金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

「『単純化しないと理解できない』なんて誰が決めたの?」:出会った言葉:昨年~4年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(232)

(1)昨年の今日
職場でも学校でも政治の話題を持ち出す人間は敬遠されることになっている。そのくせ投票には行けという。バカにすんな。
小田嶋隆著、武田砂鉄撰『災間の唄』(株式会社サイゾー)p169)

https://www.amazon.co.jp/dp/4866251301

(2)3年前の今日
「『単純化しないと理解できない』なんて誰が決めたの? 複雑なものを複雑なまま吸収し、自分の理解をつくっていく――そんなことは赤ちゃんだってやっているのに」 佐山弘樹氏(ニューヨーク州立大学ビンガムトン教授
(『直感と論理をつなぐ方法』佐宗邦威著、ダイヤモンド社、p141)
*本書には発見が多い。
それは僕に「デザイン思考」の脳が備わっていないからなのだろうが、今日の言葉を読んで(この言葉は佐宗さんご自身がハッとさせられた言葉として紹介されている)、この本の魅力の一つは、著者である佐宗さんご自身の発見がちりばめられているからではないか、と思い始めた。

まあ、何しろ僕の目には新鮮な視点/提案ばかりで毎日読んでいて嬉しくなる・・・こういうのって、毎日5分程度の音読だから気付くのであって、一気に読むと分からないかも。「翻訳ストレッチの効用」かな?なんちゃって。

www.amazon.co.jp

(3)4年前の今日
祈るべき天とおもえど天の病む  石牟礼道子
(『第七 折々のうた大岡信 (岩波新書)p125より)

www.iwanami.co.jp