金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

SNS上での論争は「ご飯論法」になるので意味がない

SNS上での意見交換は本質的に「ご飯論法」の応酬になるので、まともな議論は成立しない。

・自分の意見や感想は「言いっ放し」が基本。
・だれかの意見に対するコメントは「賛成」した場合のみ。
・反対したい場合でも、書き手の意図を尊重し、いきなりの否定や反論からは入らない。反論する場合には、相手の意見を尊重すると明示的に述べた上で、反対する論点一つに絞って、それに対する意見を述べる。
・当初の書き手からの再反論があった場合は、そういう意見もあるんだ、とそれ以上に議論を進めない(僕の場合はそこまで行くことは、実際にはまずありません)。そこで止める。
・「カチン」と来たら一晩置く。
・質問は1往復半まで(発言→質問→回答)
・もちろん情報交換は「あり」

が僕の基本スタンス。