金融翻訳者の日記

自営業者として独立して10数年の翻訳者が綴る日々の活動記録と雑感。

3つのスケジュール

 

昨日は3つのことが決まった。

一つ目は焼肉の会。

昨日の私の書き込みを見た尊敬するN先輩からの一言がきっかけで、厚かましさでは人後に落ちない後輩のY君が「Nさん、Kさん(←私のこと)と焼肉食いましょう。焼肉委員会」Nさん「そうしようそうしよう」という話がトントン拍子にまとまり新橋で焼肉を食うことに。しかし挙げ句の果てに言い出しっぺで最も年の若いY君がこともあろうに「Kさーん、お店はお任せしていいですか?」はねーだろ。「それでは不肖この私がNさんとKさんに満足いただけるお店を責任を持って探させていただきます」だろコラ。

Y!てめーそんな台詞を吐くのは10年ハエーんだよ(彼は僕より10年若いバリバリの超優秀な経営者です)・・・と言いたいところをグッと抑えて「はい、わかりました。喜んで」と答えている自分は大人だな(単なる小心者?)とつくづく思うのである。まあ、私が訳しNさんに解説していただいた本は当然少なくとも3回ぐらいは熟読して付箋がいっぱい入ったレポートを持参してくれるに違いないので許してやろう(持ってきてくれたらサインしてやってもいーぜ)。ついでに社員全員分を購入してくれたらもっとうれしい。Yさん、ひとつよろしくお願いします(・・・あれ?)。

二つ目は「町内タウンウォッチングと食事の会」。

何か地元に貢献使用と思って昨年の夏から私が主催し3~4カ月に1度開いていた会合。最初の3回は会費制の食事会(お弁当を注文し、飲み物はみんなで買いに行って町内の集会所で飲み食いする)だけだったが、前回から小学生も参加できるタウンウォッチングの会を加えた。しかも今回はS町の管理組合便りに「S町の緑」を3年以上連載されているKさんに案内役になってもらい、「S町の緑を学ぼう!」という企画になっていたのだ。Kさんにも直接お会いし、趣旨を説明して日程を確認し、快く承諾をいただいていた。

予定は9月26日(土)であった。

ところが3週間ほど前に私の卒業した高校の同期会の案内が届く。30数年ぶり。是非出たい。ところが、

同期会も9月26日(土)だったのだ。

ただし管理組合便りでの正式なアナウンスはまだ。というわけでここ数日はその連絡調整。最後はKさんに恐る恐る連絡し、正直に事情を説明した上で、「1週間送らせるのはいかがでしょうか?」とお伺いを立てたところ(ダメだったら当初日程の腹づもりだった)「大丈夫ですよ。ただし10月3日だったら日が7分短くなっているので4時半スタートじゃなくて4時スタートにしましょう」との暖かい言葉をいただいてダン。

その結果3つめ、つまり高校の同期会への出席が可能となった。

予備校時代の友人C君にも会えることが決まってメールを打ちました。先日の焼肉がらみの書き込みでコメントをくれたMさんとKさんは高校時代の同じクラブの後輩と同輩です。色々な方からお気を使って頂きありがとうございました。

今日も仕事。普段よりは少しゆっくり。でも長くならないように。