金融翻訳者の日記

自営業者として独立して10数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

東プレのキーボードを購入する

 

東プレのキーボードが来た。

使っているラップトップパソコンのキーボードが馬鹿になったので慌ててケーズデンキに走って5000円のキーボードを買ってきたもののカチャカチャうるさいし、エンターキーが重くて小指が疲れてくる。

尊敬する翻訳者のお一人K姫に「絶対お薦めのキーボードありますか?」と問い合わせのメールを送ったのが3日前だったかな。彼女とは分野が違うのだけれど、こういったインフラ関係についての見立ては確かなので困った時には相談している。「いろいろ浮気したあげく結局東プレ」。「よしこれで行こう!」ヨドバシ・ドットコムで事実上1万5000円台で買えた話は先日書いた。

http://www.amazon.co.jp/dp/B00133BGF6

さすが東プレ。タッチが全然違う。妻は「スコスコって感じで軽いね。でもあんまり違いがわからないなー」とは普段仕事で使っていない人間としては標準的な反応だろう。

「思ったよりずっと良いね。結構感動。ただ、今までは手首を下に落としていた(台で支えていた)のだが、解説書に「手首を浮かせろ」と書いてあって最初はとまどったものの、慣れてみるとこちらの方が快適ですね。自由が利くし。アドバイスありがとう」

とメールしたら、

「マニアックですが、これもお勧めよ(笑)」
http://www.ergorest.jp/01/

念のため当社の経理担当専務に相談してこちらも購入決定。

独立13年目にしてようやく「快適な仕事環境」という観点からのインフラ整備に関心が向き始めたのは情けないが、徐々に揃えていきます。いや~本当にいい友だち持ったですわ(私は心の中でインフラの師匠と呼んでいるのだ)。才色兼備だし(て書くと「こら、勝手にハードル上げんなっつーの!」と怒られそう)。酒強いし。食事の趣味合うし。

感謝感謝。