金融翻訳者の日記

自営業者として独立して十数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

2022-01-29から1日間の記事一覧

ここまでの「チャーリーの金融英語」(第1回~8回まで)(2022年1月)

日本会議通訳者協会からご依頼を受けてこれまでに書いた連載内容は以下の通りです。通訳者、翻訳者の方を想定していますので、「言葉寄り」です。 【第1回】チャーリーの金融英語「MMT(Modern Monetary Theory)をどう訳す?」(2019年5月15日)https://www…

基本例文の暗記は「あしたのためにその1」と同じ。

28周り目となる『表現のための実践ロイヤル英文法―英作文のための暗記用例文300』(旺文社)は、日本語の一文字目をみただけで僕はほとんどの英語をスラスラ言えてしまう。ということはつまり、この日本語表現に関する限り、僕はネイティブ並み(「この場合…

「思い出はあまりムキになって確かめない方がいい」:出会った言葉:2~9年前の今日、FBお友だち限り投稿への書き込みより)(199)

(1)2年前の今日「(政府の行動に無関心になったら)アウシュビッツは空から降ってくる」マリアン・トゥルスキさん(アウシュビッツ強制収容所の元収容者)(「解放から75年 93歳の元収容者が警笛」2020年1月28日付朝日新聞)*僕は、今の日本の政治状況は…