金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

訳者から上がってきた翻訳原稿

あるビジネス書の翻訳での話。同じ著者による同じテーマの本が何冊かすで出ていて、訳書を参考として渡されていた。訳語、言い回しともに大いに参考になったので、編集者と会話した時に、

「あれ、大いに助かってますよ。訳文も読みやすいし・・・」

と言ったら担当編集者の方、

「出来上がった本はいいんですけど、大変だったんです~ぅ」。

要するに翻訳者から上がってきた原稿は、結構荒っぽかった(要するに、読みにくかった)らしい。

「……もう、直しが大変で大変で・・・私も相当手を入れましたし、監訳者からもかなり朱がはいりまして・・・本当に苦労したんです(声が泣きそうな感じ)」

「あ~それは大変でしたねえ」と答えながら、自分もそう言われないよう気をつけねばと思いましたよ、そりゃ。