金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

よい講演者は「聞き上手」

14日にティール組織に関する様々なセミナーに参加してつくづく感じたのは、登壇された皆さんは押し並べて「聞き上手だなあ」ということだった。

それは、セミナーのようなな場では対談相手の人の話によく耳を傾ける、といった形で現れる。私が参加したセッションや分科会で、相手が話をしているときにそれを遮って話される方は一人もいなかった。いったん聞いて一呼吸置き、話すというような「間」のようなものが全体的に落ち着いた雰囲気を醸し出していたと思う。「そういう経営をなさっている」人々の集団ではないか、と想像した。

僕は相手の話を遮って自分の主張をしがちな人間なのだなあ、と聴衆の一人として参加しながら自分が恥ずかしくなりました。60に近いのでなかなか変わらないとは思うけれど、少しは自己変革したいなあと。今日の新聞を読んで改めて思った次第。

tbest.hatenablog.com