金融翻訳者の日記

自営業者として独立して10数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

「前川さん、大いに語る」2017年8月14日まで公開されています。

(今日までです!拡散=シェアを強く、強く希望します!!)
 
特別公開は今日までです。
 
1時間15分の講演もさることながら、その後の質疑応答が実に興味深い。前川さんのいろいろな本音が聞けます(1時間以上の講演と、その後1時間以上の質疑応答を見ると、人間性がかなり出ます)。
 
例えば、現役の国家公務員の時に、「一個人として」安保関連法案反対のデモに参加して若者たちに混じって声を上げた時、
 
「もしばれてたら事務次官にはなれなかったでしょうね・・・だからここだけの、内緒の話ですから」(笑)なんてスピーチも。
 
時間のある方はじっくりと、時間のない方は「ながら」でも聴く価値が大いに、大いにあり。
 
(以下は、明日以降は読めなくなる「特別公開中」の文章の引用)
 
「国民が国を縛るという立憲主義の前提が、解釈改憲で踏みにじられてしまう。平和憲法の下、個別的自衛権専守防衛なら認めてもいい、という国民のコンセンサスを、解釈改憲は崩すものでもある。よって、集団的自衛権を認めることは憲法違反である」
 
 9月18日の夜、1回きりだが、反対の声を上げに行ったのは、「もう、他に機会がないと考えたからだ」と前川氏は言う(安保関連法案は9月19日未明に成立)。皮肉にもこの日は、1931年に満州事変が起きた日と重なる。それは、日本が軍国主義へと突っ走っていくひとつの転換点であった。「そうした過去の過ちに対する痛切な反省の下に平和憲法が成り立っているのだから、それを土足で踏みにじる行為は問題だと思った」と付け加えた。
 
 そして、「事務次官退任後、改めて加計学園の件を考えた。やはり国民主権という憲法の原理からも、このように間違った行政が行なわれていることは、国民に知らせるべきだと思った」と振り返った。
 
心の中は無政府主義者!? 前川氏が「学校に行かなくてもよい」と思ったきっかけ
 学ぶ権利に関連し、学校に行かなくてもよいと考えるようになったきっかけを問われると、前川氏は、「自分自身が一時期、不登校であった経験による」と切り出した。
 
 小学校3年生の1学期に、親の都合で奈良から東京へ転校した際、言葉遣いの違いを他の生徒から笑われたことや、担任の教師が優しくなかったことなど、嫌なことが立て続けに起きたため、登校する時間になるとに頭痛や吐き気が起きたという。
 
 翌年、都内で再度転校した後は、子ども心に「今度はうまくやってやる」と考え、また、周りの環境にも恵まれていたことから、再び学校に通い始めるようになったという。
 
 そして、「職員に教員の子が多い文部科学省の中で、(不登校を経験した)自分は学校教育を相対的、客観的に見ることができる。そうした立ち位置から学校教育に携わろうとした」と述べた。
 
 また、前川氏は自らの思想的な立ち位置を、「世俗の権威や権力を重視しない無政府主義者」と表現した上で、入省後、早くから人間の規格化を進める「学校」という制度に問題意識を持っていたと話す。さらに、大阪府の大空小学校の取り組みを事例に挙げ、子どもたち一人ひとりの個性を尊重するインクルーシブ教育(※)についても言及した。
 
※インクルーシブ教育
 障害のある子どもを含めた、すべての子ども一人ひとりのニーズに合わせた教育を、通常の普通学級で行なう取り組み。前川氏によれば、大空小学校の元校長である木村泰子氏は、「子ども一人ひとりをスーツケースのようにひとつの形に抑え込むのではなく、どんな子どもが来ても包み込めるような大風呂敷にしたい」と語ったという。
「あったことを、なかったことにはできない」いじめと子どもの自殺――教育の場に人権意識を
 最後に、いじめを原因とする子どもの自殺の問題について質問があり、前川氏は次のように答えた。
 
 「いじめ対策基本法にあるように、第三者の組織が調査し、対策を考えることがまず必要である。担任や学校、もしくは教育委員会が問題を内部で抱え込み、あったことを、なかったことにする態度は問題だ。真相追及のために広く情報共有される必要がある。一方で、個人情報については、遺族への影響が大きいことから扱いに注意しなければならない」
 
 また、日本の教育制度の根本的な課題として、日頃から、一人ひとりを大切にする教育、人権意識を根付かせる必要があることも、前川氏は強調した。元来、日本の学校制度は、明治時代から軍隊の制度を模してつくられており、遠足は行軍、制服は軍服と重複する要素がいくつもあるという。
 
 「そうした、個性を殺す同調圧力が存在するため、子どもたち一人ひとりの個性を伸ばす教育が阻まれている。加えて、体育会系の部活動に残る暴力的な体質も是正しなければならない」と前川氏は述べた。
 
 講演会に集った多くの人々を前に、前川氏の語り口は軽妙であったが、加計問題に限らず、個々の課題に対しては深い問題意識を持って取り組んでいることが伝わる講演会であった。
 
 多様な意見や個性があるということを、表立って言うこともままならない雰囲気に向かいつつある日本社会。そのような中でも、教育や学校制度の在り方を批判的に見つめながら、すべての人に教育の権利を保障しようと試みる前川氏の姿勢。私たち国民一人ひとりが、何かを「学ぶ」機会になったのではないだろうか。
 
(引用終わり)
 
是非ご覧あれ。あと1日です。拡散を強く希望します。