読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融翻訳者の日記

自営業者として独立して10数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

『金融英語の基礎と応用 すぐに役立つ表現・文例1300』発売直後の反応

本書は翻訳書ではなく、金融(しかもマーケット寄り)の人々を対象にした「翻訳に関する本」である。世の中に『金融英語』『経済英語』に関する本はたくさんあるが、本書は英和翻訳(英語→日本語)の翻訳者を対象にした本でありながら、目次も見出しも「訳語」から出発している点が類書にない新機軸だ。

想定読者を絞った(金融翻訳者の初~中級者)書籍のため、細く長く売れればと思っているが、発売の翌日からtwitterfacebookで金融に限らず、様々な実務翻訳者や通訳者、さらには経営者の皆さんからコメントやメッセージが寄せられている。

 

「それにしても情報量が多い」(通訳者)

「金融の仕事をする身として感動して震えてる……。すごいですよ。道は遠いけど全部写経する」(経済部門翻訳者)

「職業柄この分野の本はときどきチェックします。ここまで根気のはいったお仕事、なかなかみたことないです。・・・どこからでも読めますし、検索もしやすい、金融にたずさわる人は机に一冊欲しい本だと思います。・・・」(金融翻訳者)

「我々の業界(知財)も、金融・経済・財務・経営と無縁ではいられなくなっていることを実感する。・・・金融の言葉は、日本語でさえわからないことがある。日本語の勉強になる」(大手特許事務所の弁理士

「私が金融関係の翻訳をすることはまずないですが、・・・参考になる表現がたくさんあり、目を通して手元に置きたいと思いました」(特許翻訳者)

「丹念な蓄積と相当の準備なくしては著しえない本」(金融機関経営者)

「当社国際スタッフ部門向けに10冊購入した」(事業会社経営者)

「お世辞抜きに、これはいい」(編集者)

さらに、大変幸運なことに、販売直後に英語の超人気ブログにご注目いただき、3日連続で取り上げて頂くという光栄に浴した。
GetUpEnglish
http://blog.goo.ne.jp/getupenglish/d/20151128

思わぬ意外な反応に驚き、また喜んでいる。