読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融翻訳者の日記

自営業者として独立して10数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

物価に関するトリビア

昨日日銀が「マイナス金利」の導入を発表した。

 

マイナス金利とは何か、とかCPIとは何かは横に置き、翻訳の観点から予備知識として知っておくと有効な点を一つ、二つ。金融/経済関連以外の皆さんにとってはトリビアということで・・・。

 

(1) マイナス金利について
マイナス金利は欧州中央銀行(ECB)(2014 年6月)以外にもデンマークスウェーデンでも導入済み。
http://jp.wsj.com/…/SB1206370700937251453540458140673168326…

② 「マイナス金利」を感覚的につかむには、「一般に物を預けるとお金がとられる。そのモノがお金にも当てはまるようになってきた」と考えるとわかりやすいかも(今回は個人の預金には関係ないのですが)。なぜ私たちはお金を払ってでも物を預けてもよいとおもうのか?その時の預け先を考える時の判断基準は何か?同じことをお金について考えなければならないとしたら、自分のお金の置き(預け)先として何を基準にどこを考えるべきか?・・・そんなことを考えておくとよいかも。

 

(2)消費者物価について
① 日銀が目標にしている「2%」の消費者物価上昇率とは総務省の定義している「コアCPI上昇率」(CPI-生鮮食品)のこと(総務省の定義については↓を参照)。これを一応「日本版コアCPI」ということにする。

② 一方、欧米等で「Core CPI」と呼ばれているのは、概ね総務省の言う「コアコアCPI」(CPI-(食料(酒類を除く)とエネルギー))のことです。
http://www.stat.go.jp/data/cpi/4-1.htm

③ したがって、「『コアコアCPI』は『コアCPI』からエネルギーを除いた指数ではない点に注意してください」と『金融英語の基礎と応用』の翻訳メモで書いた(p19)。

④ ところが昨年11月から日銀は「日本版コアCPI」からエネルギー価格を除いた「日銀版コアコアCPI」(CPI-(生鮮食品とエネルギー))の発表を始めた。これは『金融英語の基礎と応用』の原稿では(タイミング的に)追いきれていません(原稿締め切りはギリギリ10月だった)。
http://jp.reuters.com/article/boj-core-idJPKCN0T90BG20151120

⑤ 以上をまとめると、今の日本には4つのCPIがあることになる。
(a) 総合CPI
(b) 日本版コアCPI(日銀の物価目標であり、総務省の定義とも合っている)
(c) 総務省版「コアコアCPI」=欧米のコアCPIとほぼおなじ定義
(d) 日銀版「コアコアCPI」

⑥ この辺の言葉づかいは結構面倒で、英語のリポートなどを読んでいても、アナリストがこんがらがっちゃっていることがあるので(年度もそうですけど)翻訳者は日本に関してCore CPIという表現をみかけたら「どれ?」と確認する必要があります。

⑦ とまあ、「コア・・・」と書き始めるといろいろ面倒なことが多いと感じたのか、昨日の日経新聞(夕刊)も今朝の朝日新聞も「コアCPI」という言葉を一切使わず、「生鮮食品を除く消費者物価指数(CPI)上昇率の見通しを従来の1.4%から0.8%に下方修正」という書き方をしていました。

⑧そこで実務翻訳者としては今後日本の金融政策に関するレポートが英語で出た場合にCore CPIとあったらその内容を確認した上で、上の日経のような表現を目指すことにしよう(顧客と相談してですけどね)。

⑨英語の原文はECBのマイナス金利から取り、訳文を直して上のような「翻訳メモ」を書く(書き直す)・・・という感じで改訂が進んでいくといいのになあ

 

・・・昨晩から今朝の新聞を読みながら、日本経済はどうなるだろう?ではなくテメエの本の先行きを考えてしまった私です。