金融翻訳者の日記

自営業者として独立して10数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

たけしの見方

本日の折々の言葉

多様性は……多様な存在の外からその数を数えるような一個の存在に対して生起するのではない。

エマニュエル・レヴィナス
(本日の朝日新聞より)

ビートたけしの次の言葉も同じ事を言っている。

「人の命は、2万分の1でも8万分の1でもない。そうじゃなくて、そこには『1人が死んだ事件が2万件あった』ってことなんだよ」(東日本大震災に際してのたけしの意見)

ずっとずっとわかりやすい。

僕はビートたけしの(特に最近の)映画は嫌いなんですが、たけしの物の見方は好きだ(引用部分だけが注目されていますが、この時のエッセイが全部読めます↓)。

 

http://tariq1227.tumblr.com/post/4034843737/ビートたけし1人が死んだ事件が2万件あったってことなんだよ

tariq1227.tumblr.com