社長に名刺を渡し、自己紹介したら「本当に素晴らしい本を訳してくださってありがとうございました」と、NHKの歌のお兄さんみたいな、実に腰の低い、優しい方で、ご挨拶に伺ったことを心から喜んでくれたように思え、嬉しかった。

その後に「株主のから騒ぎ」の司会をしていたY副社長にも名刺をお渡しする。「あ~あなたが・・・」と絶句され、「とっても意義深い株主総会と楽しいイベント、どうもありがとうございました!」と挨拶して帰りかけると、「鈴木さん・・・・Sさんご存じですか?」

「え、S・・・ああ、旧姓Sの翻訳者Iさんですね?」「はい、実は僕、前職の時の同期入社なんです。先日『ティール組織を訳したのは、私がよく知っている翻訳者なのよ』って教えてくださっていたので、いつかお会いできるかと楽しみにしていたんです」「それはそれは・・・」なーんて新しいご縁もできました。

このイベントに半日費やして本当に感動し、同社の株を買って良かったと思ったし、来年以降もずっとこのイベントに参加し続けようと思うほど、僕の「株主総会」観を完全にぶち破る、開放的で明るく、株主にも参加者にも優しく、しかも無駄のないイベントでした。・・・というわけで、私は本日(4月1日)に妻を説得してサイボウズの株を買ってもらい、来年からは夫婦で株主総会に出席する予定である。毎年ね。

最後に、出席者への案内から後片付けまで、裏方として奮闘されていた同社スタッフの皆様、土曜日出勤ご苦労様でした。株主総会という特殊な日に、出席者にフラストレーションを全く与えることなく「何も事故が起きなかった」状態を実現したご努力は並大抵のものではなかったと思います。心から感謝!ありがとうございました!!

 

 

https://cybozu.co.jp/events/symposium/

出版翻訳雑感

ここ3日ほど、書籍中心の生活を送ってきた(要するに、実務翻訳が暇だったということです)。毎日5~6時間やっていて、なるほどこのペースなら3カ月で1冊は行けるかなと思いました。ただ勝手知ったる(調べ物は確認が多い。調べるポイントも分かっている)実務翻訳とは異なり、書籍の場合、引用文については極力原文を当たるし、訳書があれば取り寄せて、場合によっては全部読む必要があるので、単にワード数でパッと訳すわけにはいかない。引用文の前後を読む必要があるのと、訳書がある場合は訳文の確認をどうしてもしておきたいからだ。

これは僕の印象だけど、原文(原著)はたいていネットで見つかる。特に古い(10年以上たった)本の場合はまず100%ある。新聞雑誌もある程度年数がたっているとほぼ全部読める(アーカイブは公開しているのかな?:未確認)。

訳書は、自分の英文の理解が正しいかの確認用で、自動的にそのまま使うことはない。あくまでも参考程度にとどめる。ただしその訳書を読む人もいるだろうから、そのまま使えるのであれば使うようにするし、似たような文体にするとか工夫はします。越前先生の書籍などを読むと、文芸翻訳の場合は既訳をほぼ絶対視しているような印象を(僕は)抱いていますが、ノンフィクションは村井章子さん方式、つまり「自分が理解した英文をわかりやすい日本語にする」というスタンスが正しく、既訳にとらわれる必要はないだろうと思っている(ある学問分野で定訳が確立しているものは別ですが)。

そんなこんなで、訳している時間もさることながら調べ物が実務よりも多くなるので、1冊訳すとどんどん参考文献が増えていく。全部買っていたら結構金がかかるし、一行を確認するために一冊買うのももったいない。しかも初版を前提とすれば印税は安いので、まずは図書館で取り寄せます(我ながらセコい)。図書館にない場合、あるいは極めて重要で残しておきたい場合にのみ購入する。

お金がかかるということで言えば、僕は書籍を訳す場合は、英語のネイティブ・スピーカーにお金を払って(もちろん自腹です:『金融英語の基礎と応用』の時は1300強の英語原文の校正をお願いした関係で、編集部に交渉してお金を出してもらいましたが、あれは例外)質問をぶつけて答えてもらうようにしています。毎回、1冊いくらで契約して、わからない箇所につき意見を求めるわけです。

以上書籍翻訳に関する余談まで。今日から年末まで実務翻訳が忙しくなってくるので、気を引き締めないと。

よい1日を!

