金融翻訳者の日記

自営業者として独立して10数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

10年以上の営業活動(?)の成果

昨日の夕方は某社の編集者の方と食事。

名前の出なかった(翻訳協力者としては出た)最初の訳書を担当していただいて以来、Lさんとの付き合いは12年になる。「付き合い」と書いたが、Lさんの本職は書籍ではなく雑誌だったこともあり、訳書が出る度に私の方から書籍を送りつけたり、年に1~2度はこちらから「近況報告」したりという「一方的な関係」に近かったかも。返事は来ることも来ないこともあったが、こちらは彼を「恩人」だと思っていたので気にせず「経過報告」をし続けた。時に私の訳書を彼の雑誌で簡単に紹介してくれたこともあった。

そのLさんから3年ぶりぐらいかな、「久しぶりにお茶でもいかが?」とメールが入ったのが一昨日。僕が「昼間は都心に出にくいので夕方の方が融通利きやすい」と返事すると、「なら明日(つまり昨日)西葛西で夕飯を」ということになり、急遽私が親しくしているフレンチで会食となった。Lさん某誌の編集長にご出世とのこと。

「ついては翻訳をお願いできますか・・・?」「え?!・・・もちろん、私でよければ」「ああ、よかった・・・そうそう忘れないうちに・・・、もう原稿持ってきているんです・・・これを鈴木さんの無理のないスケジュールでお願いできますでしょうか?データが必要であればあとでPDFお送りします・・・」 

メールが来た時からちょっとは期待していたお話だった。最初はトライアルみたいなものらしいが、喜んでお受けした。ここから先は僕の努力と実力が計られる世界だ。ただ、何とか彼の役に立ちたいという気持ちも同じくらい強い。微力ながら新編集長を支えてご恩に報いたい。

10年以上のやりとりを経た末のご発注。こういう形で少しずつ仕事が広がっていけば、と思います。