金融翻訳者の日記

自営業者として独立して10数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

視線の優しさ

昨日も1日中仕事で一歩も家を出ず。天気も覚えていない。僕の場合周期的にこういう事態に陥るので意識して外に出ないとまずいかも。せめてジョギングぐらいはしないと。

「お父さん、騙されたと思って見てみな」と言われて「マツコの知らない世界 食欲の止まらない秋 2時間スペシャル」の前半を見る。

面白かったです。みんなも知っている(というか僕の世代の人は)「マルシンハンバーグ」をはじめ、コンビニ、スーパーで買える数百円のものからファストフード店、ハンバーグ専門店で1000円以内で買えるもの、最後は4000円のハンバーグまで、マツコさんが全部試食して感想を言うのだが、案内人の(本業)測量士さんとマツコさんの掛け合いが面白い。

マツコさんて一見口が悪いけど毒がない。救いがある。相手のプライドを傷つけるようなことを言うことはないし、食べているもののけなすことも絶対にない。ああこれが人気の秘密なんだなあと、僕は普段の会話でちょっと皮肉っぽいツッコミを入れることがあるので反省しなきゃいけないなあ・・・番組の流れとは別にそんなことを思いながら見た。

今はタダで見れるのでどうぞ。

今日の「春秋」は笑った。この春秋子も優しい人だと思います。

(以下引用)

最後に休日の暇つぶしに小ばなしをひとつ。米国のお笑い芸人ジム・スタッフォードの十八番だ。「最近の若い子はみんなタトゥーを入れているね。こちとら年寄りも負けられない。でも、あまり派手なのや妻の名前は恥ずかしい。そこで彫師に聞いたんだ。何を彫るのがいいかって。答えわかるか。おれの住所だってさ」

(引用終わり。日本経済新聞10月11日「春秋」)

http://www.tbs.co.jp/muryou-douga/matsuko/041.html
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO92726750R11C15A0MM8000/