『ティール組織』が「日本の人事部 HRアワード」書籍部門の優秀賞を受賞

昨日のお昼過ぎ、編集後担当の英治出版の下田さんからご連絡があり、受賞を知った。

良い本だという確信はあったけれども、正直言ってここまで話題になるとは思っていなかった。訳している最中に、妻に「間違いなく素晴らしい本なんだけど、今回もたぶん売れないかも・・・」と言っていました(今、妻は「やっぱりお父さんの勘は当たらなかったね、いつも通り」と言っている)。

もちろん、これだけ話題になったのは時代の流れみたいなものが味方してくれたのだとは思うのだが、まずはなんと言っても、無名の翻訳者からホームページへの一通の「企画があります」メッセージを拾い上げてくださった、ご担当者下田理さんをはじめとする英治出版の皆様、そして本書の価値を早くから認め各種のセミナーで取り上げご紹介いただいた嘉村賢州さんのご尽力が起爆剤になったことは間違いなく、ここに改めて御礼申し上げたい。ありがとうございました。

また、昨日あわててツイッターフェイスブックでご報告したところ、多くの皆様からお祝いの言葉や「いいね!」をいただきました。ありがとうございました。

精進しよう。

 

hr-award.jp

「素人さん」「アマチュア」「ひよっこ」「駆け出し」

出会った言葉:
 校閲者が「日本語のプロ」「日本語の専門家」だと思っている人は、意外に多いようです。……
 それは、違いますね。自分を専門家だ、日本語の知識は誰にも負けない、などと思っている校閲者は、はっきり言ってダメな校閲者です。己を疑わない校閲者に、校閲はできません。
……
……調べずとも済む当たり前の部分と、「これはちょっと確かめておかないと危ないぞ」という部分との匂いを嗅ぎ分けて、危ない部分は慎重に調べて行く。ここらへんの呼吸は、長年失敗を繰り返して身につけていくしかありません。「言葉の素人」であることを常に訓練しているような者ですね。
校閲者は「言葉の素人」のプロ 『その日本語、ヨロシイですか?』井上孝夫著 新潮社 p15-16)

 

 ご紹介した文章は、11月に著者の方のセミナーに行くので事前学習に読んだ著書の一節から引いたものですが、ことさら校閲者というというよりは、職業人(特に専門職と呼ばれる人々)として身につけておくべき謙虚さの重要性を説いた文章として読みました。

 自分のことを言うならまだしも、その仕事を始めたばかりの他人を「素人さん」「アマチュア」「ひよっこ」「駆け出し」と呼称する態度を許容する雰囲気に嫌だな、と僕は思います。かつて証券会社の引受部門にいたときにも同じことを感じていました。転勤が多い証券会社の中で、この道何十年という人がたくさんいたのです。もっとも当時(25年前)の証券界はもっと言葉がキツくて「このど素人がぁ!!!」「くそガキ!」てな感じの言い方でしたが(今は違っていると思いますけど)。

 専門職と言われ、同じ職種に長くついていると、そしてそういう同類がある程度集まってくると、同じムラの中で自分を他よりも上に置いて置きたいという風潮が生まれやすいようです。そういう雰囲気が本当に嫌だった。

 翻訳教室や講演会に行くと、講師の方が時たまこういう言い方をすることがあり、ご本人は悪気がないのでしょうけれど、そのたびに昔のことを思い出し、「ああこの方もムラ社会の悪習に染まっているなあ」と不愉快にもなり、残念な気持ちになったものです。

 「鈴木君、誰でも最初は素人さ。千里の道も一歩からだよ」入社8年目で突如引受部門に配属されて先輩方からいじめられて落ち込んでいたときに先輩の一人から掛けていただいた言葉を、僕は今でも、感謝とともに、その声音まで覚えています。

校閲者(チェッカー)が自己主張を始めたら・・・

校閲者が自己主張を始めたら終わりだと思う。

最初の翻訳者をリスペクトし、その翻訳を生かす。自分はあくまで黒子であると肝に銘じ、なるべく元の翻訳に触らず、一定の質を保つために最低限必要な修正案を施す。

そして時間の余裕があれば、その修正案を翻訳者に見せて、最終決定権を翻訳者にわたす。

ある仕事で、僕はなるべくそうしようと努力しているのだけれど、時に自分の「我」が出てしまうことがあるのは戒めないと。

そして、最低限必要な修正を施しているはずなのに、大半が訳し直しになってしまったら?翻訳者を代える(能力がないから)か、校閲者を代える(分をわきまえてないから)しかないんじゃないかしら。

いずれにせよ、校閲、いわゆる翻訳チェックは、翻訳志望者にできる仕事ではない。少なくとも「翻訳者になる前に、まずはチェックから・・・」は順番がちがう。