読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融翻訳者の日記

自営業者として独立して10数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

ツヨシ君が安かった頃

今から20年前、1996年に某社ではコマーシャルにMAPを使うことになった(僕は間接的に関与していた)。当時の相場は確か、キムタクが年間1億円、ツヨシ君が4000~5000万だったはず(出演料とは別の年間契約料)。

「あ~こんなに違うんだ」とは思ったが、ハッキリ言って当時ツヨシ君は売れていなかった。もっと言っちゃえば人気グループS◯APのお荷物の印象で、それくらいの差は当然(いや、もっと大きくてもおかしくない)と思っていました。ツヨシ君を使った理由はつよし君のキャラクターではない。人気グループSM◯Pの中で一番安かったからです。

撮影は96年の年末、オンエアされたのは97年のはじめだった(ハッキリ覚えているのは訳がある(後述))

コマーシャルは夏ぱっぱとの共演で、居酒屋で二人が飲みながら証券について語るというなかなか洒落たコマーシャル。オンエアを見ると、ツヨシくんの優しい面の出た、とってもほんわかしたコマーシャルで、夏ぱっぱとの雰囲気もよく出ていた。当時証券会社に対するイメージはまだ相当悪かったから、これはいいぞ~、「ツヨシ君は安い買い物だった」と正直心の底から感動したのを覚えている(そうそう、当時のマネージャーが「いい子だから是非使ってくれ」という話もあったと思う。今考えればそれがIさんだったんだね)。

ただしこのコマーシャルがオンエアされたのはわずか1カ月だった。

コマーシャルが本格的にオンエアされ始めて、いよいよだ~!と思った矢先に当時の社長が総会屋疑獄で逮捕されちゃったんだ。

事件が表沙汰になったのは1997年3月。そこから先は全てパー。コマーシャルも、他にも何パターンか撮っていたのも、ポスターも、関連グッズもすべてパー。

今、ウィキペディア見たらつよし君主演の連ドラ「いい人」が始まったのが97年の4月。「全放送回の平均視聴率20%超え、初回の視聴率24.6%を記録」と書いてある。

そう、僕たちは本当に、ベストのタイミングで彼をゲットしていたんだ。そして自ら転んでつかみそこなった(もっとも転んでいたのは経営トップだったんだけどね)。

SMA◯騒動でツヨシ君がいいコーディネーター役を果たすかも、という記事を見て思い出しました。