金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

字を大きく書く(2021年3月)

「お父さん、字が上手になる方法知ってる?」
今朝私が居間で某原書と訳書を大学ノートにせっせと書き写していると、珍しく早起きした妻が私の手元を覗き込んでこう私に尋ねた。
ちなみに我が相方はどこの誰からも何も教わっていないのに「なぜだかわからないけれど」字だけは褒められてきたのが子どもの頃からの唯一の(!?)自慢だという。
「字を大きく書きなさい」
大きく書くとアラが目立つので、必然的に丁寧に書くようになるのだそうだ。
「そんなチマチマした字じゃダメ。罫線の幅ももっと幅広いノートにして、大きく書くだけで違うわよ」
ちょっと試してみる気になった。

手書き写しの効用 - 金融翻訳者の日記