金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

我が家のプチ自慢

本日、我が家には結婚以来32年間のすべての家計簿が残っていることが判明しました。しかも同じ業者の同じ型番の家計簿。

あと200年ぐらいしたら歴史的資料「翻訳士の家計簿」になるかも!

(余談)ちなみに結婚後のサラリーマン時代の給与明細書もすべて残っています。ただこれはご家庭により事情が異なるらしく僕の妹も妻の妹も旦那がいくらもらっているかを知らないらしい。また僕の恩師の奥様は国立大教授がボーナスをもらっていることを知らなかった由。