読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融翻訳者の日記

自営業者として独立して10数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

翻訳者は顔がたるむのか?

 

先日さる方の大変に美しいプロフィール写真を拝見しながら、先日焼肉店で後輩のYと3年ぶりに会ったときに、「Kさん、年取りましたね~」と言われたことを思いだした。

「いきなり会って、なんだよその言いぐさは・・・」と幾分ムッとして(思い出したら少々腹が立ってきた・・・ちと昇進は早すぎたような気が・・・まま、それはさておき)尋ねると、「だって、顔がタルンで来てるじゃん」。

ここ数年鏡を見る度に「ああはなりたくない」と思っていた亡き父の顔に似ている自分に気づいてはいた。「ああはなりたくない」というのは、要するに「ジジイ顔」ということであります。その父がやや「頬が弛み顔」だったので幾分はしようがないのか、と思っていたのですが・・・。

小生意気な後輩に遠慮会釈なくそう言われてみると「俺みたいにずーっと家にいてパソコンばかり見ていて、家族以外の他人とほとんど会話をしていないと、顔のタルみ度が大きくなるのではないか?」と思うようになってきた。

ウチのにこの説を披露すると笑いをこらえながら「しようがないじゃん、年なんだから」と言う。

そうかなあ。顔のストレッチしようかなあ。少しは効果あるかなあ。

気持ちはかわっていないんだよね。Yと出会った30代後半の時と。

失礼しました。