金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

「『頭』よりも『手』を動かすことに時間をかけた方が、表現の質は高まりやすい」:出会った言葉:3年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(224)

(1)3年前の今日
「時間をかければかけるほど、よいものができる」というのは、ある一面では真理かもしれない。しかし、できることなら、「頭」よりも「手」を動かすことに時間をかけた方が、表現の質は高まりやすいと言うことは、ぜひとも覚えておいてほしい。
(『直感と論理をつなぐ方法』p222 佐宗邦威著、ダイヤモンド社

https://www.amazon.co.jp/dp/4478102856

*「『速さ』こそが『質』を高める」という節の中の一言。筆者は、じっくり考えるよりもとにかく手を動かしながら早く仮の完成形をつくろうとし、その過程で何度も失敗した方が完成度が高まる、とプロトタイピングの有効性を説く。翻訳にも全く同じ事が言えると共感。*今日の言葉:「『速さ』こそが『質』を高める」という節の中の一言。筆者は、じっくり考えるよりもとにかく手を動かしながら早く仮の完成形をつくろうとし、その過程で何度も失敗した方が完成度が高まる、とプロトタイピングの有効性を説く。翻訳にも全く同じ事が言えると共感。