金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

日本企業の英語版ホームページ

意外と注目されていないと思われる翻訳の重要テーマは日本語→英語(外国語)だろう。

①特に「書かれている日本語の言語的な意味はこうだ」(和文英訳)よりもむしろ(←ほとんどの「英訳」がこれ。この需要は今後も多いだろう)、

②「諸外国に対するメッセージや主張を英語で伝える」ための原文として書かれた日本語の翻訳だ。
たとえば、いつまでたっても、日本人が日本人のために書いた日本語の和文英訳を「自社の英語版ホームページ」とド勘違いしている会社が圧倒的ではないかな。